iPhone4S バンパーを新調した。

バンパー
 愛用していたiPhone用バンパーが、落下させた時に受けたダメージの部分からラバーがはがれてきて、ゴムボンドで補修しようとしたらボンドで溶けてしまい、どうしようもなくなったので、また同じのを買った。
バンパー
 一応最初に述べておくと、ご覧のようにプラ部分が赤、ラバー部分が黒という配色で、純正品ではない(笑)。できればアップル純正品のバンパーを使いたいのだが、気に入る色がないので、アマゾンで見つけたこの赤い製品を購入している次第。
 これ、安いんだよね。USB Dockケーブルと液晶保護フィルムがついて、送料無料の1180円(笑)。まぁ、前回購入したのが6月、5ヶ月ちょっとで壊れた訳だが、落として痛めなければもっと使えたと思うんだよね。納得して使う分には悪くはない。まぁ、オススメというにはアレがアレなので(笑)、リンクを張るのはやめておくが。

 ってことで、同じ商品を注文したのだが、よく見ると少し改良されていた。
 バンパーの内側。中央のプラ部分の見えがかりは、前回品は約4.5ミリ、今回品は約3ミリ。これは、プラとラバーの重なり幅が増した事を意味する。つまり接着強度が向上したのかもと期待できる。
バンパー
バンパー
 写真では解りにくいが、色が少し明るくなった。
バンパー
 左が前回品、右が今回品。

 スリープボタン、音量ボタンは、それぞれ質感が僅かに向上したように思える。ただし、クリック感は若干悪くなった。前回品は問題なく快適だったのに今回品は少し力を入れないと音量ボタンが操作できない事があった。
 このバンパーはiPhone 4 用なので、過日の記事のように今回も4Sに会うようにミュートボタン用穴を広げる加工をしなければならない。
バンパー
 そのついでに、バンパーの音量ボタンの内側にコピー用紙1枚を紙用両面テープで貼ってみた。そうしたら、適度なクリック感で前回品と同様の操作になった。まさに「紙一重の差」だった訳だ(笑)。
バンパー
 俺はガンプラを趣味のひとつとしているし、細かい工作や修理加工なんかも好きなので、まったく苦にならないが、こういった簡単な加工を伴う事を承知していれば、コストパフォーマンスは決して悪くない製品だと思う。


新しい眼鏡

眼鏡

 先週金曜日に依頼してあった新しい眼鏡が出来たと、今日連絡があり、仕事の帰りに眼鏡屋に寄って受け取ってきた。土日を挟んで、都合営業日中1日か。無ければ困る物なので、こういう迅速な対応は助かる。

 半年くらい前に自宅で眼鏡を踏んづけて、つるを折ってしまったのを、瞬間接着剤で接合して使っていた。日中はハードコンタクトを使っていて、眼鏡はほとんど家の中だけだし、これでなんとかなっていたのだが、先日落下させた時に同じ所が取れて、一応再接着して(笑)なんとか掛けられるようになったけど、さすがに違和感があって、今回5年ぶりくらいに眼鏡を新調した次第。

 俺の視力は、極度の近視に加え、乱視と、ちょっと老眼になっている。
 ハードコンタクトを常用していると、乱視の症状は隠れてしまうそうだ。本来の乱視症状を発現させるには、1ヶ月くらいコンタクトを装着せずにいなければ駄目なんだと。ということで、今回は乱視は入れなかった。が、確かに見え方に違和感はないな。
 あと、老眼。簡単にいえば、近視と反対の性質なので、近視矯正を強めれば遠くは見やすくなるけど手元は見えにくくなる。俺の老眼は、初期(12段階のうち3)だそうで、まだ矯正するほどでもないとの事。近視をちょっと弱めて、手元も楽に見えるようにしてもらった。
 いずれにしても、半年間はレンズ交換無料ということだし、これで様子を見る。

 安くはなかったけど、丁番の所に、ツルの広がりを防止するようなテンション吸収機構が仕込まれていて、掛け心地も快適。


俺のリファイン化希望ガンプラ

 度々ネタにしている、MS-06FZ(ザク改)。
 本棚に飾ってあったコイツが落下して家具の隙間で埃まみれになっていたので、救出した。
 15年くらい前の1/144キットで、当時30分で素組したままのものだが、お気に入りで、結婚して現在の社宅に引っ越しする時にも、実家から持ち込んできた唯一のガンプラ。それ以来14年間、我が家に居る、かわいい奴。
 もちろん、このキットはいい出来で、出渕さんのデザイン画のイメージを良く再現しているし、そもそもこの0080のキットシリーズは、当時としては素晴らしい商品だ。
 んでも、ぜひ、MG化、それは無理としても、HGUC化くらいはして欲しいなぁ。ハイゴッグやズゴックEのように、当時の劇中イメージと現在のガンプライメージの中間的な絶妙なリファインを期待して。

Tag(s) [ガンダム]


2003/10/08

 日曜日、デジカメを買い替えた。当然、今度もソニーのSyber-shot。
 2年半愛用したF55Vが、数カ月前に落下させて以来、電池蓋がイカレていて、使用感に不安を伴っていた。
 近所のダイエーで、優勝記念セールとOMCカード会員特典割引を併用し、F77Aが、秋葉原価格より安くなるので(往復の電車賃を考慮すると、なおさら)、即買い。
 意外な穴場だったぜ。


2002/10/31

愛用PDAのCLIE N750Cの、屋外自由落下試験(高さ約1mより、目標床状態=アスファルト舗装への自由落下による耐衝撃試験)を行った。
……なんてね。帰宅途中、路上でいじってたら落としてしまったのさ。とほほ。
メモリースティックを認識しなくなり、内蔵メモリ8MBしかない極普通のPalmOS機になってしまった(笑)。それだけならまだしも、充電やHotSyncも挙動不審。
だいたい、本体の8MBだけじゃ、音楽も辞典データも電車路線図もDOCデータも入れられないじゃん。
今週末には、代替機を買わなきゃ。なんぞかの中古でも物色しよう