スマートフォン対応手袋@百円ショップ!

 もうすぐ、手袋が必要な季節だ。ここで問題になるのが——数年前から言われているが——iPhoneの操作。着けたままでスマートフォンを操作できる手袋も売っていて、昨年は大ヒットしたそうだ。でも高いんだよね。
 去年、安い手袋と導電糸を購入して、iPhoneが操作できる手袋を自作しようとも考えたけど、導電糸は使う分量は少ないのに、長い千円とかしか見つからず、結局製作費が高くなりそうだったので断念していた。
 iPhone/iPad用スタイラスペンを自作して好評だったので、手袋の自作にも自信はある(つーか、糸を縫い付けるだけなので簡単だし)が、金を掛けるのは嫌だという性分。

 とかなんとかやっていたら、先日、嫁さんが百円ショップでスマートフォン対応手袋を見つけて買ってきたと。
 数日遅れで、俺も買ったよ。
スマホ対応手袋

 百円ショップにありがちな薄いカラー軍手で、真冬に自転車に乗る時に着用するには暖房効果は少ないかも。導電糸が仕込まれているのは片手の親指と人差指のみ。
 いや、これで百円なんだから十分納得なんだけど、親指と人差指だけなのはともかく、片手ってのはツライね。俺は基本的にはiPhoneを左手で持って左手でフリック等の操作をするので、文字入力のほとんどの場合は片手で足りるが、Safariや写真の拡大縮小のためのピンチ操作は右手指でやる。その時にいちいち手袋をはずすのは、なんだか中途半端だよね。
 という訳で、同じ柄のを2組買ってきた。カラー軍手なので、左右の区別はないからね。2組買っても200円。安い!材料揃えて自作するよりも安い!
 百円ショップ、恐るべし。


一次試験終了!

 国家資格の学科試験が終わった。
 大昔に2度、そして去年も受けているので、今年は都合4回目。昨年は惨敗だった。

 昨年もそれなりに一生懸命だったんだけど、独学の限界を感じて、今年は資格学校に通学して、昨年にも増して勉強したよ。
 で、今年。手応えはあった。合格の自信もかなりある。でもね、ひとつの科目がスゲー難しかったよ。この試験は、各科目25問が4科目、全て五肢択一式なんだけど、いわゆる「過去問」でまったく見た事がない選択肢がたくさんあった。しかもそれが俺の苦手な科目だったから、「ギリギリ合格だな」って予想してた。

 試験を終えて、その足で資格学校へ行って、解答速報に照らして合否予想をもらう。
 ちなみに、問題冊子には計算などを書き込んでいい。試験終了まで在席していたら、それを持ち帰れる。なので、自分の選んだ選択肢に○をつけたりしておくわけね。資格学校も、社員かアルバイトなんかを受験させて問題冊子を持ち帰ったりしてるんかね。それともすぐに問題は公表されるんだっけ?
 閑話休題。解答速報。その結果は、予想以上の得点だったわ。

合否予想

 正解率によって補正されることもあるが、例年の合格ラインは、各科目13点以上かつ合計で60点以上。余裕じゃん!(笑)
 五肢のうち三つは消して、残り二択までにはできて悩んだ問題も意外と合ってるのがあった。ってことで、まぐれ当りもあるんだけども、正解は正解だよね(笑)。

 次は、9月の実技試験へ向けて、引き続き、通学する。学科よりもっと大変なんだよな。
 ともかく、やるぞ。


iPadが届いた

 5月11日にオンラインのアップルストアに予約注文した iPad が、昨日28日に届いた。

iPad

 購入したのは、Wi-Fi 32GBモデル。3G回線(ソフトバンクの携帯電話回線)モデルは店頭予約しかできなかったので出向くのは無理ってのもあったけど、iPhone を使っているし、外に持ち出すとしても路上で使う事はあまりないだろうと。
 んでもね、実は、iPad購入の準備で Pocket Wi-Fi(ソフトバンク版)を既に契約済み(笑)。

iPad

 さて。Amazonに合皮のブックカバー風ケースを注文しているんだけど、まだ届かないので、とりあえず昨日、ヨドバシアキバで Simplism の クリスタルカバーを買ってきた。液晶画面保護シートも付属しているので、表裏を保護できる。
 iPhone用のを愛用していて、性能については不安はなかったが、やはりいい感じだ。
 本体の美しさを損なわず保護できる。

iPad

 液晶保護シートを貼るのは、自信があるんだ。もちろん、風呂場で全裸で貼る。
 気泡混入ゼロ。

iPad

 基本的にiPadでもiPhone用アプリはほとんど動く。「ほとんど」というのは、カメラやGPSなどiPadに物理的に搭載されていない機能に頼るアプリは無理だという事。
 充電マニアとしては(笑)、バッテリーログもそのまま動く(今のところ正常動作している)のは嬉しい。

iPad

 iPadと同時に注文してあった Apple Wireless Keyboard をBluetoothで接続すると、文字入力が格段に便利になる。
 まだiPad本体を立てて置けるケースが届いていないので、実際の作業はやりにくいけどね(笑)。

 もう少し使ってみて、あらためてレポートを書こうと思う。


こんぶたけ

 名付けのセンスは抜群だと自負している。他人にどう言われようとも、俺自身はそう思っている。まじで。

 先日、友達の友達(は皆友達(笑))であるバタさんの「桔梗店主の覚書」にて、新作の佃煮の名前を募集しているのを見て、腰痛に悩まされつつも(笑)、飛び入り参加してさせていただいた。
 で、なんとまぁ、俺の案が採用されてしまったのよ。

 そして、その商品「桔梗特製・佃煮こんぶたけ」を、命名賞(?)として送っていただいた。
こんぶたけ
 今回、商品に貼るシールのデザインも依頼され、名付けほどの自信はないけど、好きな作業なので快諾させていただいた。
 自家製とはいえ、俺のデザインが商業利用されるなんて、夢のひとつが実現されて、嬉しい。
 ありきたりのデザインだけれども、桔梗店主・バタさんはご満足いただけただろうか(笑)。

 さて。俺のことはどうでもいいか。肝心のこんぶたけの味。

 先日、早速戴いたんだけど、これはやばい!
「昆布、椎茸、豚肉を、豚丼のタレとザラメで甘辛く煮込んだ」という事前情報で抱くイメージから外れない味。もちろん、期待通りという意味。
 それぞれの旨みが嫌味なく混ざりつつ、全体的に落ち着いた味で、だからこそ箸が止まらない。いくら食っても飽きないし、しつこくないから、まさに「飯の友、酒の肴」。無くてはならない名脇役という感じ。
 不思議なのは、口の中で意図的に昆布・椎茸・豚肉のどれかの味に集中すると、それがさっと湧いてくる。3種類の味が、集中によってコロコロ切り替わるのだ。
 海草・山菜・畜肉が、これほどマッチしているのは、初めて食った。

 家屋で、ほんの十数分間で、ひと袋のほとんどを平らげてしまった。
 佃煮にしては甘さもしつこくないのもいい。

 なんでも、1回に10袋分しか仕込めないらしい。そんな稀少品のひとつを戴いてしまって、申し訳ないです。
 おにぎりの具にもいいね。


見ないで描く、ガンダム! 第1回「ランバ・ラル」

 不定期にやっているうろ覚え似顔絵からのスピンオフ企画。
 企画協力(笑)somedayさん。

 見ないで描く、ガンダム!♪ちゅるる〜ん ででで〜ん〜
 みんなでガンダムを描こう。しかも、本物を見ないで。
 思いっきり参加者が限定されそうな企画だが(笑)。

 記念すべき第1回のお題は「ランバ・ラル」。

 各自でラル隊長の絵を描いたら記事にして、ここにトラックバックを送ってください(※当記事への言及リンクがない場合は、トラックバックが受け付けられない事があります)。
 各種お絵書きソフトで描いた物はもちろん、肉筆をスキャナ読み込みしたり、デジカメ撮影したりしても可。本物を見ないで描けば、何でもいいです。
 大丈夫、俺の画力を見れば、みな自信もてるでしょう(笑)。

 まずは、びといんが描いた「ランバ・ラル」(jpeg 640*480)。
 まずご自身が描いてから見る事を推奨します。似てないので大丈夫だけど(笑)、色々な意味で影響されないように、ね。

 よろしくご参加ください。


歯切れの悪い言い方になってしまうが

 常日ごろから公言していることなんだけど、日本では建築士の処遇が悪過ぎる。
 人が住む建物を設計したり工事監理を行ったりする資格であり、多大な責任がある仕事。
 住んでいる家の柱が傾いたり屋根が落ちたりしたら、中にいる人には、死の危険性が生じるかもしれない。
 下衆な言い方になるが、本来は、たとえば医師や弁護士にも匹敵する権威ある地位だと思う。あまり知られていないかもしれないけど、実際、建築士って職業は、法律で標準報酬が決められているんだよ。
 にもかかわらず日本では、責任ばかりが重くて、国家的な保護が少ない。報酬の値切も蔓延している。
 有名建築家以外は「責任に見合う報酬」が得られがたいんだよね。

 だからって、偽造設計で検査をパスさせてしまった設計者や検査機関は、決して許せるものじゃないけど、そいつらだけの責任ではないような気もする。
 建築士は、責任を感じ、自信を持って、しっかりと職務全うするのは当然だが。

 もちろん、どんな職業だって、責任はあるはず。

 なんか、歯切れの悪い言い方しかできないが、とりあえずメモ。


ペーパークラフト完成!!

「玉猫戦隊オーブファイブ」関係者及びファンの皆様、また、ペーパークラフト好き、ロボット好きの方々、お待たせ!
 やっと、「オーブロボ」ペーパークラフト(ver.1)が出来たよ。

 お約束どおり、白バージョンと、色付きバージョンを公開する。

 白バージョン(シート1/4)robo-w-1.pdf
 白バージョン(シート2/4)robo-w-2.pdf
 白バージョン(シート3/4)robo-w-3.pdf
 白バージョン(シート4/4)robo-w-4.pdf
 色付きバージョン(シート1/4)robo-c-1.pdf
 色付きバージョン(シート2/4)robo-c-2.pdf
 色付きバージョン(シート3/4)robo-c-3.pdf
 色付きバージョン(シート4/4)robo-c-4.pdf

 各4枚、PDF形式で、300dpiの解像度でA4判に印刷されると、縮尺約1/250で、組立てると高さ20センチくらいになる。
 実は、まだこの完成版は俺も組立ててないんだけど、パーツ自体は前回写真の試作品と変ってないので、大丈夫だと思う。
 もちろん、数日中に、俺が組立てた完成写真と、工作ポイントを記事としてアップするけど、とりあえずは、型紙を先行公開するので、腕に自信のある人は、サクっと組立ててみてほしい(そんなに難しくないとおもうよ)。

 色は、パステル調にしてみたが、どうだろう。
 白バージョンで、各自好きな色を着けて楽しんでもらえるとうれしいな。

 不具合とか、改善点などありましたら、ご連絡ください。

 なお、このペーパークラフト型紙は、無断転載や二次配付に類する行為、及び、型紙PDFへの直リンクを禁止します。

追記
 白バージョンの左右カカトの折り線が1本抜けちゃってました。申し訳ありませんが、その箇所はフォースで折り目を見切って折ってください。(2004.11.22)
 例えばAdobeReaderで表示・印刷する場合、プリンタ機種によっては、自動的に縮小される場合があります。全部のシートが同じ縮小率なら問題はないと思いますが、とりあえず印刷ダイアログで100%にして印刷することをお薦めします。型紙は四辺の余白を大目にとってありますので、「サイズが大きい」等のメッセージが表示されても、パーツ部分が欠ける事はないと思います。(2004.11.22)

ねこぱんち!
不条理み○きー:【玉猫戦隊オーブファイブ】 メイン・リンクリスト
俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: 馬場鉄工所のメンツ確定


うろ覚え似顔絵(3)(こうさぎ)

きょう晋作は、復活した?
betweenは、

 このシリーズ、のってきたぞ(笑)。
で、今回は自信あり。
アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の科学班・班長、真田士郎。
 まぁ、完全なうろ覚えじゃないけどね。
先月CATVでやってたTVシリーズ1作目一挙放送を録画

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「晋作」が書きました。


うろ覚え似顔絵(3)

 このシリーズ、のってきたぞ(笑)。で、今回は自信あり。アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の科学班・班長、真田士郎。
 まぁ、完全なうろ覚えじゃないけどね。先月CATVでやってたTVシリーズ1作目一挙放送を録画して見たし。しかし、スゴ録でタイマー録画して、DVD-Rに焼く前にCMカット編集をやってたんだけど、その途中でスゴ録がフリーズして、作業中の録画ファイル(1〜4話)が消えちゃったよ。しょっぱながこれだと、かなり凹むよね。
 閑話休題。真田さん、大好きなんだ。
 クールな科学者。かつて事故に逢い、四肢は義手義足。今参加しているネット内企画の中で、「事故によるトラウマ持ちの科学者役」をやってるので、より親近感がわく。
 ヤマトがどんな危機に陥っても「こんなこともあろうかと、あらかじめ用意しておいた物があるよ、古代!」と冷静に言ってのける、抜群の予知能力。かっちょいい! それに、真田さんの四肢はダイナマイトにもなっている。いざという時には神風だの回天だの鉄砲玉だのの比ではない特攻も辞さないという潔さ。
 いやぁ、漢だよね。
 でもさ、なんでアニメや戦隊ヒーローのクールな人のカラーって、たいてい「青」なんでしょ。


トラックバックして物語を作れるかな?(第8話)

 「進ぬ、なまけもの!」さんの続き

 当然、ブログ爺の一番弟子である竹中直人にも声がかかった。
「やぁ、ブログ爺。久し振りです」
「また君の力を借りねばならん事態が起こったのじゃ」
「えっ!? まさか謎の物体でも現れたんですか?」
「実は、その通りじゃ。さすが竹中君。鋭い洞察力は衰えておらんの。そこを見込んで頼む!」
「いくらブログ爺から頼まれましても…。私はもはや、演技派俳優とか映画監督とかの地位を確立しているのです。ブログ爺も、それを望まれていらしたではないですか」
「うむ。確かに、そうじゃ。君が既にあの技に封印したという事は承知しておる。しかし、事は一刻を争うのじゃ」
「しかし…」
「この調査には君の『笑いながら怒る』と『ジミーの弾き語り』が必要なのじゃ」
「…もう腕が鈍っていますし、ご期待に応えられる自信がありません」
「何を言っておる! ええい! 背に腹は替えられぬ。聞き入れてくれぬのなら、あの事をバラすぞ」
「ひぇぇ。それだけは勘弁してくださいませぇ」
「では、承けてくれるのじゃな」
「はい。喜んで。トホホ」
「さすが、竹中君じゃ。待っておるぞ。ハイチで会おうぞ!」

 続く

 では、どなたか、第9話をよろしくお願いします。

 関連サイト
 「トラックバックして物語を作れるかな?」の進行状況