試食レビュー 餃子工房 RON「点心お試しロンロンセット」

 久し振りに、B-Promotionのモニターに応募・当選した。
 今回の商品は、餃子工房 RONの「点心お試しロンロンセット」というもの。

 餃子工房RONは、餃子をはじめ、しゅうまい、春巻、小籠包、肉まんなどの点心の通販ショップ。工場直売の実店舗もあるらしい。なんでも餃子一筋40年だってね。
 届いたのは、このセット。一口生餃子×18個、黒豚生餃子×6個、野菜たっぷり生餃子×6個、水餃子×8個、もち丸くん×6個、えびプリしゅうまい×6個が入って1980円。

ron
「簡単な調理のしかた」みたいな説明書もついていて、ほとんど料理をやらない俺でもそれを見ながら簡単に出来た。

 実際の調理写真をいくつかあげてみる。
ron
 黒豚生餃子。皮はパリパリだが、具が詰まっていてジューシー。

ron
 水餃子。コンソメスープでさっぱりと頂いた。

ron
 一口生餃子。サッと焼けて、一番手軽だったかな。これもパリパリ感とモチモチ感が絶妙に融合していて、旨し。

 このモニター品は9月2日に届いたのだが、ちょうど二級建築士試験(設計製図)の直前で、製図練習をしている中で、休憩中の夜食兼酒のツマミとして、とても重宝した(笑)。

 餃子工房RON、また改めて購入したくなった。

キャンペーンバナー

餃子工房 RON「点心お試しロンロンセット」試食モニター

吉野家牛肉まん

 吉野家 牛肉まん。これ食べるの3回目(4個目)だが、美味い。

吉野家牛肉まん

 ヤマザキと吉野家がタイアップして開発した商品で「吉野家のタレを使い、やわらかく煮込んだ具を包みました」との事。
 いつもあっという間に売り切れてしまうので、見つけた時に買わないと(笑)。

吉野家牛肉まん

 こんな形。よくみる肉まんとは違い、まさに「包む」という感じに生地を折り畳んだような形をしている。

 味は、確かに吉野家の牛丼のようであり、よく再現していると思う。
 レンジで30秒ほど暖めて食べると美味い。

2003/10/01

 トップページの写真を差し替え。10月になったし。

 なんか、まだADSL接続環境が不安定だ。AirMacベースステーション(我が家での通称=肉まん)が挙動不審なような気がする。
 一度、肉まんを完全リセットしたら、落ちなくなったけど。
 なんだか納得いかないなぁ。
 そういえば、CLIE NX60+ワイヤレスLANカードでの肉まんへの接続もできないぞ。
 もう少し気合いを入れて調べてみるか。

 日曜日の日焼けは、毎度の通り、今日には冷めてしまった。鼻の頭だけ少し皮が剥けただけで。
 運動会のビデオの編集がまだ手付かずのまま。
 iBookのディスクにもう少し空きを作らないと、編集作業ができないかも知れない(笑)。
 んー、20GBのFireWire外付けHDDは持っているので、FireWireハブを買って来るってのが手っ取り早いかな。
 iBookにはFireWireポートがひとつしかないから、DVカムを繋ぐと外付けHDDは使えないんだ。