“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう

 今回の記事は、私信に近くなりますが、ご容赦ください。

 最近、このブログにも時々書くが、例の「“鴻池の猫”兄」が、今日誕生日を迎えたとのこと。
 名実共に兄のように慕うというとおり、もちろん俺より年上で、誕生日といっても、悲喜こもごもかもしれない(というのは、あくまでも俺の想像だけど)。
 でもなぁ、「天命を知る」お歳になられたとは、これまたしつこく繰り返しになるけど、悲喜こもごもだろう。
 まぁ、そういう事はご本人が思うことだし、俺には——「関係ない」とは言いたくはないが——伺い知れぬ事だ。

 ネット関係でいう交友関係と転機といえば、今まで大きくいえば三つある。二十数年前に、草の根ネットを主宰していた時。2004年にブログを始めた時。そのどちらも、俺が主催者とか最年長とかだった。
 そして、もうひとつ。四年前くらいにツイッターを始めた時。

 ネット上では前述のとおりだし(それを苦に思ったことはなく、むしろ楽しんでいたのは言うまでもない事)、実縁では弟がいて、俺は長男。
 って、俺の事はどうでもいいのだが(笑)、

 兄貴とは、ひょんなきっかけ(笑)でツイッターで知り合って丁度三年くらい。その翌年正月に実際にお会いしてからでもすでに丸二年以上たつ。初対面の時から「兄貴みたいだな」と思っていた。
 それから今までの間に、色々な事を教わった。俺は馬鹿なのであまり吸収できていないけれど、俺なりに、兄貴の気持ちというか「理系文系の枠を超えて」……じゃないな、「理系文系の枠を融合させてなんか面白く生きて行こうぜ」ってな思いを感じ取っている。これが、兄貴のいう「芸術」「文化」の中に収まる思考/指向であるなら、嬉しいんだけど。

 まぁ、うだうだ書いたが、やっぱり、これしかないな。

「“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう。近いうちに、鰹節でももって、また行くね」

固まる

 iPhone 3G。Safari でWebブラウズ中に勝手にホームに戻ってしまうことは良くあるのだが、今日はフリーズ連発。
 もっと安定してほしいもんだわ。

 この2週間で音楽を聴いている時にも2回くらいフリーズしたなぁ。初期のiPod並みだぜ(笑)。

 でも、元・寒中水泳部員の俺からすれば、iPhone 3G は、温水プールどころか、温泉のような心地よさだ(笑)。

 注:
 かつてアップルより、PDA製品第2弾(PDA第1弾は、Macにも接続できるCDプレイヤー)として携帯情報端末Newton MessagePadが夏に発売され、それから半年近くたった翌年の春、Newton日本語版発売について「(今年の)泳げるようになる頃」とコメントされた。しかし冬が過ぎても次の泳げる頃にも日本語版は出なかった。そんな状況下で、先達たちが作り出したフリーの日本語環境などを駆使して、英語版Newtonで、独自に日本語を使っていた。そういう人たちを、「日本語版が発売されないのにNewtonを使う=全然「泳げる頃」が来ないのに泳ぐ。しかも独自日本語環境という苦境の中で」ということから、通称「寒中水泳部」と呼んだ。