いなり、本当は美人なんだけど……

 二歳のわりにはとても穏やかな性格で、小柄で可愛らしく、整った顔の美人さんなのだが、いなりはどうも写真写りがよろしくない。
20121223_inari1
 というか、写真を撮ろうとすると目を細めて嫌な顔をしたり下を向いたりするんだよね(笑)。
「写真は、あんまり好きではないですにゃ……」
20121223_inari1

「ふん。どうせ可愛くないですよ……」
20121223_inari3
 なんて後ろを向かないでくれよ。可愛いって言ってるじゃないか。

 眠そうにまどろんでいる時。お。これはけっこう可愛い!
20121223_inari4

電車男(劇場版)

 DVDを借りてきて、遅ればせながら観た。
 約100分にまとめるって事でしかたないだろうし、うまく処理してあるとは思うけど、先にドラマを観てしまった後だと、内容的に物足りないな。
 やっぱり山田孝之さんは美形でオタク役は無理があるぞ。

 大杉漣さんの酔っ払いは、いい感じだった。泉谷しげるさんよりリアリティあったし。いや、泉谷さんの絵に描いたような酔っ払いも、よかったが。

 あと、ラストシーンの意味は?
 夢オチってこと? ん?

電車男 スタンダード・エディション
山田孝之 村上正典 中谷美紀

B000BDG2JO
東宝 2005-12-09
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starいとうあいこちゃん目当てで観賞しましたが、
star偏見まみれの映画
starドラマは良かったけれど…

Amazonで詳しく見る by G-Tools

電車男 DVD-BOX
伊東美咲 中野独人 伊藤淳史

B0009VRGFM
ポニーキャニオン 2005-12-22
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star伊東美咲って美人だよなぁ
star良いドラマ…ですね。
starテンポ抜群のストーリーは秀逸

Amazonで詳しく見る by G-Tools

怪しいお絵かきおやじ

 通勤電車の中では、愛用のCLIE NX60でブログ記事の下書きや、簡単な絵を描いたりしている。
 最近は、日頃参加している「玉猫戦隊オーブファイブ」関連の挿絵のラフを描いている事が多いんだけど、色々と便利だ。
 いや、どこでもPDAでさらさら描けるという便利さももちろんあるんだけど、それだけじゃなく。
 このところたくさん描いてるのが、登場キャラクターの顔で、まぁ、電車内だから、まわりに「モデル」がたくさんいる訳で(笑)。
「お。あの人は、あのキャラのイメージだ」などと、心の中で思いつつ、スタイラスペンを走らせる。
 難点は、最初の一瞬でほとんどの特徴をとらえてしまわなければいけないことかな。他人をジロジロ見る訳にはいかないからね。チラチラも不可(笑)。
 それでも、どうしても時々周りを見回してしまうから、ちょっと怪しいオッサンかもしれない。
 明日からは、新幹線の中だけにしておくか。

 向かいに座ってる人、美人だな。ユウカ似だ。
 このメモ帳をペイントツールに切り替えよ……。

プラモデルの箱絵

(クリックすると実物大(笑)の画像を表示)
 今日の作業。
 オーブロボのプラモデル発売に向けて、その箱絵案を書いてた。どうも、イマイチだけど、まぁ、CADデザインを元に書いたからなぁ。コンセプトデザインを書いてくれたすしバーさんのやつより、頭が大きいかな。
 もう少し修正するね。

追記(2004.11.01)
 画像を微修正した。実物大画像の方は、150dpiで13センチ×19センチの大きさです。

ねこぱんち!
不条理み○きー:「追記: 企画書 玉猫戦隊 オーブファイブ」
♪お玉つれづれ日記♪ 〜沖縄美人画報〜: 玉猫戦隊 オーヴファイブ 【リーダー★オーブ・レッド】
俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: アニメーターの苦労がわかってきたけど・・・。

設計士 尾藤一郎

 尾藤は、かれこれ5時間くらい、CAD画面を見つめている。マウスを握る手はせっかちに動くが、画面上は、線の密度がいっこうに上がっていない。
「主任、ちっとキビシイっすよ」
 馬場は、役職で呼ばれるのを嫌う。ちょっと訝しい顔をしつつも、尾藤を振り返った。
「ん? でもさ、こうやって形になってるよ」
「それは、力技で組み上げた模型でしょ。いや、現実的にも可能な理論だと言うのは解りますけど」
「でしょ。だから、まぁ、詰め込んで欲しいんですわ」
「じゃぁ、もう少し時間をください。なんとかしてみます」
「お願いします。尾藤さんならできますよ、絶対。期待しとるんですわ。焼きそば弁当、食いますか?」
「あ、いただきます、大将!」
 やっと、尾藤の顔に笑顔が出た。
 こんなやりとりは、ただの息抜き以外の何物でもない。
 お互い、気心知れているのだ。
 尾藤は、本来は有能な設計技師だが、かつて、自分が設計した機械の暴走により大事故が起きた事がある。
 機械に細工をして事故を引き起こしたのは正体不明の結社の仕業だというのは、後の調査で判明したが、尾藤は、自分のせいでもあると思い、それがトラウマになり、以後、自ら基本設計をすることは拒み続けている。
 それでも、なんとか現在の立場にいられるのは、尾藤の才能を信じてやまない馬場がここに誘ってくれたからだ。
「しかし、大将……やっぱ、目茶苦茶難しいっすよ、この気球がルーズソックス状にしぼむの。いや、くどいようですけど、現実的にも可能な理論だと言うのは解りますがね……」

ねこぱんち!
♪お玉つれづれ日記♪ 〜美人尼僧説法〜:『息子へ』〜母(馬場ミサヲ)からの手紙
俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: 牙竜壱号が塗装されない理由