アリ観察3

 アントクアリウムの観察記録。
 3匹になって以降、巣穴を掘るスピードが著しく低下し、昨夜は遂に掘り進める事をせず、今日の昼過ぎまで、同じ状態だった。
 先に死んだアリのうち1匹が、働き者だったのかも。

 で、見ていてつまらないので、追加捕獲を決意。
 同じ巣出身じゃないと喧嘩する可能性が高いということなので、最初捕獲した場所を探す。
 また今日も子供たちがついてくる。
「お父さん、ここだよ!」
 息子が前の場所を教えてくれる。やはり、虫については息子が一番詳しい。
 君のその得意気な顔、くやしいけど許す。

 しかし、アリ達は元気に動く。素早い。捕獲して、アントクアリウムのフタを開けると、すでにいるアリが逃げ出そうとする。新しいのを捕獲して入れる。前のが逃げ出す。……それの繰り返し(笑)。
 20分くらい格闘して、結局は4匹に。増えたのは1匹だけ。たぶん、メンバーは入れ替わっている。先住2匹、新規2匹かな(よく解らないけど)。

 さて。部屋に持ってくると、早速巣穴を掘り始めている。ずっと巣穴の途中にあった死骸も、地上に運び出された。
 成功成功。同じ巣の出身者だったようだ。
 現在、メインの縦穴の深さ6.5センチ。

 ねこぱんち!
 →アリ観察2(自己)

アリ観察1

 嫁さんの話では、昼間、ミーティング風景を観察できたとのこと。

 今現在、巣穴は、縦に約4センチ。その中央あたりで横へ分岐している。横道は、約1センチ。
 みんな、動かない。寝ているのかな。
 1匹は、縦穴の中。他の4匹は地上で。うち3匹は、寄り添っている。

 しかし、この記事のカテゴリを「ペット」とするのはどうかと思うけど、面倒なので、このままにする(笑)。

 ねこぱんち!
 →アントクアリウムを購入(自己)