日本語リッチテキストエディタ Hagoromo β版

 Artman21から、Mac用の新しいテキストエディタHagoromoがリリースされてた。まだβ版だが、これ、軽快で凄い。
 俺は同じ開発元のテキストエディタJedit Xを、前身の初代Jeditから——さらにいえば、そもそもの源流であるJterm(パソコン通信クライアントソフト)付属エディタ時代から——ずっと愛用していて、それには大きな不満はないのだが、縦書き原稿用紙モードがもう少しマシになり、アウトラインプロセッサ機能もつけば完璧なのになと思い、何度か要望も出していた。
 Jedit Xは、まぁ上記以外はすでに完成度も高く、近年はOS Xのアップデートに追従する程度の微細なマイナーアップデートのみだった。
 それが、ここに来て完全新作としてのHagoromoの登場。とても嬉しい。

 サイトでの紹介文によると、

Hagoromo は主に日本語を編集するためのリッチテキストエディタです。
独自開発のテキストエンジンを装備し、
標準テキストエンジン(NSTextView)では難しかった
軽快な縦書き編集、原稿用紙モード、ルビ、縦中横、圏点など
日本語編集に欠かせない機能を実現しています。
また、文書の全体の構造を定めてから細部を編集していくのに便利な
アウトラインプロセッシング機能をサポートしています。
もちろん、エディタとしても Jedit X なみの検索、置換機能を備え、
iCloud、フルスクリーン編集、自動保存、バージョン管理など
OS X の最新機能にも対応しています。

 とのこと。
 さらに、ePub書き出しもサポートしているようだ。素晴らしい。

 大きなテキストファイルの読込みも割と高速で、約3MBのプレーンテキストも読込みファイル選択から10秒弱で編集可能になる(MacBook Pro 15インチ mid2012にて)。ちなみに、Jedit Xでは5MB程度までほぼ一瞬で読み込めるのだが、その速さが異常なのだ(笑)。
 操作感やウィンドウが慣れ親しんだJedit Xに近いのも助かる。

 Jedit Xではレイアウト設定が面倒で申し訳程度でしかなかった原稿用紙モードも、ちゃんと使えるものになっている。しかも速い。
 日本語を意識した独自テキストエンジンを開発したそうだ。
 アウトラインプロセッサ機能も搭載された。これはまだ不具合(子トピック作成時に空白トピックができる事や、ショートカットが効かない事)があるが、β版のうちに解消されるだろう。最近は長文をあまり書かないが、アウトラインプロセッサはあれば便利な機能だ。

 進展と正式版リリースが楽しみだ。応援しています。

小説:どこですか?

 1年半ぶりに、「縦書き文庫」に掲載した。
 小説を過去の会報からスキャンしてOCRにかけた後、加筆修正。

 どこですか?

 掲載 2010年7月3日
 初出 1998年10月29日
 びといんねっと
 「どこですか?」加筆修正

 こちらからお読みください→「どこですか?」(縦書き文庫)

詩:たばこ屋のばあさん

 たばこ屋のばあさん

 掲載 2008年十二月二十八日
 初出 1990年
 びといんねっと
 自家製本詩集「1966」(1993/06)収録より

 横書きで読むなら、下記の追記を。縦書きで読むならこちら(縦書き文庫)

続きを読む

詩:なんだっけ

 なんだっけ

 掲載 2008年十二月二十八日
 初出 1990年
 びといんねっと
 自家製本詩集「1966」(1993/06)収録より

 横書きで読むなら、下記の追記を。縦書きで読むならこちら(縦書き文庫)

続きを読む

縦書き文庫ブログパーツを一時撤去

 昨晩あたりから、サイドバーに設置してある「縦書き文庫」のブログパーツの所で表示が停止してしまい、現時点でも復旧していないため、それを一時撤去している。
 縦書き文庫サイト自体も表示がかなり重たくなっているため、落ちているのかな。

 追記
 20時現在、復旧しているっぽいので、またもとに戻した。

縦書き文庫

 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 かつて主宰していた草の根ネット(もはや死語?)である「びといんねっと」内に蓄積された読み物作品を編んで冊子として配布する時も、本当は縦書きにこだわりたかったのだけれども、1989年当時は、俺個人環境で家内制手工業でやるとなると、パソコンBBSのデータをほぼそのままプリントアウトするのが精一杯だった。
 活動後期には、俺もMacを使い始め、なんとかDTPの真似事をやりだし、冊子も縦書き配布を実現できたんだけども。

 閑話休題。
 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 最近はめっきり小説を書かなくなったくせに、過去の資産を公開する機会を狙っていたりはする俺(笑)。
 今回試した「縦書き文庫」は、そのスジには造詣深いろぷさんが紹介されていて、とても便利そうなので、俺も真似して、過去作品のいくつかを登録・公開してみた次第。

 簡単な登録で、自作テキストを縦書き表示してくれる、優れものサイト。
 作品リストや、個別の参照画面を、ブログなど外部サイトへ貼付けることも可能なので、俺の目指す「統合整備計画」の理想にもかなり近い。

 下記が、「本棚」と称する、作品リストへのリンク。結構いかすよね。ブログのサイドバーへ設置するにもいい。

bs_width=170;bs_category=”;user_id=’between’;book_author=’日向夢想’;

 今後、過去の資産を徐々に掲載していくつもり。
 ほとんどはデータとして残っていないので、冊子からスキャンしてOCRでテキスト認識、さらに修正編集って工程をやらないとならないので、極短編からの掲載になるけども(笑)。

仮面ライダー響鬼の第1話を見た

 今日からの新番組「仮面ライダー響鬼」が、まさに鳴り物入りで(笑)始ったわけだが。
 本当、賛否両論ありだろうなぁというデザイン。
 意図的に今までの「昆虫をモチーフにした大きな目」を排除し、それどころか、どこが目だかわからん顔にしたらしいが、やっぱり違和感があるなぁ。それも狙いなんだろうけどな。

 第1話は面白かった。徹底的に和風に拘った感じや、製作側の意気込みみたいなものは伝わってきた。
 タイトルロゴが縦書きなのは、思いっきりツボ!
 主役の細川茂樹さんは頼もしさとひょうきんさをうまく表現してて、若手を起用していた今までとは違った魅力を醸し出していた。細川さん、また高感度がアップしそうだね(笑)。
 怪人(マカモウだっけか?)の造形は、演者の目と口が露出したマスクで、初期のショッカー怪人みたいで、ニクイ演出だと、思わずニヤリとしてしまった。
 初回の怪人はクモかコウモリかハサミジャガーだと満足な俺なので、そういう意味でも合格。

 しかし、バイクが出てこなかったぞ!
「仮面ライダー」を名乗るなら、初回からバイクを出すべし!
 いや、出さなかったもの「今までの常識を覆す演出」のひとつかも知れないが、これは許せないぞ!
 バイク出せ、バイク!

 まぁ、しばらくは続けて見ようとは思う。

 和菓子屋の姉の笑顔が板尾創路さんに似てるなぁと思ってしまったら、それが頭から離れずに困ったけど……。

ねこぱんち!
→俺育て!虎ヘッド風味:第二部 :始まりました!仮面ライダー響鬼!