現状のままだから難しいのでは?

 ドコモ社長、iPhone導入「現状だと厳しい」(日本経済新聞 2012.04.27)というニュース。

ドコモが独自に展開するスマホ向けコンテンツ配信サービス「dメニュー」などをiPhoneでは展開しにくいことなどを理由に「スマホの半分以上は(米グーグルの基本ソフト)アンドロイドで自由にできるものにしたい」と戦略を説明。

 なんだか、いかにも「元お役所」的なコメントだわね。iPhoneを獲得できない言い訳ともとれる。

 俺は東京デジタルホン時代からずっとキャリア変更はしていないので(コロコロと経営元や社名・ブランド名は変ったが(笑))贔屓目で見てしまうかもしれないが、しかしキャリア独自のサービスなんかほとんど使えずおサイフケータイ機能もないiPhoneを2008年7月からずっと使っていて、特に不満はないぞ。
 まぁ、禿茶瓶はちょっと胡散臭いし(笑)、ソフトバンクの電波品質問題は満足とは言えないが、そもそも「ドコモより維持費が安いしノキアなどのカッチョイイ電話機がある」という理由で当時の東京デジタルホンを選んだので、その時代から比べればかなり良くなっている。さらにボーダフォン時代の暗黒期に比べれば、今のソフトバンクは天国だ。

 通信機器なので電波品質の問題は重要だが、魅力が繋がりやすさだけじゃなぁ(笑)。


物書堂

 物書堂:はじめまして。物書堂です。

はじめまして。物書堂と書いて「ものかきどう」と読みます。
Mac のテキストエディタやワープロを作る会社です。どうぞよろしくお願いします。

私たちは株式会社エルゴソフトで日本語ワープロ「egword」や日本語入力システム「egbridge」を開発していましたが、エルゴソフトの事業終了を機に物書堂を設立しました。

 上記の通り、元エルゴソフト社の廣瀬さんの新会社が、いよいよ動き出した模様。「物書堂」という商号も素敵。
 長年のegbridge愛用者としては、期待せずにいられないね。

物書堂の社名は、いわゆる「物書き」の方々のためのソフトウェアを開発したいという思いから来ています。ストレスなくスムーズに動作するエディタやワードプロセッサを開発していきます。

最初はテキスト編集中心のワードプロセッサを発売する予定です。秋に発売できるように開発を進めています。

 egwordを超える、素晴らしいワープロソフトを開発してくれることだろう。そして、egbridgeみたいな最高の日本語入力ソフトも、ぜひリリースして欲しい。
 応援してます!


ちょっと前に(BlogPet)

いつも、びといんは
ちょっと前に、アメリカの「アップルコンピュータ」が「アップル」に社名MGしたが、日本法人は社名MGは未定としていたんだよね。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「晋作」が書きました。


復活のAJ

 アップル、「アップルジャパン」へ社名変更 (2007.03.15 MYCOMジャーナル) というニュース。

 ちょっと前に、アメリカの「アップルコンピュータ」が「アップル」に社名変更したが、日本法人は社名変更は未定としていたんだよね。
 それが、「アップルコンピュータ」から「アップルジャパン」に社名変更だって。

 いやぁ、いいなぁ。確か昔は「アップルジャパン」だったと思う。

 俺なんかは、漢字Talk7(現在は全世界的に「Mac OS」と統一されてるけど、昔は、日本を含む2バイト言語圏用は特別視されて、ほとんど別OS扱いだった)がリリースされて、やっとまっとうな日本語版が登場した頃に、カラクラを衝動買いしたのが初めてのMacという、ミーハー野郎だけども、それでも早十数年。
「アップルジャパン」という言葉の響きは、長年のつきあいの旧友の名前を再確認したみたいな感覚があるぞ。

 あと、ハイパーカードとか、RAM Doublerとか、ADBポートとか、Phone-Netとかを思い出すなぁ。
 1個千円くらいのアダプタを各Macに付けて、それらを電話用のモジュラージャック線で繋げば、小規模LANが出来た(仕組みはsystemに組込まれていた)ってのは、画期的だったよね。

 やっぱり、略称は”AJ”で決まりだよね!


「アップル」になった

 アップルコンピュータの社名、“コンピュータ”が抜け「アップル」に (2007.01.10 RBB TODAY)

 8日に発表、同日付で「Apple Computer(アップルコンピュータ)」から「Apple(アップル)」へ社名変更だそうだが。
 あれ? もうとっくに「アップル」になってると思い込んでいたよ、俺。
 あぁ、日本法人の「アップルコンピュータジャパン」が[アップルコンピュータ」になった時に勘違いしたのかもな。
 ちなみに、日本法人の書名変更は未定とのこと。

 ともかく、アップルは今ではMacだけでなく、iPodやiTunesストアの売上げが凄いし、今回 iPhoneとAppleTVも発表されて、コンピュータだけじゃなくデジタル家電も多く手がけるようになったからな。
 まぁ、俺らは、今までと変らず「アップル」と呼び続けるだけなんだけど。


海援隊の隊旗だったのかよ!

 ボーダフォン、新ブランドロゴの「ソフトバンクモデル」発売へ (2006.08.16 japan.internet.com) というニュース。

 かねてから予告されていたとおり、10月1日に「ボーダフォン」が「ソフトバンクモバイル」に社名変更しブランド名も「ソフトバンク」になるのに伴う、新しいロゴマークが発表された。
「=」みたいな記号と「SoftBank」の文字が並ぶおなじみのものだが、イメージカラーは黄色ではなくシルバー。
 うむ。地味で良いね(赤の方が好きだが)。

 それはともかく、だ。

新ブランドロゴマークは、坂本龍馬が率いた海援隊の隊旗より着想を得たソフトバンクグループの企業ロゴマークをベースとしている。

 げっ! 海援隊の隊旗がモチーフだったのかよ! 知らなかった。


ボーダ孫

 ボーダフォンは「ソフトバンクモバイル」に (2006.05.18 ITmedia News) というニュース。

 社名は「ソフトバンクモバイル」、ブランド名は「ソフトバンク」になると。
 ブランド名変更にはだいぶ迷って、2000以上の候補から選別したらしい。

 候補となった他の名称には明らかにしなかったが、「ネット上では『ボーダ孫』とか『孫だフォン』といった名も挙がっていたと聞いているが、それよりはまじめな名前」だったという。

 えー!?「ボーダ孫」は却下っすか。はいはい。
 まぁ少なくとも環境が現状以下にならないでくれよ!
 あと、既存ユーザがなんか設定維持又は変更の申請をしないと不利益を被ることがないように。ユーザ側で何もしなくても、最低限現状維持でいられるように。
 とりあえず、それでよし。