ドラマ「金子みすゞ物語」を観た

 昨日放送されたドラマ特番「金子みすゞ物語−みんなちがって、みんないい−」を観た。
 「ぽぽぽぽーん」と並ぶ、脳内刷り込みフレーズ「こだまでしょうか、いいえ誰でも」でおなじみの、大正末期〜昭和初期の童謡詩人・金子みすゞの物語。って、そのままだ!
 演出・清水誠さん、脚本・清水曙美さん、プロデューサー・石井ふく子さん。なるほど。良くも悪くもTBSっぽさ丸出しだったな。
 上戸彩さんが好きなので、彼女目的で見たのだが。んー、上戸さんは上手いんだけど、その魅力は発揮されていなかったなぁ。方言がどうのこうのっての以前に、あの役は似合わない。大正時代の架空の女性を描いたマンガのドラマ化みたいだったぞ。いやまぁ、ドラマなので事実ではない。もちろんそりゃ解る。なんというか、実在の人物を描いたという雰囲気をあまり感じられなかったとでもいうのかなぁ。
 金子みすゞの短く薄幸だった人生も、伝わってこなかった。ネット検索して金子みすゞの略歴を読んだのと同じ程度の印象。
「観て損した」とまでは思わない。このドラマで、金子みすゞの略歴が解ったから。


目立つ色になったから気をつけろ!

 ブログ人がデザインテンプレートの配付を始めてから、ずっと、その「S01赤」が気になっていたものの、左サイドバー固定で、編集困難ということで、素直に適用できずにいた。
 まぁ、しかし、S01赤の色設定を真似て、以前から使っていた「文化人」ベースの改造CSSを、さらに改造。
 で、現時点では、こんな風になった。
 まだ詰めが甘いけど、結構自己満足度は高いよ。というか、もういいや、って感じ(笑)。
 今回のCSS改造にあたっては、むつみさんのアプローチの仕方が、かなり参考になった。ありがとうございます。

 ベーシックテンプレートの右サイドバーにしたものなら、すぐ適用できると思う。

 
↓CSSを弄る時にいつも参考にしている愛読書籍2冊。おすすめ!


“スタイルシート スタイルブック” (有坂 陽子, 長谷川 恭久)


“Web Designer’s Handbook 2nd Edition” (石井 歩)