遠近両用コンタクトレンズ、やっと慣れてきた

 遠近両用ハードコンタクトの使用を始めてちょうど3週間。途中で度数変更したのでちょっと時間がかかったが、やっとコレを装着しての“見方”に慣れた。
 メニフォーカルZという製品にしたのだが、これはレンズの中心部が遠く(近視)用、周辺部が近く(老視)用、その中間が移行部ということで、遠近両用眼鏡と同様、手元を見る時は視線を下に向けるようにする。
 とはいえ、遠近両用眼鏡のようにはうまく見えなかった。瞳より小さいレンズなんだから視線コントロールもシビアなんだろうね。
 それが、今日になったら急によく見えるようになったのよ。遠くも手元も。
 もしかしたら、意図的に視線をコントロールすることよりも、瞳孔や脳の方が慣れてきたのかも知れない。いわゆる「体に覚えさせた」ってやつ?(笑)
 いや、冗談ではなく、人体の補完能力ってすごいもんね。


新しい眼鏡

眼鏡

 先週金曜日に依頼してあった新しい眼鏡が出来たと、今日連絡があり、仕事の帰りに眼鏡屋に寄って受け取ってきた。土日を挟んで、都合営業日中1日か。無ければ困る物なので、こういう迅速な対応は助かる。

 半年くらい前に自宅で眼鏡を踏んづけて、つるを折ってしまったのを、瞬間接着剤で接合して使っていた。日中はハードコンタクトを使っていて、眼鏡はほとんど家の中だけだし、これでなんとかなっていたのだが、先日落下させた時に同じ所が取れて、一応再接着して(笑)なんとか掛けられるようになったけど、さすがに違和感があって、今回5年ぶりくらいに眼鏡を新調した次第。

 俺の視力は、極度の近視に加え、乱視と、ちょっと老眼になっている。
 ハードコンタクトを常用していると、乱視の症状は隠れてしまうそうだ。本来の乱視症状を発現させるには、1ヶ月くらいコンタクトを装着せずにいなければ駄目なんだと。ということで、今回は乱視は入れなかった。が、確かに見え方に違和感はないな。
 あと、老眼。簡単にいえば、近視と反対の性質なので、近視矯正を強めれば遠くは見やすくなるけど手元は見えにくくなる。俺の老眼は、初期(12段階のうち3)だそうで、まだ矯正するほどでもないとの事。近視をちょっと弱めて、手元も楽に見えるようにしてもらった。
 いずれにしても、半年間はレンズ交換無料ということだし、これで様子を見る。

 安くはなかったけど、丁番の所に、ツルの広がりを防止するようなテンション吸収機構が仕込まれていて、掛け心地も快適。


めがね

 最近また視力が低下した。前回眼鏡を作ったのが2年半前だから、そろそろ調製(調整)の必要はあるだろうと思い、眼鏡屋に行ってきた。
 視力の低下はなしで、乱視が進んでいるんだと。裸眼視力0.02。現在のコンタクトレンズ矯正で0.7。
 眼鏡で外出って嫌なんだよなぁ。いや、別にみばえじゃないよ。俺、鼻テカだからさ。眼鏡ずれまくりなんだよ。鬱陶しいの。


足が痛い(その後)

 足の親指の痛み。
 鈍痛が続いていたが、3日目の昼過ぎ、若干腫れてきた。やべ。
 土曜日の夕方なので、病院は休み。
 とりあえず、この時間でも開いている接骨院に行った。
 

 一目見てもらっただけで「痛風かもしれませんので、後日病院にいかれることをお薦めします」と言われた(笑)。
 まぁ、肉や酒が大好きなので、やばいよなぁ。
 少しマッサージや矯正をしてもらったが痛みはおさまらない。
 捻挫にしても痛風にしても、とりあえずは腫れを治めるために冷やせと、冷却シートをもらって帰宅。
 2時間毎にこれを貼り替えるのと、アイスノンで15分間冷やせと。
 この週末安静にしておこう。

 ところで、冷やしすぎは逆効果なんだってね。体内ではそれを攻撃だと思って、かえって熱を持つ。結果、温めているのと同じ事になるらしい。
 だから、2時間毎に15分冷やすんだって。


コンタクトレンズとメガネを新調した話

 コンタクトレンズとメガネを新調するため、メガネ屋に行った。
 今春の薬事法改正で、コンタクトレンズに感する規制が厳しくなったため、その都度眼科検診を受けてから処方してもらわなければならないらしく、その予約をしておいたのが、今日。
(ぶっちゃけて言うと、従来も建前上は同じで、法改正により厳しくなった訳ではないが、初来店の時の検診だけでオッケーで、以後度数が変わっても、簡単な検査だけで新しいコンタクトレンズを作ってくれる店がほとんどだった)

 閑話休題。

 なんか、俺の瞳周辺のカーブって、少数派の形状なんだって。
 で、どうしても比較的密着してしまう(させなければ性能がでない)ため、現在では、一般的に容易に入手できるこの形状の機種はハードレンズの2種だと。
 反主流。俺にとっては魅力的な言葉だが。同じ機種のレンズを使い続けて10年、今まで言われた事ないぞ。

 すこし不安だ。
「このレンズは、そのうち製造されなくなるって可能性は?」
「この機種がなくなるということはないでしょう。いいレンズですし、ハードでは使用している方が多いですよ。選択肢が少ないという人も、少なくないですし。そもそも、ハードレンズは、どんな形状のでも、受注加工されるんですから、大丈夫ですよ」
 偏見かもしれないが、メガネ屋に来る眼科医なんて、大学病院の医師がアルバイト感覚でやってるのばかりだと思ってた。今日の医師は、いい感じだった。診察も15分くらいかな、普通に眼科医院にかかった時くらいの丁寧な診察だった。

 すこし不安だ(その2)。
 まぁ、しょうがないんだけどな。
「今回は少し度数を上げても大丈夫だけど、次回はそうはいかないと思います。近視矯正の度をあげれば、当然遠くは見えるようになるけど、手元は見づらくなるんです」
「まぁ、実際、メガネ掛けてて、そろそろ手元がつらいのは実感してますけど……」

 ってことで、ついに老眼も出てきたらしいと感づいていたのを裏付けられた。


俺の怪我遍歴

 ぺんも歩けばネタにあたる TBプリーズ 「ケガ、病気自慢」 に、ねこぱんち。
「今までで一番記憶に残る病気やケガは何ですか?」とのことだが……。
 俺は、結構怪我をしている。血の気が多くて喧嘩ばかりしているというわけではない。まぁ、時々弱いくせに大喧嘩して、ボコボコにされるけどな(笑)。

 悪趣味かもしれないけど、自分の怪我遍歴(笑)を遡りメモしてみる。

続きを読む


2003/05/08

Webで検索した限りでは、隣の区に、コンタクトレンズを即日渡ししてくれるメガネ屋があった。自転車で20分くらいの距離。天気が悪いので、面倒だ。そう思った途端に、却下。あまり気力が出ない。
ここ数年ずっと依頼しているBメガネに聞いたら、納品は12日になるという。そんなに待てない。
別の、5〜6年前まで利用していたEメガネに行った。ここはBより丁寧で信頼はできるのだが、1割くらい高い。でも、今回は、久し振りに、ここに依頼する事にした。
ワンデーアクビューなら、即納だという。でも、使い捨ては割高なので、嫌だ。ハードでいい。今までと同じ、セイコーのEX1で頼む。10日夕方にできるので、その時に、ついでに眼科医の検診(無料)も受けさせられるそうだ。まぁ、良い。
Eメガネに、6年前のカルテが残っていた。その頃より、右目の度が進んでいた。左は同じ。
片目で0.8、両目で1.0弱に矯正してもらう事にした。
メガネも、家の中では楽なんだけど、外に出る時は、コンタクトの方が好き。暑い日は特にメガネは鬱陶しい。
まぁ、裸眼でいられたら、一番いいんだけどね。
明日は一日、メガネで生活だ。しかし、このメガネも度が合わなくなっているんだよね。屋内でかけるには良い感じなんだけど。メガネも一緒に注文してくればよかった。
娘も視力が落ちているそうだ。乱視もあると。多少は遺伝もあるらしい。どうしよう(苦笑)。