ヤマト発進……

 キムタク・古代進で初の実写版ヤマト発進!(2009.10.03 SANSPO.COM)

《実写版「宇宙戦艦ヤマト」キャスト一覧》
キャスト  役名     役柄設定
木村拓哉  古代進    ヤマト戦闘班リーダー
黒木メイサ 森 雪    ヤマト戦闘班ブラックタイガー隊
柳葉敏郎  真田志郎   ヤマト技術班班長
緒形直人  島大介    ヤマト航海班班長
池内博之  斉藤始    ヤマト乗組員、空間騎兵隊隊長
マイコ  ★相原     ヤマト乗組員、通信班
堤真一   古代守    進の兄。駆逐艦ゆきかぜ艦長
高島礼子 ★佐渡先生   ヤマト艦内の医師
橋爪功   藤堂平九郎  地球防衛軍司令長官
西田敏行  徳川彦左衛門 ヤマト機関班班長
山崎努   沖田十三   ヤマト艦長
★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更

 古代だけ「班長」じゃなく「リーダー」なのはキムタクのイメージでか?
 ユキがブラックタイガー隊って、加藤のキャラもかぶせるのか?
 その他、突っ込みどころ満載のキャスティングだな。

 実写化にあたり一部設定も変更。森雪は原作よりも戦う女性のイメージを強調し、アニメで中年男性だった医師の佐渡先生役に高島礼子(45)を起用するなど、一部キャラクターを女性にする。また、デスラー総統ら敵役は後日発表される。今月中旬にクランクイン。

 サプライズでデスラ−役が伊武さんだったら、上記キャンスティングは全部我慢してやるけど(笑)。

なつめ

 TBSドラマ特別企画「ひまわり」

 夏目雅子さんの生涯を、お母さんとの繋がりを中心に描いた作品。
 仲間由紀恵さんの雅子役は、雰囲気が似合っていると思う。
 が、高校生の雅子はナシだ!わずかな登場シーンではあるが、仲間さんのセーラー服は痛い(笑)。

 あ、ドラマ全体はよかった。
 緒形直人さんの妙に抑えたような演技も嫌いではない。

「ゲゲゲの鬼太郎」実写映画化

 ゲゲゲッ!ウエンツ鬼太郎…来年4月、初の実写映画化 (2006.05.10 サンスポ)

 実写映画化は初めてじゃないだろう、昔、見たことがある! と確信していたのだが、単発ドラマとVシネだったのね。確かに劇場映画じゃないな。

 閑話休題。
 鬼太郎=ウエンツ瑛士さん、ねずみ男=大泉洋さん。
 うわっ!

 ウエンツさんといえば、この間観た「仮面ライダー THE FIRST」では、微妙な絡み方をする変なポジションの役だったんだけど、今回は主役だよ。でも……なんか銀髪に皮シャツ&羽毛っぽいチャンチャンコで、思いっきりビジュアル系な鬼太郎……。
 大泉さんのねずみ男は、たぶん、うまく行くと思う。竹中直人さんの時もナイスだったけど、それに負けないくらいのねずみ男になるだろうな。

 来年春に公開予定。
 DVDレンタルになったら借りて観よっと(笑)。

トラックバックして物語を作れるかな?(第8話)

 「進ぬ、なまけもの!」さんの続き

 当然、ブログ爺の一番弟子である竹中直人にも声がかかった。
「やぁ、ブログ爺。久し振りです」
「また君の力を借りねばならん事態が起こったのじゃ」
「えっ!? まさか謎の物体でも現れたんですか?」
「実は、その通りじゃ。さすが竹中君。鋭い洞察力は衰えておらんの。そこを見込んで頼む!」
「いくらブログ爺から頼まれましても…。私はもはや、演技派俳優とか映画監督とかの地位を確立しているのです。ブログ爺も、それを望まれていらしたではないですか」
「うむ。確かに、そうじゃ。君が既にあの技に封印したという事は承知しておる。しかし、事は一刻を争うのじゃ」
「しかし…」
「この調査には君の『笑いながら怒る』と『ジミーの弾き語り』が必要なのじゃ」
「…もう腕が鈍っていますし、ご期待に応えられる自信がありません」
「何を言っておる! ええい! 背に腹は替えられぬ。聞き入れてくれぬのなら、あの事をバラすぞ」
「ひぇぇ。それだけは勘弁してくださいませぇ」
「では、承けてくれるのじゃな」
「はい。喜んで。トホホ」
「さすが、竹中君じゃ。待っておるぞ。ハイチで会おうぞ!」

 続く

 では、どなたか、第9話をよろしくお願いします。

 関連サイト
 「トラックバックして物語を作れるかな?」の進行状況