友、遠方より来る

 そもそもそれほど友達が多いわけでもないし、もちろん皆かけがえのない大切な方々なのは言うまでもなく、区別なんかできないのだが、ぜひお会いしたい方がいるのも確かで。
 いろいろな事情で、頻繁には会えない友もいる。ネット上での知り合いだと、長い間交流はあるのに、遠距離であるためになかなかご対面といかない事も。

 先日の記事にも書いたが、ブログを始めて十年。その同期開始以来――俺はその後、利用するブログサービスを引っ越してしまったが――ずっと交流を続けていただいている友達のひとり、特に最初期に同じ話題で意気投合し、会いたいねとは話しつつもなかなかその機会をつかめないままだった盟友がいる。
 その盟友が、先週末、仕事がらみで東京にこられるというので、歓談の都合をつけてもらった。

 待ち合わせ場所で開口一番「やっと会えた」と言われた時には、涙が出そうになったよ、まったく。
 そして、会った瞬間から、初対面だとは感じなかった。

 ネット上のみとはいえ十年も付き合っていれば、お互いの素性とまではいわないが、なんとなくの人物像は構築されている。友はその思った通りの部分と、もちろん、実際にお会いしたら違うなと思う部分もあった(萌え萌えメイド喫茶の常連だと思っていたのに、そうでもないらしいとか)が、やはり何も違わぬ盟友そのものだった。って何が言いたいのだ俺は(笑)

 気がつけばたくさん飲んだね。大半が他愛ないどうでもいい馬鹿話だったかもしれないけれど、たくさん話したね。
 楽しくてあっという間に時間が過ぎ、最後はぐだぐだになってしまったけれど、勘弁しください。

 ここ最近は「ひとはひとりではいきていけない」を痛感し、自分なりにそれを信条にして日々を送っているつもりだが、こういう、盟友が遠方から会いに来てくれるという事があると、またその重みが増す思いだ。

 また、これからの人生の糧がひとつ増えた。

2013東京新年オフ会

 今日、同期ブロガーとの毎年恒例の新年会があった。今までずっと俺が幹事だったが、今回は健康上の理由によりちょっとためらっていた所、今までも毎回ぐだぐだになる俺(笑)に代わって、二次会などの面倒を見てくれている、レギュラーメンバーの中でもとても頼れるひとが、招集をかけてくれた。
 最初は欠席しようかとも思ったが、出席した。
 一年振りに再会した盟友たちは皆一年分は変わったのだろうし、また、何も変わってもいなかった。個人的には、今日この日に皆に会えた事で、だいぶ気が晴れた。
 やはり、肝は「出逢い」と「ひと」だね。ありがとう、ありがとう。

暗殺者役から斬られ役へ

亀治郎、暗殺者役から一転! 龍馬と共に“斬られ役”〜『JIN』追加キャスト発表」(ORICON STYLE 2011.03.23)というニュース。

 歌舞伎役者・市川亀治郎が、TBSの開局60周年を記念して放送される大沢たかお主演のドラマ『JIN -仁-』(毎週日曜・夜9時〜)で、坂本龍馬の盟友・中岡慎太郎を演じることがわかった。昨年、大河ドラマ『龍馬伝』(NHK総合)で龍馬暗殺の実行犯を演じた亀治郎が、奇しくも今回は龍馬ともに暗殺される“斬られ役”を務める。このほか新キャストとして俳優・佐藤隆太、アーティスト・宮沢和史 (THE BOOM)、そして元五輪の競泳選手・藤本隆宏らも発表されている。

 昨年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」では、龍馬と慎太郎の暗殺実行犯・今井信郎役を好演していた市川亀治郎さんが、今春から第二部が始まる「仁−JIN−」では中岡慎太郎を演じると。ってことで「暗殺者役から斬られ役へ」か(笑)。
 亀治郎さんの演技は好きだけども、慎太郎のイメージではないなぁ。龍馬の内野聖陽さんがはまり役だっただけに、ちょっと心配ではある。
 まぁ、何だかんだ言っても、今回も毎週楽しく見せてくれる良作になるだろうと期待している。

 楽しみでありんす。

植木等さん、お疲れさま

 植木等さん 仲間の待つ天国へ旅立ち (2007.03.28 Yahoo!ニュース)

 戦後の高度成長期を代表するコメディアンでクレージーキャッツのメンバー、植木等(うえき・ひとし)さん=本名同じ=が27日午前10時41分、呼吸不全のため都内の病院で死去した。80歳。三重県出身。本人の遺言により、近親者のみの密葬にし、来月初めにも「お別れの会」が執り行われる。肺気腫を患いながら仕事を続けてきたが、昨年、盟友の宮川泰(享年75)、青島幸男(享年74)の両氏を相次いで亡くし、憔悴(しょうすい)していたという。

 クレイジーの全盛期や、植木さんが主演した映画「無責任シリーズ」の公開当時、俺は生まれていない。
 しかし、子供の頃、ドリフターズが人気絶頂の中、俺の親父が、事あるごとに「ドリフの先輩はクレイジーなんだよ」と言って、テレビで「無責任シリーズ」が放送されると一緒に見たりして、いつしか脳裏に刷り込まれ、俺もクレイジーキャッツ、特に植木等さんを好きになっていた。
 今思うと、ちょっと下品なドリフの芸風に対してクレイジーのちょっとシュールなナンセンスは大人っぽくて、オシャレだった。もちろん、ドリフも大好きだ。

 植木さん、昨年からだいぶ体調が悪かったという報道は見聞きしていたが、自らの体調絶不調にもかかわらず、青島幸男さんの葬儀に参列し、車椅子から立上り毅然とお焼香する姿には「漢」を感じていた。

 4月に発売される、植木さん自らが監修したフィギュアを、1月に予約したばかりだが、その頃に体調悪化で再入院されたらしい。虫の知らせかなぁ……。
 亡くなったという実感がまだ全然ないのだが……。

GOLDENSTAR ゴ-ルデンスタア 日本一の無責任男 植木 等
B000LXESHW

 嫌な事を忘れられる、植木さんのあの笑顔が、もう見られないのかと思うと、寂しい。
 これでクレイジーのメンバーも過半数が天国に行ってしまったね……。

 ご冥福をお祈りします。

冬になるとカスタマイズしたくなる

 なんだか、今、無性にテンプレートを大改修したい!

 過去ログを確認してみたら、現在のテンプレートの「見た目」がほぼ完成したという記事が2005.12.06。それを元にHTML/CSSソースも整理して、現在のテンプレートにしたという記事が、2006.02.24。
 そしてたぶん、その間に、サーバ2の悪夢こと盟友・少佐さんの「少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト」向けテンプレート(スコタコ風)の仕上げもしたんじゃなかったっけかな。
 さらにその前年、2004年末にブログ人からFC2へ移転する際に、既存の3カラム共有テンプレートを大改修してシャア専用風2カラムに仕立てた。

 どうやら俺は、冬になると、テンプレートカスタマイズ熱が上がるらしい。
 今年の正月休みは、ガンプラではなくブログテンプレートをいじるかなぁ。

功名が辻(第1話)

 歴史好き・時代劇好きとしては、毎年、とりあえず初回はチェックしているNHK大河ドラマ。
 今年は「功名が辻」。司馬遼太郎の原作も好きだし、同じく時代劇ファンという盟友マンガーさんと同意見になるが、好きな役者さんもたくさん出ているので、期待して見た。
 山内一豊役の上川隆也さん。初回に限っては、あまりキャラが立っていなかったなぁ。っつーか、お付の二人の家臣、武田鉄矢さんと前田吟さんのアクが強過ぎるから、仕方ないか。
 いや、これは狙いかもしれない。回を追うごとに、上川さんがどんどん立派な土佐のお殿様になっていくのかも。
 織田信長役の舘ひろしさん。今までの信長象に比べて、ちょっと精悍さが足りず年くったイメージ。これ、末期の信長としてあえてそう描かれているのならさすがだけど、微妙だな。
 羽柴秀吉役の柄本明さん。これはハマり役。
 あと、香川照之さん。この役は架空の人物だったよね。とにかく、いい役者になったなぁ。

 全体的には、いい感じ。もう少し見続けようと思う。

内蔵が持たん時が来ているのだ!

 少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型):一人強化合宿 に、ねこぱんち!

 二つ名「サーバ2の悪夢」で知られる盟友・少佐さん。先日の局地戦での惨敗を受けて、自主トレ(笑)を始めたそうだ。
 しかし、ほどほどに。強化しすぎは、かえってマイナスだよ。
 もちろん、人の事いえないけどね。

 えっと、1カ月くらい前に受診した定期健康診断の結果票が届いた。
 で、ガンダリウムγ合金γ-GTPが基準値をオーバー。肝機能障害で、再検査だよ。
 酒、減らさないとなぁ。ビールや日本酒はやめて焼酎だけにしよう(そういう事じゃないって!)。
 んー、9月は研修もあるしなぁ。憂鬱な月間だわ。

ガンコレのハイゴッグ


 同じジオン公国民である盟友少佐さん同様、俺も、ハイゴッグが、サイクロプス隊が、大好きだ。ザク系は俺の中では別格の存在だが、その次にはハイゴッグかケンプファーあたりが来るね。
 写真は、毎度おなじみ、ガンダムコレクションの1/400ハイゴッグ。ガンコレの出来についてはもはや何も言うまい。
 しかし、可愛そうに、これ105円で売っていた(泣)。人気ないのかなぁ。
 あの「ポケ戦」第1話の冒頭シーンの、連邦軍北極基地襲撃は、かっちょよかったのに。
 追加でハイゴッグを2個とズゴックEを1個買ってこようかな(笑)。

Tag(s) [ガンダム]

スランプぎみ?

 これは、ただの日記。いつも日記だけど。

 なんか、盟友すしバーさんが、ブログ更新のスランプっぽいけど、燃えつき症候群じゃないでしょうな。
 なんか、俺も最近、スランプじゃねーけど、微妙に嫌な事が重なって、凹んでいる。

 特に困ってるのが、愛用のCLIE NX60の不調。いよいよ動作が怪しくなってきた。
 バッテリーの持ちがわるくなったのは、まぁ納得できる。2年使ってるからね。しかし、ディスプレイのバックライトが点滅するようになってきたし、メモリースティックを認識しない時もある。
 春から前兆があったんだけど、遂に寿命かねぇ。
 俺、このCLIEで通勤中にブログ記事の元を書いたり、最近では絵の下書きをしたりしてるんだ。それを、昼休みの職場とか、帰宅してからとかに清書している。
 そうじゃなくても、前から、気付いたことはPDAにメモしてたしね。
 もちろん、機材のせいだけじゃないんだろうけどな。なんか、ここ数日、面白みが湧かない。

 当面は、ペーパークラフトを完成させるのに注力するか。

 ま、とりあえず寒さのせいにしておこうか……。

坂本龍馬の誕生日

 日が明けて、今日11月15日は、坂本龍馬の誕生日。そして、命日。
 龍馬は1835年生まれ、なので169歳だね。
 薩長連合締結と大政奉還の成功の後、盟友・中岡慎太郎と、好物の「軍鶏鍋」でささやかな祝杯をあげている時に暗殺された。1867年の誕生日の夜。

 西に向かって、合掌。

 俺もご多分にもれず、中学生の時に、司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を読んで、その作品中の竜馬の格好良さにすっかり惚れ込んでしまったひとり。それをきっかけに、幕末好きになったんだけど、司馬遼太郎の描いた「竜馬」と、実際の「龍馬」はだいぶ違っていた。まぁ、当たり前だけど。
 それでも、「龍馬」も「竜馬」も好き。
 ……ってな事を、毎年書いているけど、まぁ、ブログには初めてってことで、ご勘弁。
「竜馬がゆく」、久し振りにまた読もうかな。

竜馬がゆく (1)
竜馬がゆく (1)

posted with amazlet at 04.11.15
司馬 遼太郎
文芸春秋 (1998/09)
売り上げランキング: 480
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.88

5 幕末入門書
5 最良の幕末入門書
5