やっぱり洗っていた

 アライグマ、やっぱり洗っていた…エサを毒抜き (2009.04.27 Yahoo!ニュース)

 アライグマは、洗っていた−−。アライグマが毒を持つ生き物を食べる際、地面で“こすり洗い”して毒抜きをするユニークな行動を取ることが、京都大の持田浩治研究員(動物行動学)の調査で明らかになった。

 両前脚で、洗うようなしぐさをすることからそう呼ばれているが、野生のアライグマの場合、餌探しのための行動で、実際は「洗わない」とされていた。持田研究員は「毒のある食物に関して、アライグマは、名前通りの行動をしている」と話す。

 アライグマは北米原産で、小動物や昆虫、魚、果実などを食べる。持田研究員は、大阪府内などで捕獲された野生化したアライグマ6匹の食性を観察。皮膚から毒を分泌し、天敵がほとんどいないとされるアカハライモリやニホンヒキガエルを餌にしていたことがわかった。

 詳しく調べた結果、6匹とも通常の餌はそのまま食べるが、においで餌に毒があると判断した場合、両前脚で、最長10分余りも地面に、こするなどしてから食べていた。刺激を与えて体内に蓄えた毒をすべて出させ、こすり落としてから口にしているとみられる。

 持田研究員は「毒を絞り出して餌にする動物は他に聞いたことがない。何でも工夫して餌にする摂食行動が、故郷と環境が異なる場所にもうまく順応できる理由の一つなのかもしれない」としている。

 野生のアライグマは餌探し。動物園のアライグマは何でも洗ってしまう。そんな認識でいた。
 でも、実際は、毒の無い餌はそのまま食べ、洗う必要のある餌だけ洗っていたんだね。すごいぞ、アライグマ!

ひと皮むけた

 足親指の付根側面の皮がむけてきた。痛風発作の時に腫れた所だ。
 関節部の血管周囲に過剰にたまった尿酸結晶が外皮に向かって排除される時に、腫れと痛みを起こすのが、痛風の発作とか。
 で、最後には皮膚表面にでて老廃物扱いとして、発作の名残の皮膚はむけ落ちるそうだ。
 ってことで、約1ヶ月を経て、痛風デビュー戦は完結、だな。

かゆい/モブログ

 腫れていたところが完治する間際って、血行が良くなるせいか、痒くなるじゃん?
 今、足の親指付け根がその状態。湿布かぶれではないと思う。赤いのは患部だけ(五百円硬貨大)だし。
 とにかく、すげー痒い。
 痛風発作の最後は「結晶化した尿酸が皮膚からはがれるように薄皮が一枚剥ける事がある」らしいが、それかなぁ。
 それにしても、半端なく痒い。水虫かっていうくらい痒い。あー、水虫になった事ないので、その本当の痒さは知らない。ごめんなさい。
 痛風発作自体が軽かった分、こんな仕打ちを食らうなんて。敵もなかなかやるのう。

宣言してしまう

 家では比較的無口な俺だが、ケツがかゆい時はどうしても「ケツがかゆい!」と宣言してしまう。

 少佐さんには「食事中はよくないでしょう」と言われてしまったが、家族なんだから、いいじゃないか。
 風呂上がりにパンツ一丁で歩き回るのはいいのに「ケツがかゆい!」と言うのはいけないとは、解せないなぁ。

 ところで、これも少佐さんから聞いたのだが、「花粉症からかゆくなるのでは?」とのこと。花粉症で皮膚のかゆみを感じる事もあるそうだ。
 さすが花粉症仲間(笑)、色々知ってますなぁ。

 ちょっとネット検索で調べたら、協和発酵のかゆみナビ内にも(かゆみの)原因としくみとして、しっかり「植物」の文字があり、さらにリンクをたどると、ブタクサやスギなど、花粉症原因でおなじみの名前がたくさんあった。もっとも、これだけ列記されていると、どういう生活していてもダメなような気がするけどな(笑)。野菜とか香辛料もたくさん書かれていた。
 まぁ、あくまでも「かゆみの原因となりうる」植物というだけで、全部に反応する訳じゃないだろうとは分かるが。

 しかし、読んでいるだけでかゆくなるなぁ。

Tag(s) [保健衛生][花粉症][生活]

爪切り


 ネコは、普段は爪を指の皮膚の中にしまった状態で歩き回る。だから「猫の忍び足」とか「猫に鈴を付ける」とか言われるように、足音を立てずに歩ける。
 しかし、放っておくと爪がのびてしまい、じゃれて遊んでいても痛い。ネコの爪は武器だからね。
 そんな訳で時々爪を切ってやる。家族は皆恐がってやらないので、これはにゃぁが来てからずっと俺の役目。
 最近は、機嫌がいい時に仰向けに抱いてやると、おとなしいまま切らせてくれるので楽だ。
 前足を軽くつまんで、肉球をぷにっと押すと爪が出てくる。肉球をさわるのって好き(笑)。

 まぁ、にゃあはネコのくせに足音をたてて歩くけどね。床に爪が当たる音じゃなく、でぶねこなので、トントン、とかスタスタ、って感じ。鈴付けなくても大丈夫かもしれない(笑)。