iPhone版マンダラート

 マンダラートがiPhoneに:マンダをラして発想支援——iMandalartで「脳を編集する」(2009.07.27 ITmedia 誠 Biz.ID)

 あるテーマから連想を広げる「マンダラート」。9つのマス(セル)の中央にテーマを書き込み、その右側のマスから反時計回りに連想を書き込むことで、アイデアの切り口を広げる手法だ。アイデアがまったく浮かばない時に、1人でも半ば強制的にアイデアを生み出せる方法である。

 このマンダラートがiPhoneアプリ「iMandalart」として登場する。7月26日、東京・銀座のアップルストアで、マンダラートを考案したヒロアートディレクションズの今泉浩晃代表取締役や、iMandalartを開発したHDMTの木下誠代表取締役、テクニカルライターの大谷和利氏らがアピールした。

 懐かしいな、マンダラート。昔、Newton MessagePadで愛用してたよ。

 価格とリリース時期は未定。「リリースは近日中」とのことだが、木下さんは「これからアップルの審査」という。今泉さんによると、「恐らくApp Storeでのカテゴリーは『仕事効率化』になるはず」。価格は「検討中。皆さんを失望させない価格帯で」(今泉さん)と述べた。

 早くリリースしてね。期待してます。

コピー推奨

 いや、別にソフトの違法コピーの事ではなく。

 FC2も全体的に、コメントが弾かれている今日この頃。
 表示自体は、そんなに重くはないのだけれども。

 俺は、コメント書いて送信する前にクリップボードへのコピーはクセになっているが、当面は、それを皆さんにも推奨する。
 特に、長文コメントが吹っ飛んだりしたら悲しいでしょ。

[オフ会]2005東京新年会レポ(まとめ)

 5回に分けて、俺なりにオフ会の記録を綴ってみました。
 ちょっとこだわった部分がひとつだけあるんです。いつ誰が合流したかは書いたけど、いわゆるお別れシーンは書いてません。
 また毎日ブログで会えるから、別れじゃないし……っていうとキザですが、本当は、やっぱり寂しいのは嫌いなだけです。

 発起人として、いろいろやったつもりでしたが、不慣れなため、皆さんに頼りきりでした。勉強になりました。
 お陰様で、とても楽しかったです。

 ネット歴は15年以上。無数のオフ会に参加してますが、(半日ずつとはいえ)延べ3日間というのは初めてです。

 折に触れて感じることですが、ブログは、かつての草の根ネットに似ていると思うのです。
 各自のブログは「シグ」、ブロガーは「シスオペ兼シグオペ」。どちらかというとシグオペ的役割の方が大きいかな。
 そして、近隣の草の根同士で、共同企画とか、データFD(フロッピーディスクなんですよ(笑))配付とかを始めて、それが徐々に広がるの。
 この辺、説明すると長くなるので、解らない人には、ごめんなさい。おっさんの思い出話だと思って流してください。

 ちょっとは形態がかわっちまっったかも知れないけど、その本質はなんら変ってない。
 ましてや、そういうお付き合いをさせてもらっているみなさんと、直に会って、騒いで……。

 すみません、次の言葉、今回の東京オフを象徴する言葉として、丸ごと引用させていただきます。

やばいことに、昨日集まった連中が頭ん中で、旧知の知人にカテゴライズされているようです。

 みなさん、ありがとうございました。機会があったら、また集まりましょう!

井上和香さんもブログ人

 井上和香さんも、我らがブログ人にサイトを設置したそうだ。(「和香のキモチ」)

 和香ちゃん、いいよね。好き。
 ブロードバンド番組BBbeatのパーソナリティなので、OCN内で何らかのタイアップ・プロモーションはするだろうと思ってたけどね。
 それはともかく、公式ブログだとうたってますな。単純に嬉しい(笑)。
「皆さんぜひ、トラックバックお願いします」と言われているし。
 お願いされたら、答えないとね(笑)。

 TB
 「いい感じ」
 「もげきゃっち」
 「和香のキモチ」