iPhoneのマクロ撮影には、やはりこれ!激安

 小物を整理していて、百円ショップで買ったプラスチック製のルーペを見つけた。と書くと即完結してしまうが(笑)、これ、iPhoneで接写するために買ったんだった。

20140430_inari3

 既に五年半前、iPhone 3Gを買った直後である2008年9月末にも、記事を書いているが、これがなかなか侮れないのよ。
 つか、この技自体、それ以前のカメラ付きケータイの時から有名な技だけど(笑)。

20140430_inari1

20140430_inari2

 上記の2枚の写真はiPhone 5sで、ルーペをあてた状態で撮影。iPhoneのデジタルズームは使わずに約3センチまで近づける。
 5sは3Gの時とは比較にならないほどピント合せが早いので快適快適。
 iPhone用のマクロ撮影レンズもいくつか売っているが、専用アダプタや背面ケースなどを併用する必要があったり、なにしろさすがに100円のはないだろう。
 うまくiPhoneと一体的に保持できる安いルーペを見つけたら、ひとつカバンに常備しておくといいよ、という話。

脱走防止柵

 里親としていなりを引き取るにあたって、保護されているぽちさんからの条件のひとつとして「完全室内飼育で、窓などに脱走防止対策を施すこと」と言われていた。
 それについては全く異議無し。我家はマンションの二階なので、室内飼いにせざるを得ない所もある。ぽちさんとしても、いなりに平和で幸せに暮らして欲しいという願いゆえの条件であろうし。

 ぽちさんのお宅にお見合いに伺った時に教えてもらった物は、「百円ショップで売っているワイヤーネットなどで簡単に対策ができる」との事なので、もう少し仰々しい「脱走防止柵」を想像していた俺は、まず一安心(笑)。
 そんな訳で、いなりが引越してくる前に、脱走防止対策を実行。俺は工作は得意なのだ、任せておきたまえ!(笑)。

 いなり——になる前の仮名・ニム——とのお見合いの帰りに、さっそく百円ショップに寄って、材料を物色。しかし、その店には、ぽちさん宅で見たようなワイヤーネットは売っていなかった。
 なにか代用できそうなのは……と、見つけたのが、バーベキュー用の網。30センチ×50センチと大判の物。これを縦横に2枚ずつの都合4枚を結束バンドでつなげて、高さ約95センチ×幅60センチの、真ん中で折畳める柵を作った。足はブックスタンド。それを1箇所。ここは人間が出入りするため、移動できるようにした。
121029_inari_1
 通常は少ししか開けない他の2箇所の窓には、横1枚で幅30センチの物を。ここは高窓で人間の出入りがないので、固定してしまった。
121029_inari_2

 さて、そのいなり。
 昨夜は一度立てこもりから出て来て、いつも俺が座っているソファの隣にやってきた。喉や頬を撫でてやると、ゴロゴロスリスリしてきたよ。かわいい!
121029_inari_3
121029_inari_4
 でも、今日、仕事から帰宅したら、また、パソコンデスク下のラックの奥に潜んでいた。
121029_inari_5
 それでも、撫でるとスリスリするんだけどねぇ(笑)。

 いやぁ、いなりはホント、かわいいよ。

iPhoneで充電と同時に使えるDockコネクタ接続のネックストラップを自作(ちょいと改修)

 iPhoneの充電もできるネックストラップ自作
 少し改修した。

20120805_1
 例のごとく百円ショップで材料を調達。
 リングを直径25ミリから20ミリにした。本当は10〜15ミリのが欲しかったんだけど、あちこち見て回るのも面倒だから、これで妥協。
 それと、吊り軸を回転させる金具。

 これだけで、だいぶ使いやすくなったよ。

iPhoneで充電と同時に使えるDockコネクタ接続のネックストラップを自作

 iPhone。散歩やまち歩きをしている時は、すぐに写真を撮りたいので、シンプリズムのDockコネクタに取り付けるネックストラップを使っている。

Simplism iPhone 用 ネック ストラップ Dockコネクター ワンタッチ接続 DockStrap Neo ブラック TR-DSIN-BK

 もちろんそれは良い製品でお気に入りなのだが、充電(単三エネループ4本を装填するUSB出力のモバイルバッテリーを愛用している)する時には、そのネックストラップを外さなければならない。そりゃそうだよね、iPhoneにはDockコネクタはひとつしかないから(笑)。
 ネックストラップをつけたままで充電したい。ストラップ用の穴が付いているiPhoneケースもあるけど、ネックストラップの取り外しがちょっと面倒っぽいし、そもそもストラップ穴がついているケースは不細工で好きではない。

 Dockコネクタにネックストラップ状態で装着したままで充電もできるようなアクセサリはないのだろうか。

エアージェイ iPorter 充電&データ転送 ストラップ型 USBケーブル iPhone4S/4/3GS/3G/iPod対応 ブラック UKJ-PHSTBK

[iPhone4専用]ネジでiPhone 4にストラップを装着!携帯ストラップアイテムNETSUKE 001-044 poddities【iPhone4 iPhone 4】

 こんなのは売っているが、どちらも俺の要求を満たすものではない。
 サンコーレアモノショップや秋葉館あたりにはあるかなと思ったが、ない。
 欲しいひとは居ないのかねぇ?

 まぁ「欲しいモノが無ければ自作してしまえ!」というのが、俺の信条。つか、工作大好き。
 で、昨夜ふと閃いた。キュピーン!

 さっそく、材料の調達。
 と言っても、百円ショップで、iPhone DockをminiUSBに変換するアダプタを買ってきただけ。
IMG_7419
「I-POD」という表記はなんとかして欲しいところだけど、そこは百円なので、どうでもいいや。これを2個購入。
 どこに穴を開けられるかを確認するために、ひとつを分解。
IMG_7422
 miniUSB部分の出っ張りを中に埋込めそうだが、それは次回の課題として、今回は、単純に穴を開けてリングを通すだけとする。
IMG_7423
 中身の確認をした結果、USB側から7mmくらいのところが、空洞で配線や回路もなくて良さそう。ここに2.5ミリのピンバイスで開口!
IMG_7424
 工具箱(というかジャンク箱(笑))から適当なリングを選んできて通す。よくキーホルダーなんかに使われている、直径25ミリの二重リングだ。
 これを、シンプリズムの元からついていたDock接続パーツと付け替える。
 が、これをDockコネクタにつけたままのiPhoneを平らな所に置くと、Dock側が浮いてしまう。これではiPhone本体のDockピンが曲がってしまうかもしれない。
IMG_7427
 それなので、縦に1センチくらいの長い穴にして、リングが上面側に動くようにした。って文字で説明するのは難しいな(笑)。
 ともかく、それでiPhoneは平らに置けるようになった。
 元のパーツは、大切にとっておくよ。
IMG_7428

 首から下げたイメージ。
IMGP1513
 さらに充電もしているイメージ。
IMGP1514
 ちゃんと充電されていることも確認。
IMGP1517
 今日のところは、USBケーブルは、2.5インチHDDケースに付いていた手持ちのやつを使用。巻き取り式のを買うつもり。

 トリニティさん、もっとスマートな形にして、シンプリズムブランドで商品化してくれません? いや、かなりマジです。

スマートフォン対応手袋@百円ショップ!

 もうすぐ、手袋が必要な季節だ。ここで問題になるのが——数年前から言われているが——iPhoneの操作。着けたままでスマートフォンを操作できる手袋も売っていて、昨年は大ヒットしたそうだ。でも高いんだよね。
 去年、安い手袋と導電糸を購入して、iPhoneが操作できる手袋を自作しようとも考えたけど、導電糸は使う分量は少ないのに、長い千円とかしか見つからず、結局製作費が高くなりそうだったので断念していた。
 iPhone/iPad用スタイラスペンを自作して好評だったので、手袋の自作にも自信はある(つーか、糸を縫い付けるだけなので簡単だし)が、金を掛けるのは嫌だという性分。

 とかなんとかやっていたら、先日、嫁さんが百円ショップでスマートフォン対応手袋を見つけて買ってきたと。
 数日遅れで、俺も買ったよ。
スマホ対応手袋

 百円ショップにありがちな薄いカラー軍手で、真冬に自転車に乗る時に着用するには暖房効果は少ないかも。導電糸が仕込まれているのは片手の親指と人差指のみ。
 いや、これで百円なんだから十分納得なんだけど、親指と人差指だけなのはともかく、片手ってのはツライね。俺は基本的にはiPhoneを左手で持って左手でフリック等の操作をするので、文字入力のほとんどの場合は片手で足りるが、Safariや写真の拡大縮小のためのピンチ操作は右手指でやる。その時にいちいち手袋をはずすのは、なんだか中途半端だよね。
 という訳で、同じ柄のを2組買ってきた。カラー軍手なので、左右の区別はないからね。2組買っても200円。安い!材料揃えて自作するよりも安い!
 百円ショップ、恐るべし。