びと辞苑「いまがわやき」

いまがわやき[今川焼]
水に溶いた小麦粉を、平たい円形の焼き型に流し、餡を入れて焼いた菓子。

 今川焼、好き。というか、餡が好き。大福とか、しることか。
 洋菓子よりは和菓子派。まぁ、普段は自らすすんでは、あまり菓子の類は食わないけど。
 まぁ、とにかく、だから、今川焼は絶対「餡」だよ。白餡だの抹茶味だのは邪道だ。ましてやヨーグルトとかカスタードって、おまえら、洋菓子派にシッポ振りやがって! ひじょうに遺憾に思う。
 ところで、「今川焼」って呼び方。全国共通とまでは言わないけど、知名度は高いと思ってた(国語辞典にも載ってるし)。けど、九州では「回転焼」、関西は「大判焼」、他には「太鼓焼」とか「合わせ焼」とも呼ばれているそうだ。で、北海道では「ホームラン焼」というそうで、ぐぐってみたら、確かにそんな感じだった。
 でも、回転焼とか大判焼とかはわかるが、ホームラン焼ってなんだよ。ボールみたいに丸いからかな。
 同じ食い物なのに、面白い。

→びと辞宛