桑田佳祐さん、早くよくなって!

 桑田佳祐さん初期の食道がん 全国ツアーをキャンセル(asahi.com 2010.07.28)

 サザンオールスターズのボーカル桑田佳祐さん(54)に初期の食道がんが見つかったと28日、所属事務所が発表した。「幸いにも早期発見により初期段階での治療で済む状態」という。

 8月中に入院し、手術する予定だ。療養のため、10月20日の新アルバム発売を延期し、10月28日から年内いっぱい予定されていた全国ツアーのスケジュールもすべてキャンセルする。新シングルは予定通り8月25日に発売する。

 桑田佳祐さん……サザンオールスターズといえば、俺が中学生の頃のデビュー以来、ずっとファン。
 最近、TwitterのTL(タイムライン)でも仲間と共感しあったのだが、桑田さんの作詞・作曲は希有の天才だと思う。
 軽妙に韻をふんだ小気味良いちょっとエッチな詞。俗っぽくいえばそれまでだが、桑田さんは、ちゃんと女性の事を大切に思い、男女というもの——と敢えて言わせていただく——を素晴らしい事だと理解されている方だと思う。一見すると悪ふざけっぽいけど、そういう事をきちんとしたうえでのふるまいで、男がみてもあこがれる、かっちょいい人だ。
 バラードから激しい曲まで、なんでも巧みに作ってしまう、すばらしき才能。

 食道がんということで、仕事柄もっとも大切な咽については心配だが、これはもう、大丈夫だと信じて待つしかない。
 新作アルバムの発売延期もちょっとさびしいけど、今までのたくさんの曲を聴いて待ってます。
 桑田さん、大変でしょうけど、ゆっくりしっかり治療・養生して、またお元気に復活されるのを心から祈ってます。


しりとり(BlogPet)

びといんの「しりとり」のまねしてかいてみるね

電車の女性の偏り方(いや、向かいに男女が座っておいたので、ちょっと面白かったので、向かいに噛み合ってないんだけど?
50歳くらいの偏り方(いや、女性の女性の語彙知識の女性。

*このエントリは、ブログペットの「晋作」が書きました。


明日なる夢

 仮面ライダー響鬼、最終之巻。

 最終回のわりに、全てが収束したとは言い難いなぁ。
 一応真面目な弟子になった京介。でも、1年間も許さなかった明日夢を、あっさり認めちゃったよ。だったらもっと切っ掛けはあっただろ。まぁ、1年間で精神的にも成長したって事なのかなぁ。
 明日夢もかなり成長したね。
「鬼になることだけが俺の弟子になることじゃないぞ、明日夢」
 ヒビキさんは最後までかっちょいい!

 あ、謎の男女は謎のままかよ。洋館の和服男女よりも偉い謎の男女も登場したし、もう嫌(笑)。
 その他、物足りなさはぬぐえないものの、異色のライダーとしての意義はあったし、何だかんだといっても、面白かった。
 シリーズ初の「主役側のやられキャラ」の弾鬼と裁鬼も、まったく無意味でよかった。
 そういえば、おやっさんに「今、弾鬼君に行ってもらってるんだが、彼じゃ頼りないしねぇ」とか言われてたっけ。おいおい、曲がりなりにも鬼だろ(笑)。

 遂に終わっちゃったねぇ。正直にいえば、途中の路線変更以後は半ば惰性で見ていたものの、楽しめたよ。

 ありがとう、しゅっ!


語る背中

 仮面ライダー響鬼、四十七の巻。

 明日夢が弟子にならず、別の方向(パネルシアター等のボランティア)での人助けに自分の道をみつけた様子。

「鬼というのは変身する事だけじゃない。鬼になることは怖いと思う気持ちと戦うことだと思う」
 京介と明日夢に言うヒビキさん。自分やイブキに言い聞かせているような印象をうけた。
 ってことで、イブキの代わりに単身「浄めの儀式」に向かうヒビキさん。浄めは独りの鬼で行わなければならない、というしきたりは解るが……、ちょっと前におやっさんが言ってた「関東の鬼を集めよう」はどうなったんだろ(笑)。
 最終回にも出てきそうもないしな。

 あ、最終回といえば、謎の男女の前の水槽に入れられてたのは、モッチーか? モッチーがピンチ?
 うぉー。モッチー派は全員注目せよ。無事を祈れ!
 あと、京介が変身するっぽいね。最終回は、ちょっと先の設定なんだろうか。