JINドラマ化

JIN 仁:大沢たかお主演、中谷美紀、綾瀬はるかも 内野聖陽が龍馬 ドラマが10月放送(2009.07.22 毎日.jp)

 村上もとかさんの医療マンガ「JIN 仁」のテレビドラマ版で、幕末にタイムスリップした脳外科医・南方仁を俳優の大沢たかおさんが演じることが22日、明らかになった。ドラマは10月から、TBS系で放送される。

 「JIN 仁」は、マンガ誌「スーパージャンプ」(集英社)で00年4月から連載され、シリーズ計125万部を発行している。幕末にタイムスリップした南方が、現代の医療技術を駆使して江戸の人々を救うというストーリー。

 大沢さんのほか、中谷美紀さんが、吉原一の花魁(おいらん)・野風と、仁が現代に残した婚約者の友永未来。仁の助手として医療の道を志す武家の娘・橘咲を綾瀬はるかさん。内野聖陽さんが坂本龍馬役を演じる。

 歴史好き、特に幕末好きとしては気になるドラマ。
 来年のNHK大河ドラマに関係あるドラマを一足先に民放が放送するというのは毎度の事だが、これは、それとは多少違うかもね。それにしても、来年の大河ドラマの主役である龍馬を、近年の大河ドラマ主役経験者である内野さんが演じるってのは、挑戦的だなと思わずにはいられない。
 で、内野さんの龍馬も、なかなか似合ってそうだなと思う。個人的に「今まで見た龍馬役ベスト1」である、原田芳雄さん(竜馬暗殺)の雰囲気にも似ているし。
 楽しみだ。

サラリーマン金太郎(第1話)を観た

 今夜から始まった、金曜ナイトドラマ「サラリーマン金太郎」
 以前のTBS版では、高橋克典さんがマンガの金ちゃんそのまんまで大好評だっただけに、今回はかなりのプレッシャーがかかっているとは思われるが、永井大さんも、似合ってるよ。高橋さんのを見ずに最初に今回のを観たなら、間違いなく「金ちゃん=永井さん」と刷り込まれるくらいの適役かと。
 設定が、TBS版よりも原作に忠実というのもいいね。
 しかし、美鈴役が井上和香さんってのは、どうにもなぁ。井上さんは好きなだけに、この配役は辛いわ。
 あと、大和会長が宇津井さん。スーツ姿じゃなく、上着が作業着ってのが、土建屋の創業者って雰囲気で、ナイスな演出。だけど、ちょっと頼りない感じがするね。ストーリー上の意図的な事なのかもしれないけど。

 細かい事をいうとアレなんだけども、設定が現代になってるのも、きびしいね。原作から15年くらい経った現在、社会情勢は大きく変わっている。大島や鷹司らの扱いとか、再開発にからむ利権問題とか、談合問題とか、山場の部分が、現代ではかなり崩壊してるもんなぁ。
 あ、全体的には、面白かった。とても楽しめた。

なぁっつかしぃなぁ〜

 水谷豊さんの22年振りのアルバム「TIME CAPSULE(タイムカプセル)」。
 アマゾンで予約注文しておいたんだけど、発売日の5月14日になって、入荷遅れにより20日頃の発送になるとのメールが届いた。楽しみにしていたのに、残念だが、売れているという事なんだろうなと、ファンとして喜び、待つことにした。
 それが、遅れ予定より早く、17日朝に届いた。よかった。

水谷豊 TIME CAPSULE
 この日は出かける予定だったので、夜に聴いた。
 オリジナルカバーっていう形式なのかな。11曲のうち半数くらいは、昔の演奏音源を使っているっぽいけど、全曲、新規に歌い直している。メインタイトルとも言える「カリフォルニア・コネクション」や「何んて優しい時代」などは、現代風におしゃれにアレンジされていて素敵。
 DVD付きの初回限定版を購入したのだが、収録されている「カリフォルニア・コネクション」のPVには感動したわ。「熱中時代刑事篇」のオープングタイトルバックを意識した構成で、とても楽しい。あの早野刑事そのものだよ。ご本人が演じているんだかあ当たり前だけど(笑)。
 アマゾンのカスタマーレビューにもあるけど、残念なのは「表参道軟派ストリート」が限定版には収録されていない事。通常版にはボーナストラックとして収録されているんだよね。なんか、エイベックスらしいえげつない商売方法だなぁと思ってしまう。水谷さんの優しい人柄からして、エイベックスの勝手な判断なんだろうなぁ。このアルバム自体は素晴らしいだけに、本当に残念だ。

TIME CAPSULE(初回限定盤)(DVD付) TIME CAPSULE(初回限定盤)(DVD付)
水谷豊 松本隆 阿木燿子

エイベックスイオ 2008-05-14
売り上げランキング : 4
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

TIME CAPSULE TIME CAPSULE
水谷豊 松本隆 庄司明弘

エイベックスイオ 2008-05-14
売り上げランキング : 83
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これが江戸の真実!?

 今、「江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 」という本を読んでいる。著者は古川愛哲さん。胡散臭いタイトル(笑)が気になり、あえて立読みなどせずに購入した。
 江戸物としては、石川英輔さんの「大江戸神仙伝シリーズ」と「大江戸○○事情」シリーズ」が好きだが、それらとは雰囲気がまるで違う。著者もジャンルも違うので、まぁ当り前だけど。

 帯には「時代劇で見る江戸の町は嘘ばっかり!」と煽り文がある。そんなことは解っているさ、という突っ込みはしないでおくが、タイトルにもなっている「大正時代にねじ曲げられた」という根拠については、ほとんど書かれていないのはダメだろ。でも、なんというか、ちょっとした「裏の部分」みたいな、現代日本人としては眉をひそめるようなエピソードが色々紹介されていて、面白い。
 前述の「大江戸○○事情」シリーズでは、江戸庶民の倹約生活や助け合いなどに焦点を置き描かれているが、同じ事象でも、見かたや解釈によっては対照的になるんだなぁと感じたエピソードもいくつかあって、勉強になったわ。そういう事って、現在の社会生活でもある事だもんね。

 えぐい話もたくさん書かれているので、好き嫌いがはっきり別れる本だろうな。講談社+α新書って、こういう本が多そうだけど(笑)。
 それと、200ページ足らずで800円ってのはちょっと高い。新書となってるけど、体裁はほとんど文庫と変らないじゃん。

江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 (講談社+α新書 381-1C)
古川 愛哲
4062724790
大江戸神仙伝 (講談社文庫)
石川 英輔
4061831178
大江戸えねるぎー事情 (講談社文庫)
石川 英輔
4061854313

スペシャルドラマ「めぞん一刻」を観た

 スペシャルドラマ「めぞん一刻」

 前評判で散々「音無響子役がダメだろ」と言われまくっていたわだが。
 俺の観た印象としては、そうでもなかった。
 いや、伊東美咲さんは、音無響子というイメージではないし、最後まで違和感はあったが、諦めて観たからね。

 これは伊藤さんが悪い訳じゃない。伊藤さんは一生懸命やってたとは思う。ただ、イメージが違うんだよね。

 それと、舞台が原作当時の80年代。下手に現代風にアレンジしたり、レトロ感を過剰に演出するでもなく、設定としては絶妙だった。
 昭和レトロブーム(って言い方は好きではないけど)の昨今、違和感なく見られるんじゃないかな。

 くどいようだけど、音無響子以外の配役は皆適役で、とても楽しめるドラマだった。

なんちゃってHGUC ザク改計画(13)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 右腕が予想以上にすんなり決まったので、気分的に余裕がでてきたな。
 なので、左腕は後回しにして、胸部の工作にかかる。

続きを読む

なんちゃってHGUC ザク改計画(12)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 遂に上半身の加工に着手!(笑)

続きを読む

なんちゃってHGUC ザク改計画(11)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 相変わらずだらだらと製作中。

続きを読む

なんちゃってHGUC ザク改計画(10)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 前回記事以降、あまり作業していないが。

続きを読む

[ラジオ第7回]NeoOfficeを導入

 ねこぱんち統合整備計画ラジオ版第7回

 MS Office互換の無料オフィスソフトの雄・OpenOffice.orgのMacOSX移植版、NeoOfficeを導入。
 
 AQUA準拠のGUIがJavaで書かれているからなのか、起動に10秒くらいかかるものの、立ち上がってしまえば、軽快に動く。
 今のところ、Excel互換のCalcと、Word互換のWriterを使ってみた感想を簡単に。

 Calc。
 日付。全角で入力すると日付ではなく文字列扱いになってしまう。いちいち半角変換するのが面倒。
 あと、以前作成した、平成フォント(MacOS9及びClassic環境の標準フォント)を使っているファイルを読み込むと、一部文字化けを起すことがある。環境設定で、平成フォントをヒラギノフォントに置換設定しておけば、とりあえず問題回避できたけど。
 マクロもなかなか互換性が高そうだ。

 Writer。
 選択部分の段落数・文字数等の情報表示ができないのが辛い。
 編集画面が、印刷レイアウトとWebレイアウトしかない。Wordの「標準」に相当する、ドラフトモードが欲しい。
 印刷モードでもWordより動作がきびきびしているので、テキストエディタ的には使えるが、各段落の左に設定スタイルが表示される方がいい。
 もっとも、ワープロソフトって滅多に使わないけどな(笑)。

 最後に。
 デフォルト設定になるHGフォントってのは、NeoOffice内蔵なの?
 NeoOffice2.x標準のファイル形式はOpenDocumentってんだけど、昔アップルがMacで提唱されてたOpenDocを思い出してニヤリとした。
 OpenDocは、確か、アプリケーション主体ではなく、作成した書類を主体に考え用という、互換性が高く、さまざま流用できるデータ形式。10年以上前にアップルが提唱した(が、すぐに消えた(笑))先進的な仕組みの一端が、現代、やっと認められたとも言えるような気がする。

 バックナンバー(ポッドキャスティングジュースのサイトへ)