X02HTをいじってきた

 近日発売かつ予約(機種変更/買い増し不可、新規のみ)が始まった、ソフトバンクモバイルのスマートフォンX02HT
 やっと店頭に実機が出回ってきて、本当に一般向けにもリリースされるんだという実感が湧いてきた(笑)。

 で、今日、仕事帰りにヨドバシアキバでちょっといじってきたのだが。
 やっぱりキーボードっつーかボタンが小さいなぁ。X01HTでも小さいってのに。しかも、タッチスクリーン(ペンタッチ操作)じゃないから、ボタン操作しかないってのが、なんとも。
 IE、エクセルは動きがもたついた。

 んー、少なくともタッチスクリーンだったらなぁ。QVGA画面ってことは以前使ってたpalmデバイスと同じだし、本体の大きさも概ねこんなもんだったし。

 スマートフォンとしては小型軽量で、安いというのは、悪くないのだが……。新し物好きでPDAオタクの俺でも、これには妥協点が見つからず、興ざめだわ。
 やっはりX01T待ちか。


初めて買ったCD

 TOKA:生まれて初めて買ったCD にトラックバック。

 俺が初めて買ったCD……なんだっけかな。
 20年近く前だよ。
 サザンオールスターズのアルバムだったと思うけど。……そうだ。「サザンオールスターズ 綺麗」だ。
 就職して2年目だかのボーナスで、ミニコンポと一緒に買ったんだ。
 当時は消費税導入前の時代で、ステレオやパソコン、レコードの類いには物品税が掛かってたから、無茶苦茶高かったなぁ。生産性の進歩もあるだろうけど、それにしても、今では3万円くらいで買えるようなミニコンポに10万円以上出したっけ。その割にはCDの音は、従来の樹脂盤に比べると固くてちょっと妙な音がした。
 もちろん、サザンのせいではなく(笑)、まだCD黎明期だったから仕方ない。
 まぁ、それでも「何度聞いてもすり減らないので、テープにコピーしなくて済む。選曲が簡単」ってのは、十分なメリットだった。結局、通勤中にウォークマンで聞くために、テープへのコピーはしてたけど(笑)。
 でも、昔のCDって、今聞いても、やっぱり音が悪いよね(笑)。それはそれで懐かしい思い出か(笑)。

 それと、さらに溯って、小学生の頃、初めて自分で買ったレコードは、「平野雅昭 演歌チャンチャカチャン」だった。
 いやぁ、これ、演歌や歌謡曲のサビの部分だけを「チャーンカチャンチャンチャンチャン」ってフレーズを挟んで続けただけの曲なんだけど、アップテンポで大ヒットした。
 ってのは強烈に印象に残ってるんだけど、歌った人の名前はどうしても思い出せなくて、Google検索して調べた(笑)。
 なぜ、当時このレコードを買ったか記憶にない。一応「演歌」だし。当時から流行物好きだっただけかな(笑)。
 やばい。時間タイムラー向けのネタだったか?

綺麗
サザンオールスターズ 桑田佳祐

ビクターエンタテインメント 1998-04-22
売り上げランキング : 7,492
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ねこぱんち!
→TOKA:生まれて初めて買ったCD
→BLOG STATION:初めて買ったレコード or CD(2005.02.21追加)


龍馬の写真は焼き増し可能だった!?

 龍馬の写真は「種板方式」 歴民館の調査で判明(高知新聞 2004/05/30)

 龍馬は、写真入り名刺を量産して、意気投合した志士たちに配っていたかもしれない。
 当時、ガラスは貴重品で、写真原版に使われたら、すぐに溶かして再利用さることが多かったそうだ。
 でも龍馬の写真(桂浜の像のモデルになった写真)は、「種板方式」という、複数印画が可能のもので、しかも、写りにくい陰影を筆で細工した跡があることが、このたび解ったって。
 写真彩色とは違って、ネガみたいな原版をいじって、それを複製するんだよね。
 今で言えば、Photoshopでスクラッチやノイズを除去するようなもんかな。
 そえはともかく、写真入り名刺を配ってたなんて、さすが、新し物好きの龍馬だ。