久しぶりに大きな痛風発作が

 12日の土曜日、飲み会の帰り道で、なんだか右足の親指に少し疼痛を感じた。その日は、そんなには飲んでいない。ずっとハイボールにしていたしなぁ。まぁ、日ごろから焼酎で晩酌はしているのだけれでも。
 とにかく、翌日(成人の日)はまったく痛みもなく、すっかり忘れていた。ところが!来たぜ、23日(水曜日)の明け方に激痛が。
 まだ普通に歩けるし、その日は職場で重要な話があったので、頑張って出勤したものの、昼過ぎから右足親指の付け根がズキズキ。
 鎮痛剤レトラック(ロキソニンのジェネリック処方薬)を飲んでなんとかしのぐ。
 帰宅した時には、右足はパンパンに腫れていた(><)  湿布と鎮痛剤でしのぐが、歩くこともままならず、結局、痛みが和らぎなんとか歩けるようになったのは昨日。今日には腫れもひいてきた。  やれやれ。約4年ぶりの大きな痛風発作だった。


ザクとうふ

 今日発売とは知っていたが、「豆腐かよ」と思って二の足を踏んでいた、その名も「ザクとうふ」を、嫁さんが——別に俺が言った訳でもないのに、スーパーで自分で見つけて——買っておいてくれた。さすが、伊達に俺と二十年以上付き合ってないな!(笑)

20120328_zaku-touhu0
 相模屋というところの製品。量産型ザクをイメージして、枝豆のとうふだって。

20120328_zaku-touhu1
20120328_zaku-touhu2
 これは、ランバ・ラルの名台詞「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」の引用と思われるので、ちょっと違和感。
 いわゆる「絹ごしとうふ」ではなく「充填とうふ」だからだそうだが、そこは別にアピールしなくてもよかったんじゃね?まぁ、粉飾記載するよりははるかにいいし、好感だけどな。

20120328_zaku-touhu3
 あけると、こんなのが入っていた。どう見ても、ザクの頭。それ以上でもそれ以下でもない。つーか、意外によく出来てるな。

20120328_zaku-touhu4
 数量限定で、「ヒートホーク型スプーン」が付属してた。これが欲しい人は、早めの購入をおすすめする。
 このヒートホーク・スプーンが、これまた素晴らしい造形なんだわ。ガンプラHGUCのパーツからスケールアップして作ったような気がしないでもない。

20120328_zaku-touhu5
 で、とうふ本体の裏というか、開封面。ここにも栄光のジオン公国紋章がある。開封を前に、未の引き締まる思いだ。ジーク・ジオン!

20120328_zaku-touhu6
 とうふ中身を、皿にあける。枝豆を原料にしているとあって、普通のとうふより緑色してる。
 そして、食べると、確かにしっかりした枝豆風味が! そして食感もしっかりしていて、キャラクタ物というか食玩程度と思っていたが、こりゃやられたわ。
 この舌触り、これぞとうふよ!

 しかしね、なんかこれ、直径約7センチ200gもあるのよ。焼酎お湯割りを飲みつつ食したが、それでもひとりで食うには、ちょっと飽きる。嫁さんと一緒に食ったよ。

 ともかく、意外の連発で、おいしく戴きました。


クリスマスイブ

 まぁ、家でまったりと過したのだが。もちろんそれは幸せなことなのだろうなと思う。
 家飲みだと、そんなに量を飲まなくても酔うことがあるよね。気分(機嫌)がいい時はなおさら。
 今日は、ワイン1本のうち3分の2くらいと、焼酎を2合くらいかな。
 まだテレビを見ながら最後の一杯(焼酎水割り)を飲んでいるけど、そろそろタイピングも怪しい(笑)。
 ぐだぐだ。おやすみなさい。

にゃあ
 ※写真はイメージであり、本文とは関係ありません。


とうきびチョコ

 北海道から上京した友達から、おみやげをいただいた。
とうきびチョコ

とうきびチョコ
「とうもろこしがそのままチョコになっちゃいました。雄大な大地で育った新鮮なコーンをフリーズドライにして、ホワイトチョコレートを浸透させた、まったく新しい新食感チョコです」
 とのこと。
 うむ。チョコというよりコーンだね。美味。ドライフルーツの感覚に近いかな。
 焼酎のつまみにいただいてます。


調子が出ない

 三連休明けという事もあろうが、どうにも気分がすっきりしない。10月中旬にもなろうというのに、昨日今日はすごく蒸し暑いしな。
 それに、昨日・一昨日は、猛烈な胃痛だった。
 もっとも胃痛に関しては、土曜日に参加した飲み会で、通常の三倍は飲んだなぁと思うので——焼酎のみだったので二日酔いにはならなかったが——自業自得なのは言うまでもない。
 17日には、来年度また挑戦する国家試験のための早期講習が開講するので、調子を整えておかないとな。


あんずボー

あんずボー

 あんずボー。
 買物に行ったスーパーで見つけて、懐しくなったので、つい大人買い(笑)。
 5本入り88円(税込み)って安い。さすが駄菓子。俺がガキの頃は1本5円とか10円だったけどね。

 もちろん、凍らせて食べる。
 それと、外袋の裏に書いてあった「成人用」も試してみた。
 凍らせたあんずボーを2本程度焼酎に入れて、あんず割り。うん。予想以上に美味いな、これ。


プリン

 仕事帰りに、スーパーでカスタードプリンを買ってきた。70gのが4個入り(家族で1個ずつ (^^))。
プリン
 ガラステーブルの下で、にゃあが狙ってる!?
 この記事の主役はプリンなのに……。

 閑話休題。濃厚ながら口どけとろり。美味しいプリンだったよ。
 焼酎お湯割りには合わなかったけど(笑)。


山利喜@森下

 昨日、森下にある山利喜へ行った。本館は改装のため仮店舗営業、やきとんがないらしいので、新館の方へ。
山利喜
 17時開店なので、ご一緒していただいたキングピンホールさんと16時45分に森下駅で待合せし、すぐ近くの新館へ行ったのだが、すでに40人くらい並んでいる。相変わらず人気ある。ちなみに、土曜日は予約不可。
山利喜
 この店の名物「煮込み」。もちろん玉子入りを注文。あとガーリックトースト(写真撮るの忘れた)もね。
 フランスでのシェフ修行経験があるという三代目の現店主が改良した煮込みは、良好なワインを惜しげもなく投入してじっくり煮込んだそうで、豚モツとは思えない美味さ。大げさではなく、本当に口の中でとろけるような食感。
 これにガーリックトーストが絶妙にマッチするんだよね。
 ワインを注文している客も多かったな。
 俺たちは焼酎だったけど。
山利喜
 店オリジナル銘柄の麦焼酎。飲みやすく、ふたりで1本、あっという間に空けてしまった。俺が3分の2くらい飲んだんじゃないだろうか? ごめんなさい(笑)。途中の記憶が飛んでいるだけど(笑)。
 やきとんも食べた。これも美味かった。
 あとメニューで気になったので注文したのが「フランス産うずら(半身)」ってやつ。
「うずらの玉子って、すごく小さいですよね。それの半身って、どんな量なんだろ」
「550円って結構な値段だし。フランス産の超高級なんでしょうかね」
 などと話をして待っていたのだが、出て来たのは、てりやき。
山利喜
 勝手に玉子だとばかり思い込んでいたので、これを見て二人で爆笑してしまった。
 味は、チキンと変わらなかった。

 キングピンホールさんとご一緒すると、ついついガンダム話で盛り上がってしまう。楽しかった。
 山利喜は5〜6年ぶりだったけど、相変わらず美味かった。ガンダム話もたくさんできた。満足、満足。

 この後、もう一軒で軽くやって、解散。


今日のタスク

□かもめーる100枚購入。
 引越のお知らせを兼ねて、暑中見舞いを出す。

□イーバンクから全額引き出し、ジャパンネット銀行へ入れる。
 イーバンクが来月から入出金手数料無料が事実上無くなるに等しいので、見切る。

□焼酎買う。


お湯割り

 東京は、昨日今日と涼しい。5月中旬だってのに、気温が20度未満だぜ。
 涼しいどころか、ちょっと寒いくらいなので、焼酎、お湯割りを飲んでいる。
20080513_tenki.png
 上記は、この記事投稿直前に確認した、ダッシュボードのweatherウィジェット。 ありゃ。雨振ってるのかよ……ほんとだ(今、窓の外を見た)。