TUNEWEAR eggshell for iPad mini fits Smart Cover

 iPad mini用のケース。アップル純正の風呂フタと一緒に使える物として、TUNEWEARのeggshell for iPad mini fits Smart Coverのクリアをアマゾンで予約注文していたのだが、入荷予定が2回も延ばされて、もう我慢できないので、同製品のスモーク(これも在庫5個だった)を注文。
20121123_eggshell-1

 早速装着。お。アップルマークがうっすらと見えて、スモークもかっちょいいかも。
20121123_eggshell-2

 当然、スマートカバーを装着する部分は欠きこみされている。んで、そこに貼る保護シールも付属しているという親切さ。
20121123_eggshell-3
 このシールは、荒い梨地で、スマートカバーの機能を邪魔せずいい感じではあるのだが、これ、幅がギリギリなため、iPad mini本体の表面側の縁ピッタリに合わせて貼ると、eggshellの縁側からはがれてくる。なので、1mmくらい背面側にして貼り、eggshellに噛ませるようにした方がいい……ってな説明は、文章だと難しいな(笑)。
 まぁ、貼らなくてもいいかもしれないシールかもね。

 総体的には満足の保護ケース。


現状のままだから難しいのでは?

 ドコモ社長、iPhone導入「現状だと厳しい」(日本経済新聞 2012.04.27)というニュース。

ドコモが独自に展開するスマホ向けコンテンツ配信サービス「dメニュー」などをiPhoneでは展開しにくいことなどを理由に「スマホの半分以上は(米グーグルの基本ソフト)アンドロイドで自由にできるものにしたい」と戦略を説明。

 なんだか、いかにも「元お役所」的なコメントだわね。iPhoneを獲得できない言い訳ともとれる。

 俺は東京デジタルホン時代からずっとキャリア変更はしていないので(コロコロと経営元や社名・ブランド名は変ったが(笑))贔屓目で見てしまうかもしれないが、しかしキャリア独自のサービスなんかほとんど使えずおサイフケータイ機能もないiPhoneを2008年7月からずっと使っていて、特に不満はないぞ。
 まぁ、禿茶瓶はちょっと胡散臭いし(笑)、ソフトバンクの電波品質問題は満足とは言えないが、そもそも「ドコモより維持費が安いしノキアなどのカッチョイイ電話機がある」という理由で当時の東京デジタルホンを選んだので、その時代から比べればかなり良くなっている。さらにボーダフォン時代の暗黒期に比べれば、今のソフトバンクは天国だ。

 通信機器なので電波品質の問題は重要だが、魅力が繋がりやすさだけじゃなぁ(笑)。


五反野「上海亭」

 先日、まち歩きオフ会を開催し、それに参加した。五反野から北千住までの行程だったが、それについては別途記事をあげる予定。
 で、13時の集合前に昼食をとったのだが、入ったのは、五反野駅から徒歩5分くらいの、上海亭というお店。
五反野上海亭
 まちの中華料理屋さんだが、店内は明るくて綺麗で、中華料理屋特有のギトギト感は少なく、気持ちよかった(笑)。

 注文したのは、担々麺+半チャーハンセット。
五反野上海亭
 量が多くて安い。もちろん旨い。
五反野上海亭
五反野上海亭
 それほど辛くなかったなぁ。でも、満足。
 今度は「ぶたまん」も食べてみたい。ぶたの顔の形をした小さいぶたまんらしい。


初めての一桁だったわけで……。

 んー、10月の記事投稿は9件……。このブログを始めて以来初の一桁だった。
 別に書くことをノルマにしている訳では無いし、また、書くことがないわけでもない。まぁ、某所でつぶやいているだけで満足しちゃっているというのが大きな原因であることは否めないな。
 つーか、某所で1件を140文字に納めるような推敲力が養われたように思うので、最近はちょっとした文章を書くのも読みやすくするように努力しているんだよ。って、その結果は俺意外の人が判断するものだけれども(笑)。
 それを、ブログ記事の記述——だらだら書くのではなく、もっと読みやすく整理された文章を書く——に役立たせないといかんな。もっと勉強しないと。いろいろと。


iPad用ケース2種類購入

 先日、iPad用のケースを2種類購入した。今までにも、クリスタルケースと、他に安いものを2つ購入したんだけど、クリスタルケース以外は、どうも気に入らない。
 今回は、発売を待ちわびた物で、家電量販店で見つけて、即買い。

 ひとつは、SimplismのCrystal GABAN case(クリスタル画板ケース)。同じSimplismの先発商品クリスタルケースを使用し、とても満足しているが、これは、その名のとおりクリスタルケースの四隅にストラップ取付部がついたバージョン。
 付属のストラップをつければ、肩掛けや画板スタイルでiPadを使用できる。まち歩きなんかで便利かな。

iPadケース

 もうひとつは、TUNEWEARのFull Leather Vellumcase(ベラムケース)。牛本革を使用したスリーブケースで、他のケースを装着したiPadも収納可能。実際、クリスタル画板ケースを装着したiPadも入った。四隅に突起があるにも関わらず、キツキツではなく、ひじょうに収まりがいい。スリムなのに、素晴らしい。iPadを取り出した時は、丸めて傾斜台としても使える(笑)。

iPadケース

 ベラムケースに付属のハンドストラップも同じ本革でしっかりした作り。これをクリスタル画板ケースに付けても、いい感じだ。
 安くはないけど(この仕様のわりには安いのかもしれないけど)、所有欲を満たしてくれる良品。買って良かった。

iPadケース


バスタブ電池、2日目。

 Pocket WiFi用大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」の使用2日目。
 初日に引き続いて、購入直後の充放電初回サイクルの完全放電運用。

 昨日朝、出勤する時に、Pocket WiFiの電源を入れて、そのまま携帯した。
 設定は相変わらずWiFiは常時オン、3Gは無通信5分経過で自動オフ。iPhone3GS(iOS4)を「モバイルデータ通信オフ」で利用。

 まずメールチェック。出勤中は、地下鉄の中で約30分のうち断続的にRSSリーダーやらトラバターやらでネット接続。勤務中は、不定期にEvernoteにアクセスしたり、1時間に1度程度メールチェック(手動受信に設定)したり。

 帰宅した時点で、前日と合わせた稼働時間は約20時間、3G接続時間は約4時間半。バッテリー残量表示は1/4。凄い凄い!
 嬉しい事だが、なかなかバッテリーの完全放電が済まないので(笑)、その後も電源を入れっ放しで、なるべくiPhone、iPad、MacBookでもPocket WiFiにアクセスするようにしていた。

 そのまま寝てしまい、深夜3時10分頃に起きて見たらローバッテリー警告が点滅。ここで稼働計27時間程度。また寝てしまい、4時20分に再び見たら電源が切れてた。充電アダプタを接続し管理情報を確認すると3G接続9時間半持続か。そんなに使ったかな。7時間位の感覚なんだが。バスタブ電池を入れた直後に履歴をクリアしたのは確かだ。何度も確認したが、間違いない。

 6時間経過した頃に満充電になった。取説では、満充電まで12時間と記載されていたし、初回なのでもう少しアダプタを繋いでおく。流石に12時間は多くて怖いので3時間足して計9時間充電とした。

 これで、購入直後の初回完全放電&完全充電の「おまじない」は終わり。
 それにしても、予想以上の持続時間だな。満足満足。買って良かった。


まだほとんど走っていないけども

 別に、ブームに影響されたとか最近始めたウォーキングからの流れで運動用にというわけではないけど、クロスバイクを購入した。
 息子の自転車を買い替えるのと一緒に、ついでに俺のも買おうかと。
 楽天で売上げ上位にあって評判も良さげな(でも、俺は知らないような国内メーカーの)やつだけど、正直に言って、格安品。2台で5万ちょっとだった(笑)。
 自転車を通販で購入するってのは多少の不安もあったが、ショップの対応もよくて、満足。
 今まで乗っていた重量18キロくらいあるギア無しシティーサイクルに比べれば、これでも乗り心地は雲泥の差。軽いし坂道も楽々だし。
 マニアの方々から見たら、こんなのクロスバイクじゃないと言われそうな物だが、今まで1万円以下のシティーサイクルに乗っていた身としては、まずはこれでいい。そんなに乗り回すわけではなく、週末の街乗りだしね。
 もしも物足りなくなったら、その時にもっといいのを買えばいい。
 いずれにしても、本人が満足しているのだし、これでいいのだ。


歩き2日目

 今日も、少しウォーキングをしてきたよ。雨が降りそうだったので、夕飯前の17時頃スタート。
 昨日より少しペースをあげて、4.2キロを30分で。
 しかし、これでiPhoneアプリでの計測では平均時速5キロだってのが、ちょっと納得いかないんだけどな。距離と時間から換算するんじゃなく、GPSでの距離記録時毎の計測を集計してるのかな。それだと、確かに信号待ちなら速度ゼロってのもあるしねぇ。
 まぁ、距離と時間が正確に記録されていて歩行ルートはGoogleマップにプロットされて参照できるので、無料のiPhoneアプリとしては、満足かな。

 あとは、毎週続けられるか、だね(笑)。


山利喜@森下

 昨日、森下にある山利喜へ行った。本館は改装のため仮店舗営業、やきとんがないらしいので、新館の方へ。
山利喜
 17時開店なので、ご一緒していただいたキングピンホールさんと16時45分に森下駅で待合せし、すぐ近くの新館へ行ったのだが、すでに40人くらい並んでいる。相変わらず人気ある。ちなみに、土曜日は予約不可。
山利喜
 この店の名物「煮込み」。もちろん玉子入りを注文。あとガーリックトースト(写真撮るの忘れた)もね。
 フランスでのシェフ修行経験があるという三代目の現店主が改良した煮込みは、良好なワインを惜しげもなく投入してじっくり煮込んだそうで、豚モツとは思えない美味さ。大げさではなく、本当に口の中でとろけるような食感。
 これにガーリックトーストが絶妙にマッチするんだよね。
 ワインを注文している客も多かったな。
 俺たちは焼酎だったけど。
山利喜
 店オリジナル銘柄の麦焼酎。飲みやすく、ふたりで1本、あっという間に空けてしまった。俺が3分の2くらい飲んだんじゃないだろうか? ごめんなさい(笑)。途中の記憶が飛んでいるだけど(笑)。
 やきとんも食べた。これも美味かった。
 あとメニューで気になったので注文したのが「フランス産うずら(半身)」ってやつ。
「うずらの玉子って、すごく小さいですよね。それの半身って、どんな量なんだろ」
「550円って結構な値段だし。フランス産の超高級なんでしょうかね」
 などと話をして待っていたのだが、出て来たのは、てりやき。
山利喜
 勝手に玉子だとばかり思い込んでいたので、これを見て二人で爆笑してしまった。
 味は、チキンと変わらなかった。

 キングピンホールさんとご一緒すると、ついついガンダム話で盛り上がってしまう。楽しかった。
 山利喜は5〜6年ぶりだったけど、相変わらず美味かった。ガンダム話もたくさんできた。満足、満足。

 この後、もう一軒で軽くやって、解散。


ピタッとはり付く極薄タイプ

 普段、リビングのガラステーブルでMacBookを使っている。ガラスなので、レーザーマウスや光学マウスを操作するにはマウスパッドが必須。だとはいえ、小さいテーブルなので、あまり大きいマウスパッドは邪魔になる。
極薄マウスパッド
 で、ウルトラスリムマウスパッドってのを買ってきた。
 126ミリ×87ミリ、薄さ0.18ミリと、本当に小さく、マウスとほとんど変わらない面積。でも、マウスを動かす時は、手のひらの手首あたりをテーブルに付けてそこを軸にし、マウス自体は数センチ程度しか移動させないので、これだけの面積でも意外と操作に困らない。使わない時は、MacBookに貼付けておけばいい。
 1枚400円くらいと安かったし、満足。
(アマゾンでは売ってないみたい)