iPadが届いた

 5月11日にオンラインのアップルストアに予約注文した iPad が、昨日28日に届いた。

iPad

 購入したのは、Wi-Fi 32GBモデル。3G回線(ソフトバンクの携帯電話回線)モデルは店頭予約しかできなかったので出向くのは無理ってのもあったけど、iPhone を使っているし、外に持ち出すとしても路上で使う事はあまりないだろうと。
 んでもね、実は、iPad購入の準備で Pocket Wi-Fi(ソフトバンク版)を既に契約済み(笑)。

iPad

 さて。Amazonに合皮のブックカバー風ケースを注文しているんだけど、まだ届かないので、とりあえず昨日、ヨドバシアキバで Simplism の クリスタルカバーを買ってきた。液晶画面保護シートも付属しているので、表裏を保護できる。
 iPhone用のを愛用していて、性能については不安はなかったが、やはりいい感じだ。
 本体の美しさを損なわず保護できる。

iPad

 液晶保護シートを貼るのは、自信があるんだ。もちろん、風呂場で全裸で貼る。
 気泡混入ゼロ。

iPad

 基本的にiPadでもiPhone用アプリはほとんど動く。「ほとんど」というのは、カメラやGPSなどiPadに物理的に搭載されていない機能に頼るアプリは無理だという事。
 充電マニアとしては(笑)、バッテリーログもそのまま動く(今のところ正常動作している)のは嬉しい。

iPad

 iPadと同時に注文してあった Apple Wireless Keyboard をBluetoothで接続すると、文字入力が格段に便利になる。
 まだiPad本体を立てて置けるケースが届いていないので、実際の作業はやりにくいけどね(笑)。

 もう少し使ってみて、あらためてレポートを書こうと思う。


毒物入り冷凍食品

 中国製の冷凍食品に猛毒の農薬が混入していた事件。
 JTや生協など、信頼感のあるブランドで一般販売や業務用として流通していた商品だ。
 100種類以上の商品の自主回収が発表されている。うちの冷蔵庫にも、該当品のロールキャベツがあったよ。昨晩、ニュースを見て家族で大騒ぎになった。未開封でいてよかった。
 嫁さんに弁当を作ってもらって仕事に持っていく日もあるので、もしかしたら食べていた可能性も大きいぞ。っつーか、当然、食べるために買ったんだしな。

 冗談じゃないよ、全く!

 それにしても、なぜこんなに猛毒の農薬が混入したのかが謎らしい。恐ぇ。


吉野家の牛丼、今度こそ復活?

 吉野家 9月にも牛丼復活 当面は値上げ、数量限定 (2006.06.21 Yahoo!ニュース) というニュース。

 BSE(牛海綿状脳症)の発生で、他の牛丼チェーンがオーストラリア産などで販売再開に踏み切る中、同社は米国産以外は今後もほとんど使わない構え。

 吉野家は米国産牛肉に拘っているからね。
 それはそれでポリシーとして結構なことではあるけど、相手はバカだからねぇ。また危険部位が混入してくる恐れはある。
 吉野家の牛丼のファンなので、痛し痒し。

 っつーか、米国が極普通な人情をもって対応してくれれば、それだけで解決する話だと思うんだけど。

 よしぎゅう、食いてぇ!