モビルスーツのザクを3機もか!? わかった、まわす!

 いや、3機じゃなく2機だけどな(笑)。
 近所のスーパーに、まだカップヌードル付ガンプラ、もといガンプラ付カップヌードルが何個か残っていたので、ザク2個を追加確保。
カップヌードル ザク
 ひとつは保存、ひとつは合わせ目消しと部分塗装までこだわって作ってみる予定。


作るかい?

 出荷日早々に、仕事が忙しいにもかかわらず残業1時間で退社し買っておいた、HGUCサザビー(1/144サザビーHG)。
 それをパチ組みしてみた。

HGUCサザビー
 プロポーションや色分けもさることながら、何この組みやすさ!
 巧妙なパーツ割りで合わせ目消しの必要が不要。さらに、ほとんどのゲート切断跡は組み立て後には目立たない部分にある。それでもいくつかある目立つ部分のゲート跡も、広い凸面にあるので、ヤスリ掛けも簡単(コスト削減のためか、最近のガンプラはランナーやゲートが細くなってるから、なおさら簡単かと)。
 各ブロック、組み立て後に取り外し可能で、いわゆる「後ハメ可」。当然スナップフィットキットなのだが、接合ピンをカットしなくても、絶妙な接合強度で、数回の分解・再組立をおこなっても問題なさそう。そもそも、(通常はピンを切り飛ばし)何度も分解・再組立をやるような人は最終的には接着処理をするのだろうから関係ないかもしれないけど、接合ピンのカットと、それに伴う仮組み時のマスキングテープ固定っていう工程が不要ってのは、かなり楽。

 スカート先端のスラスターが一体成形で黄色になってないとか文句いう人がいるかもしれないけど、そんなの、ガンダムマーカーでちょちょいと塗ればいいじゃんね。贅沢だよ。旧キットを体験してから言え! って思うね(笑)。

 ってことで、このHGUCサザビー。ガンプラ入門用キットとしてもお薦めできる、素晴らしい製品だと思う。

HGUC 1/144 サザビー HGUC 1/144 サザビー

バンダイ 2008-06-28
売り上げランキング : 110
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


HGティエレン、組立て終盤

 相変わらず無塗装素組派のくせにチンタラ作っているHGティエレン。
 合せ目消しやら、メラミンスポンジでの表面処理やらまで済んで、ちょっとした細かい工作に入る。
「接着剤むにゅ作戦」による合せ目消しとパーティングライン及び簡単なヒケ修正のためにペーパー掛けした後、全身にメラミンスポンジ掛けると、いい感じになるねぇ。水つけて搾ったフィニュッシュクロスで軽く拭きとれば、もうこれで表面処理完了。無塗装派のお手軽工作(笑)。

ティエレン
 閑話休題。細かい工作……ってほどでもないんだけども、今日はモノアイの加工。定番工作で、俺も今まで何度も施してきた作業だけど、こんなに小さいのは久し振りだわ。
 まず既存のモノアイ状モールドを切除するのは当然として。
 次に、Uバーニア(フラット1)の3ミリとHアイズの2ミリ(共にウェーブ製の補助パーツ)を充ててみたんだけど、これでもかなり大きい。
 結果的にはモノアイのモールドがあった部分を2ミリのピンバイスで少しえぐり、その中をガンダムマーカーのメッキシルバーで塗装、Hアイズ1.8ミリを埋込み、流し込み接着剤少量をつけて完了。
 この程度の事に1時間くらいかかってしまった。元のモールドのまま蛍光ピンクとかを塗り付けるだけでもいいね。ティエレンのモノアイは小さいので、完成後はあまり目立たないし(笑)。


HGティエレン、仮組み中

 ガンダム00に登場する、人革連(変換が面倒なので単語登録してしまったよ(笑))の量産型MS、ティエレン。その1/100標準キットであるHGの仮組みを進めている。

HGティエレン
 とりあえず、合せ目確認のために、上半身と右足の仮組みを行った。頭、前腕、太もも、ふくら脛の合せ目消しは必須。上腕のそれは目立たないので今回はサボるつもり。まぁ、例のごとくバンダイ驚異のメカニズムにより製造されているので、パーツ合わせは極良好。「接着剤むにゅ」だけで良いだろう。

 ティエレン、いいわ。なんでも視聴者のうちオッサン連中には人気が高い期待だとか。人革連っぽい野暮ったさ炸裂。いや、主役のガンダムマイスターどもの機体なんかより数段カッチョイイと思う。ガンダムのうちヴァーチェはまぁマシなデザインだが。
 それにしても、この安彦足鳥足がたまらんのぉ。


HGUC ハマーン専用ガザC 製作(1)

 しばらくは特に作りたいガンプラも発売されないので、ハマーン専用ガザCを作る。

B000EGD458 1/144 HGUC AMX-003 ガザC(ハマーン・カーン専用機)

バンダイ 2006-04-09
売り上げランキング : 2201

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 今日は、両脚と腰を組立てた。


 脚と腕は、全体的に合せ目消しが必要。しかも曲面ばかり。うひー、面倒くさい。
(……なんて事を言っていては、次に作業予定のザクFZ+HGUC旧ザクのニコイチなんかできねーぞ!)

20060720-gazac-2.jpg
 股関節は椀状ポリキャップ&ボールジョイントではなく、筒状のポリキャップ。太股に回転軸が設けられている。
 この太股上部の回転パーツをはめるのは、少し苦労した。

20060720-gazac-3.jpg
 太股下部は、合せ目消しのために接着剤を使って固定安置したが、そうしたら、回転パーツをはめるのが凄く固かった。
 凹みの内側ヘリを、様子をみながら、デザインナイフの「カンナがけ」の要領で少し削ってやる。上部回転パーツ自体はポリキャップ接続されるので、凹ヘリは多少ゆるめまで削っても大丈夫。


ゴーストファイター HGUC ヅダ

HGUC 1/144 EMS-10 ヅダ」の素組完了。
 って、最近、いつも素組完了以後の報告記事を書いてないような気がするが(笑)、まぁ、いいや。
 ヅダは、旧ザクに続いて「カトキハジメさんが関わっていない」HGUCだが、そもそもがフルCGアニメ「MSイグルー」に登場したMSで、当然デザイン時点でCAD等で処理されていたであろうから、ほとんど劇中のイメージそのままで模型化されている。


 それにしても、このキット、それ以外にも、HGUCシリーズとしては趣の異なる内容になっている。
 パーツ数は少ない。色分けは少ないので、設定通りのイメージにするなら塗装は必須。その前に腕も脚も合せ目あり。うまく目立たないようにはなっているし、バンダイの成型技術は素晴らしいので、スナップフィットで組立てた後にヤスる程度でも、合せ目は見えなくなる。
 というか、全身にスジ彫りモールドや細かい突起がたくさんあるので、常套手段である「接着剤はみ出し作戦」をやると、かえって面倒くさくなりそう。

 なので、俺は、このキットは、合せ目消しはしないつもり。

20060621ems10-2.jpg
 特徴的な、バックパックの「土星エンジン」は、基部をゴールド、バーニア部をメッキシルバーのガンダムマーカーで塗装してみた。
 うーん、存在感あるねぇ、このバーニア。

 いやぁ、本気で作ろうとすると、腕は全部後ハメ加工しなきゃならんのだろうけど、肩に仕込まれた「四重関節」のせいで、うまく後ハメ加工方法が見つからなかった。俺のスキルの限界だな(笑)。
 明日、ポイント塗装と墨入れするだけで仕上げる。
 まともな塗分けなんか、おやじガンプラーには手に負えないし(笑)。
 最近のガンプラとしては、手ごわいキットだよ。

HGUC ヅダ HGUC ヅダ

バンダイ 2006-06-11
売り上げランキング : 1287

Amazonで詳しく見る by G-Tools


間合いが遠いわ! HGUC ザクI(旧ザク)

 先日、MG ギャンと一緒に買ってきたHGUC ザクI、通称「旧ザク」
 こっちを先に組んでいたのだが。
 素組と、脚及びショルダーアーマーの合せ目消しを終えた。
 ちなみに、「ザクI&ザクII」ってぇより「旧ザク&ザク」って呼びたい拘りを持つね、俺は。

[写真クリックで拡大表示]
 閑話休題。
 HGUC旧ザク、この出来の良さは何だ!?
 毎度のセリフで恐縮だが「バンダイ驚異のメカニズム」だよ!

 プロポーションも最高だし、「腰が360度回転するザク」は、1/144のザク改(ポケ戦のMS-06FZ)以来じゃないかな。まぁ普通のザクIIは腰〜バックパックの動力ケーブルの関係で360度腰回転は無理なんだけど。

 ガンプラ初期も、後にリリースされた旧ザクの出来が良くて、これを量産ザクに改造するってのが流行ったけど、今回も、それが流行りそう。
 っつーか、俺は、HGUCの旧ザク&ハイザックのニコイチを基にしてザク改をミックススクラッチしたいなぁ。
 ポケ戦1/144ザク改のキットが再販してくれると一番いいんだけど、なかなか出ないよね。人気ないのかねぇ。
「ガンダムを破壊した唯一のザク」なのに。

 いずれにしても、当面の1/144ザクにおける最高峰だと思う。何個かストックしておこうかな。改造素材としても秀逸だよ。昔、MSVのザク・マインレイヤーも、ザク素体として10個くらいストックした時期があったのを思い出した。

1/144 HGUC MS-05BザクI
1/144 HGUC MS-05BザクI

Amazonで詳しく見るby G-Tools


腕がなまったなぁ

 先月末に買ったザクタンクのキット。
 一昨日から作りはじめた。


 多色成形じゃないのは当然として、スナップフィットじゃないので、接着剤必要。ポリキャップなし。前後に分割されたボディに頭や腕を挟み込んで、ボディを接着。
 昔はこれが普通だったし、今でもスケールモデルはこうなのだが。
 ほとんどガンプラしか作ったことがないので、その組立てやすさの向上とともに、無塗装素組の方が普通になっていた俺。
 かなり腕がなまってるよ(笑)。

060411zakutank-2.jpg
 今日は、一昨日接着した頭の合せ目消しを行った。こんな作業ごときに、1時間もかかっちまった。
 はぁ〜。

Tag(s) [ガンダム][ガンプラ]


これで終わりにするか続けるか、びといん!


 1月末発売予定のHGUCドム/リックドムまで、作りたい新作キットがないので、キュベレイを製作中。
HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 キュべレイ

HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 キュべレイ
バンダイ
売り上げランキング : 1,378

おすすめ平均 star
star1999年に発売されたものですし
starMGよりやや劣るも
star顔が小さい

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 このキット、たぶん4回目。過去3回は知人に贈呈した。
 初期の「ベストメカコレクション」(笑)の1/144ガンダムやザク、シャアザクに次ぐ製作回数かもしれない。もっとも、ザクは20個くらい作ったので別格だが(笑)。
 キュベレイって、飾っておいて映えるよね。
 HGUC初期のキットで、パーツ数が少ないので簡単だし。
 意外に、合せ目消しは太股と全腕だけで済む。複雑な曲面なので、ヤスリをかけるのは上級行程だけどね(笑)。
 相変わらず素組部分塗装仕上げ。でもコンパウンドで全身ピカピカに磨いているよ。

 あぁ、白いガザCがでないかなぁ(笑)。

Tag(s) [ガンダム]


HGUCマラサイ製作経過

 HGUCマラサイの本日の作業。先日接着してあった肩アーマーと、クチバシの合わせ目消し。
 この肩アーマーのヤスリ掛けは、一番好きな工程だ。ザク(マラサイも、ザク系MSの発展形ということで)の特徴だしね。
 クチバシは、いつもてこずる。ノズル内のスリットなんて、合わせ目消せないよ。技術力の無さを思い知らされる箇所だ(笑)
 それと、定番加工。腰アーマーの左右分割。突起がついているので、中央でカットするだけ良く、フンドシから外れない。これで、左右が独立可動する。
 しかし、なぜ、最初から別パーツになっていないんだろうっていつも思う。

Tag(s) [ガンダム]