粋(いき)は深川、鯔背(いなせ)は神田

 先日、ふいに、20年くらいまえにテレビで放送されたドラマを思い出した。
「大江戸神仙伝」って作品。
 ネット検索したけど、ビデオ化されてなさそう。
 代替策として、アマゾンで探してみたら、原作本が見付かった。

大江戸神仙伝
石川 英輔
4061831178
 うぉ。石川さんだったのか!
 以前、職場の研修で、環境問題について、石川さんの講義を聴いたことがある。
 その時のテキストに含まれていたのが、氏の著作1点で、雑学としても興味深く読ませていただいたのが、この「大江戸えねるぎー事情」
大江戸えねるぎー事情
石川 英輔
4061854313

 それはともかく、「大江戸神仙伝」を購入して、読んだ。

 主人公・速見は、元製薬会社研究員のフリージャーナリスト。突然250年前に転時(タイムスリップ)して、江戸時代で生きていく。
 現地では重病だけど昭和ではビタミン不足が原因と判明している脚気の特効薬を提供したことにより、信頼と尊敬を受ける。
 まぁ、それが大まかなストーリーだが、作者の石川さんが、江戸時代のエコロジーについての研究者ということで、そっち方面の描写に力を注いでいる。
 各章は、主人公の一人称による描写と、それを補足する解説風のが交互になっていて、小説というよりは、江戸時代の風俗を楽しもうという感じ。

 予想通り面白くて、一気に読んでしまった。

 江戸時代中期は、浅草あたりはまだまだ辺境だったとか、現在普通につかっている「〜です」ってのは下賎の言葉だったとか、知識としては知っていたけど実感が湧かなかった事柄が、少しは実感に近づいた気がする。

 ちなみに、かつてドラマ化された時は、主人公役は、滝田栄さんだったと思う。これ、もう一度見たいなぁ。

2003/04/12

夕方、父の見舞いに行くので、その前に浅草へ寄る。
久しぶりに仲見世を歩く。去年の10月から設置された、浅草ピンズを買うのも目的。これは1回百円のガチャガチャで、1cm×2cmくらいの小さいピンズがひとつ出てくる。
仲見世の所々に設置されていて、1箇所につき15種(設置点オリジナル5種+浅草共通10種)。全部で50種らしい。
7個買った。ゴロゴロ会館とか、江戸開府400年記念の徳川家康とか、変なのも多いけど、それも面白さだ(嫁さんは、サンバカーニバルとかも出たよ)。
次回行った時も、また買うのだ。ピンズ、ちょっとマイブームです(笑)。

ハーボット、種を蒔いた。遅ればせながら、嫁さんに教わって。