iPhone OS2.1でのバッテリー持続時間

 iPhone2.1ソフトウェアアップデート(iPhone OS2.1)を適用してから、もうすぐ丸1日経過。日本語変換や3G電波受信状況などが大幅に改善され、実に 快適だが、ほかに「バッテリー寿命の劇的な向上」も気になるところ。
 しかし、iPhoneって、元々、スマートフォンとしてはバッテリーの持ちは良い方だと思ってたけどね。

 2.1にアップデート後、充電完了させて以後、最初の20時間で、こんな感じ。
iPhone2.1時族時間
 約20時間半のうち、音楽を聴いたのが2時間、Big Canvas PhotShare で巡回・投稿したりが20分、SafariでのWebブラウズが30分。他にメールやらカレンダーやらをちょこちょこと。それら合計の使用時間が、たぶん、約4時間半だ。
 ここまでで、バッテリー残量表示が半分弱。細かくは分からないけど45%くらいなのかな?
 平日の、内勤の日だと、満充電で朝出かけて夜帰宅した時に、だいたい、使用時間3時間前後で、バッテリー表示は赤。しかも、その3時間のうち2時間強は音楽を聴いているだけで。途中でMacとの同期が必要になり5分弱だけUSB接続してしまったが、それにしても、持続時間は向上しているっぽい。
 てっことで、バッテリー持続時間の向上は、実感できるような気がする。まだアップデート後初回だし、休日と平日とで使用ルーチンも違うので、「実感できる」とは言えないし、たぶん永久に断言はできないだろうけど(笑)、いい感じではある。


クリエ→リナザウ、データ移行の経過

 CLIE PEG-NX60から、リナザウZaurus SL-C1000へのデータ移行についての経過報告のようなもの。

 んー、VirtualPCで連携するのは、やめた。なんかWinXPだと異様に重たいし、Win98はザウルス用のリンクソフトが動かないし。
 っていうか、そもそも、CLIEでもMacとはあまり連携してなかった。バックアップをとっていればいいや。
 カードリーダーでSDカードはマウントできるので、エクセルやテキストなどの汎用的ファイルは、それでやりとりする。

 って方針にして、先人の知恵を拝借して、なんとかMac環境下でCLIEのデータを転送すべく、ネットで情報を集める。

 まず、MacOS X版のPalmDesktopで、CLIEの全データを読み込み、そのデータフォルダを待避(永久保存)。さらに、CLIE上でbackupを実行。そのメモリースティックをカードリーダーでMacにマウントし、ディスクイメージで保存(永久保存)。
 その後、iSyncでアドレスブックとiCalに、CLIEのアドレスと予定表のデータ読み込む。
 ZMacSyncというMac→SLザウルス転送ソフトをダウンロードしてくる。
 同梱のMac用 USB接続ドライバをインストールすると、おぉ!SambaでMacからザウルスに接続できる!
 この状態で、とりあえずアドレスだけをZaurusへ転送。成功。しかし、220件のデータを送るのに5分もかかった。
 さらに今度はiCalのデータをZaurusuに送るように指定する。1700件あるので、どのくらい時間がかかるのだろう、と覚悟してとりかかったが、案の定45分を要した。

 ここまでは時間がかかったけど、あとはどうにかなる。
 CLIEのメモ帳で蓄積したものは、PalmDesktopでテキスト書き出しをして、ザウルスのSDカードへ放り込んだ。
 今後、grepやsedを試してみる。

 なんとかここまでできて、よかった。
 次は宅内無線LANに参加させる作業。


 子育てギャンブル日記:子供になった昨日の夜 に、ねこぱんち。

 この記事を読んで、まず「すしバーさんがうらやましい」と思った。

 家庭環境は、それぞれだろうから、よその事はまったく解らないし、解ろうとするつもりもないけど、ともかく、すしバーさんは、今まで両親に見守られ続けていた事を、初めて実感できたのだと、俺は読み取った。

 親父がガンで死んでから、もう1年が過ぎた。だけど、俺は、未だに、親父を許せない。
 いや、許せないまま死んでしまったので、たぶん、俺が死ぬまで、永久にこの感情をひきずったままなんだろう。

 今思えば、生きているうちに小まめに実家に足を運び、話をすれば良かったとは思う。昔から家庭を省みない馬鹿な親父だが、放任するのではなく、ちゃんとやれよと、もっと言ってやってもよかったのかと。それで親父が言うことを聞くか聞かないかは、またひとつ次元の違うことだし。

 あれだけ辛い思いをしてきたお袋が、「最後に「お前には苦労かけて、悪かったな」と言った。それで、すべて許す」と言った時には、正直いって、唖然とした。
 なんで、その言葉を、もう少し早く言ってやらなかったのかと。何も出来なくなってから言うなよと。

 だから、俺は、親父を絶対に許せない。
 でも、親父を許す事が一生できない俺自身にも、腹がたち、情けなく思う。

 墓は、建ててやる。親父が、その初代だ。今度こそ、遅過ぎるけど今度こそ、しっかり鎮座して、皆を見守ってくれよ。