iMacでもMacBookのようにキーボードの手前にトラックパッドを置きたい。


 昨年夏、仕事場のメインのパソコンを、MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)から、iMac (Retina5K, 27-inch, 2017)に更新した。
 長年Macを使っているが、公私含めてもデスクトップ型を購入したのは20年ぶりくらいかな。

 iMacの梅モデル(笑)をCTO(購入時の純正カスタマイズ)でストレージを2TB Fusionドライブに、入力デバイスをトラックパッドに、キーボードをテンキー付USに、それぞれ変更。メモリは純正はクソ高いので、別のところで16GB 2枚セットを購入し、元の8GBと合わせて40GBに。それでも、素のMacBook Pro 15-inchより安かった。
 単純には比較できないけれど、やはりラップトップ機は割高だなぁと改めて思ったわ。

 それはさておき。
 承知して購入したとはいえ、テンキー付Magic Keyboardは横幅が予想以上で「長っ!」と言ってしまった。
 CADを扱うためマウスも必須なので、キーボード、トラックパッド、それにマウスをも横に並べると遠くて使いづらく、右手首の横移動が多くなり腱鞘炎にもなりかねない。
 また、MacBook風にマジトラをキーボードの手前に置きたい。
 でも、純正のキーボードもトラックパッドも、断面は手前が薄い同じ楔形になっていて、もちろん横に並べるとピッタリと合うのだが、手前に並べると段差ができてかなりの違和感。スペースキーが押しにくいこと山のごとし。

 同じ事を思う人は多いらしく、いくつか自作記事を拝見したし、これを解消するようなキーボード台も売っている(売っていた)ようだが、テンキー付のは見つからなかった。
 工作は好きだが、アクリル板の加工や接着はちょっと大変そうなので、自作はしたくない。
 これまでは段差解消にキーボードの下にダンボール紙を敷いていたが、少し沈むし、切断面がほつれてゴミがでるし、なにより見栄えが良くなかった(笑)。
 で、最近、キーボードと同サイズ(110mm×420mm)の6mm厚アクリル板に変えた。

 すべり止めに、百円ショップで購入したゴム足を底面に貼る。快適。

 段差6.5mmに対して板6+ゴム足2.5=8.5と、キーボードが2mm高くなったが、問題なし。
 元々が薄いkeyboardなので、5mmが12mmになっても違和感はない。

 ちなみに、今回はアマゾンのこちらで注文。
 中国からの出荷で10日くらいかかるのと、注文前にメールやり取りでサイズ指定するのがちょっと手間だけど、カット精度はピッタリで近所のホームセンターより安かった。
 注文前のサイズ指定メールのやりとりは、ちゃんと理解できる日本語で丁寧に対応していただけた。
 もっと早くこうすれば良かった。


結婚指輪をリフォーム

 結婚して21年と5ヶ月。
 ずっとしている結婚指輪だが、最近、指が痛くなるほど小さくなってしまった。つか、もちろん、俺の指が太ったのだが。
 で、サイズ直しをしようと思い、まずはネットで業者をいつくか検索。

 内側がK18、外側がPt850の2材質で、幅も金が4ミリ、プラチナが3ミリと、段差がある。これを、13号を20号くらいに大きくしたい。プラチナの表面には細かいメッシュ柄。
 継ぎ足しなのでメッシュ柄の再現とかすり合わせは期待していない。
 そんな条件で何ケ所かの業者さんを比較してみた。

 高くても1万円くらいかなと思っていたが、二つの素材を使うとそれじゃ全然足りないのか。ふむ。ネットで申込み、郵送でやりとりって格安の所もあった。が、大事な結婚指輪なので、ちと心配。
 その中間的な値段と、対応が良さそうな、しかも隣町の宝飾店をみつけた。「指輪サイズ直し3000円から。他店で断られたものでもご相談に応じます」という言葉と、古くさいて素人っぽいデザインのWebサイト(笑)も、なんだか逆に信頼感を覚えた。
 そこに、指輪の写真と条件を記載したメールで、見積りを依頼。
 翌日に返事が来た。
「概算で7千円弱になります。一度ご来店の上、打合せさせてください」
 この時点で、ここにほぼ決めていたので、早速お店に行った。

 リングゲージで測ってもらったら、17号に直すので大丈夫らしい。この店は号数刻みで値段が別れている訳ではないようなので、それは安心なのだが「このデザインだと、ちょっとお高くなりますよ」の言葉に、少しビビる俺。
 でも、親切に説明してくれる。
「まず、継ぎ足し材との溶接と研きの関係で、表面のギザギザ柄は研いて全部鏡面(ピカピカ)になってしまいます。継ぎ足し材に表面柄はないですから。基材は金とプラチナですが、金のみで継いだ方が綺麗でお安くできます。継いだ部分は5ミリくらいですから、それを内側(手のひら側)にしてつければ、目立ちませんよ。もちろん、段差加工はします。その段差加工の分、ちょっと値段があがります」
 そらきた。
「えーと、そうですね、5千円ですね」
 !! お。当初予算の半分。
「来週は職人さんがお盆休みに入ってしまうので、今週中(4日間)でお渡しできるようにしますが」
 決めた!それでお願いします!
20120812_mring
 で、仕上がったのがコレ。写真で正面中央部分は金なのだが、継ぎ目はもちろん、光の加減によっては、プラチナとの材質の違いもよく見ないとわからないレベル。
 21年見慣れたメッシュ柄では無くなってしまったが、これだけ丁寧にピカピカにリフォームしてくれたとは、凄いな。下町の職人すげー!

 ちなみに、このお店、段差なしでひとつの素材の指輪だったら、どんなサイズに直しても定額料金(材質によっては値段は変わるが)なんだって。
 また今度なにかあったらお世話になるかもしれない。


新MacBook

 新しいMacBookファミリー、ノートブックのデザインを再定義 (2008.10.15 アップルジャパン)

 新しいMacBookシリーズが発表されたね。従来のポリカーボネートから、精密加工アルミ削り出しのボディに変更。
 先にモデルチェンジしたiMacと同じように、画面とその周囲の縁の段差が無いフラット仕様。どんなスペックよりも、まずこの画面周りが気になる。だって、ゴミが入らなくなるんでしょ?


なんちゃってHGUC ザク改計画(8)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 前回記事から1ヶ月ぶりくらいかな。今週は腰部を製作。

続きを読む


2002/03/18

追記。
昨日、デジQを買った。チョロQがそのままラジコン風操作できるやつ(操作感はモロにラジコンだけど、赤外線リモコン操作を採用。ゆえに、車体にはアンテナはなく、すっきりしている)。
すでに持っている(笑)ビットチャーGよりも速くて、面白い。
いい意味で「チョロQを遠隔操作できるようにしただけ」のおもちゃなんだ。
コントローラーで操縦するけど、動きはチョロQそのもので、ダッシュして、ちょっとした段差でコケて転がるの。それが楽しい。
チョロQは、プルバックゼンマイの稼働で単純に直進させるだけだったのに、それを操縦できる。でも、あのちょろちょろした速さなので、操作は困難。このあたりのメーカーの英断が、たまらなく良い!(笑)