変な名前

 イーバンク銀行、「楽天銀行」に商号変更へ (2009.06.04 CNET Japan)

 これは2月に楽天の連結子会社となったことを受けたもので、「楽天グループとしての位置付けを明確化し、楽天グループ各社との相乗効果を最大限に発揮するため」(同社)と説明している。

 はぁ。変な名前。つーか、楽天って、自己顕示欲が高いような気がするな。ヤフージャパンが大株主であるジャパンネット銀行は、ヤフー銀行とかソフトバンク銀行に変更しないぜ。あ、ソフトバンク銀行って意外にいいかも(笑)。
 まぁ商号変更はどうでもいいんだけど、ATM入出金手数料無料が無くなる(貯金残高10万円以上で手数料無料1回/月になるので、個人的には実質「無料は廃止」だ)のが嫌だ。
 またネットバンクのメインをジャパンネット銀行に戻そうかな。


ギフト券が届かないぞ

 アマゾンから、12月25日に「10月の紹介料のお支払い手続きを開始いたしました」ってメールが届いた。4ヶ月ぶり3ヶ月ぶりに残高が1500円以上になったのでギフト券がいただけるはずだが、それがまだ届かない。
 最近は、紹介料レポートメールとギフト券のメールは同時に届いていたのに。
 うーむ。

 追記 2009.01.08
 メールはGmaiで受信しているんだけど、ギフト券メールは、その迷惑メールフォルダに埋もれていた。自動判別されてしまったようだ。念のため、「「Amazonギフト券」を迷惑メールにしない」フィルタを設定しておいた。
 それにしても、迷惑メールが毎日100件以上届くので、こういう時に誤判別された必要メールの探索で見落としを生じてしまう。スパマーこそ、諸悪の根源。ムキー!


Suica返却

 新幹線通勤で使っていたSuica定期券。そのチャージ残高を使い切ったので、JR秋葉原駅のみどりの窓口に返却してきた。
 通勤には地下鉄しか使わなくなったので、定期券もPASMOだけでいい。
 面倒が減ってよかった。

 Suica。数年使って、印字面が擦れてぼろくなっているんだけど、長距離通勤の苦楽を共にして、寝て乗り越しての0円清算とか、ちょっとした思い出もあるし記念にとっておこうかなと思ったが、返却すると保証金500円を返してもらえるので、その金の誘惑に負けた(笑)。


改札で不具合

 今朝。JR上野の新幹線改札でSuica定期券をタッチしたら、エラー。数回タッチしてもだめ。しかたないので、窓口改札で処理してもらい、通った。
 月曜日の朝からわざわざ不具合発生で、かなり凹む。
 その後、新幹線の中で考え直してみると、もしかしたら、秋葉原(の一般改札)を、地下鉄のPASMO定期券をタッチして入ってしまったような気がする。
 降車駅の高崎に着き、改札で事情を話して、PASMO定期券を見てもらったら、案の定、秋葉原でこれで入ってしまっていた。それはクリアしてもらい、事無きを得た。
 もちろん俺が悪いのだけど、こういう不具合を恐れていたんだよね。俺の通勤経路だと、地下鉄とJRの乗換は乗り継ぎ処理ができず、SuicaかPASMOの1枚の定期券に出来ないんだよね。っつーか、そもそも新幹線定期券だとPASMOで発行できないのかも知れないけど。
 なんかさ、もしもPASMOの方に1万円とか残高があって、気付かずにPASMOで乗ってPASMOで降りちゃったら、秋葉原〜高崎間の新幹線料金が引かれてしまうのかねぇ。その間のSuica定期券をちゃんと持っているのに。怖いよ。


まっさら

 2年前に作った銀行口座がある。
 独身時代からずっと給料振込やクレジットカード分引落に使っていたメイン口座を家計用のみにして、財布がわりにコンビニでも手数料無料で出金できる大手銀行の口座が欲しかったので開設したのだが。

 まっさら。1度も通帳を使ったことがない。もちろん財布がわりなので入出金が激しいため残高もあまりないんだけどね(笑)。
 さきほど、これをWeb通帳のみに切り替えた。紙の通帳は2年間使わなかったのだから、たぶん、今後もほとんど使わないだろう。
 通帳廃止を申し込むと、ネットバンキングでの振込手数料も安くなるし。

 今後は、どんどんこういう仕組みに移行していくんだろうね。

Tag(s) [生活]


乗り越し精算

「次は東京、東京〜終点です」
 車内アナウンスで、目を覚ます。
 うおっ! 久々にやっちまった!
 俺は、都内から高崎へ長距離通勤している。
 通常の帰路としては、高崎から上越新幹線に乗り、上野で在来線の山手線に乗換えて、秋葉原で降りる。
 つまり、上野から東京まで乗り越してしまった。
 23時を過ぎているので、もう下りはない。Suica定期券なので、ばっくれて有人改札を通る訳にもいかない。次に改札機にタッチした時にエラー表示されて、ばれるのだ(笑)。
 いや、別に不正乗車するつもりはないが、ちょっと納得いかない気がする。たった5分。山手線で4駅(秋葉原は上野と東京の間にあるので、乗り越し2駅)、在来線なら150円なのに、新幹線で乗り越すと、880円も取られるのだ。
 まぁ、あれこれ考えてもしょうがない。諦めて、新幹線改札に定期券をタッチ。
 エラー。
 え!? Suica残高はたっぷりあるはず。
「申し訳有りません。あちらの精算カウンターへお願いします」
 係員に言われる。どうやら改札システムの不具合らしい。
 精算カウンターで、Suica定期券を出す。
「どちらまで?」
 年配の駅員さんが事務的に聞いてくる。
「秋葉原まで」
 無愛想に答える俺。
「……寝過ごしたんですな……」
 ふん。そうだよ。どうせ酔っ払いだよ。おかげで、儲けたな!
「はい、どうぞ」
 定期券を返してくれる。
「エラー訂正処理はしておきましたから」
 そう言いながら、精算切符をくれる。
「定期券じゃ出られないですから。この精算券で、新幹線改札と秋葉原改札を通ってください」
「どうも」
 千円札を渡す。
「あ、いいです。エラー処理しましたから」
 改めて精算券を見ると、「0円」
「次は、終電で寝過ごさないでね。長距離通勤、ご苦労様」
「……あ、ありがとうございます!」

 終電も終わった時間。新幹線改札を抜けて、何気なく精算カウンターの方を見ると、さきほどの年配の駅員さんが、他の駅員さんたちに囲まれて、花束をもらっていた。
「お疲れ様でした!」
 どうやら、定年退職されたらしい。


2003/05/16

仕事の帰りに集配局へ寄って、不在時に届いていた書留を受け取る。申し込んでおいた、ぱるるのインターネットホームサービス用IDの通知だ。
これで、郵貯口座もインターネットで残高照会や振込ができる。便利便利。

明日、都営霊園へ見学に行く。例年では一番公募区画数が多い所だ。