柳家喜多八師匠、お疲れ様でした

 寝耳に水とは、まさにこの事。
 昨日5月21日夕方、ツイッターのタイムラインにあった投稿から、柳家喜多八師匠の訃報を知った。
 特に柳家/柳亭、古今亭を贔屓にしている俺としては、大いなる大打撃だ。
 誰か、師匠が寝ている布団の四隅を持って頭と足を入れ替えて呪文唱えてやらなかったのかよ……。

 いつもマクラではやる気がなさそうに「あたしゃ虚弱体質でして」って言うのが定番で、単なるネタだと思って大笑いしていたが……。

 喜多八師匠を知ったのは、ほんの数年前。テレビ番組「TBS落語研究会」で見てから。

 その時の演目が「死神」で、やる気のなさそうな虚弱体質キャラでのマクラから本編での死神登場のくだりまで、スムーズに入り込めた。
 死神は最初はやる気なさそうな飄々とした感じだが、しかし、噺が進むにつれ凄さがます。そして最後は落語ではあまり多くはない「救われない」結末。
 喜多八師匠の風貌とキャラクタに見事にマッチした快作だった。
 すっかり喜多八師匠のファンになっちまった。

 前述のように、師匠を知ったのがつい最近であるため、いつから虚弱体質キャラを演じていたのかはわからないが、近年は、身をも芸に取り込んでいたのかなぁ。

 ついぞ生の口演を聴けなかったのが悔やまれる。

 柳家喜多八師匠、お疲れ様でした。
 あじゃらかもくれん、きゅうらいす、てけれっつのぱぁ!

「仮面ライダーディケイド(第26話)」を観た

 仮面ライダーディケイド第26話「RX!大ショッカー来襲」
 毎年この時期恒例の、劇場版とのシンクロネタの回。サブタイトルの通りRXの世界。この勢いで今後昭和ライダーたちが出てくるのだろうか。
 南光太郎役は、倉田てつをさん本人だ。
 で、伊丹(笑)が登場。伊丹もとい、川原さん演じる男(公式サイトによると、ガイという名前らしい)がアポロガイストに変身したぜ。たぶん再生後のアポロガイストだね。伊丹がアポロガイストかよ(しつこい)。
 あと、栄次郎おじいちゃんが「仮面パーティーに参加するので」と、衣装にアイロンをかけてるが、それが黒マントっぽいんだよね。さらに「実はいつも仮面をかぶって生活している」みたいな事いってるし。やはりおじいちゃんの正体は死神博士なのか? さらにはイカデビルなのか? 恐ぇよ。

死神博士と地獄大使が復活

 死神博士と地獄大使が36年ぶり復活! – 大杉漣「よもや自分がやるとは…」(2009.05.21 マイコミジャーナル)

8月8日に公開される『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で、伝説の悪役「死神博士」と「地獄大使」が復活する。この2人がスクリーン登場するのは1978年8月18日と25日に放送された『仮面ライダーV3』以来、36年ぶりとなる。

 死神博士といえば、ショッカー日本支部の二代目幹部だが、もしかしたら初代幹部のゾル大佐よりも知名度が高い、強烈な印象が未だに忘れられない名キャラ。
 ちょっと前の「仮面ライダー THE FIRST」でも復活してたが、あの死神博士は過去映像のCG合成に新規に別の人が声をあてていたもの。
 今回は、そういうアプローチではなく、石橋蓮司さんが演じるんだと。石橋さん、現在放送中のディケイドでも写真館主人という「おやっさん」的な役で出演してるけど、それとの関連性もあるのかな、ってのは深読みか?
 天本英世さんのイメージしかない死神博士で、これを演じるのはかなり大変だと思われる。しかし、比較は無意味だし、頑張って、新たな死神博士像を作って欲しいね。
 地獄大使役の大杉蓮さん共々、楽しみ。

 あ、そういえば、この映画のタイトル「オールライダー対大ショッカー」ってのもナイスだね。「VS.」じゃなく「対」ってのが、昭和チックで良い。

同じ誕生日の有名人

 たまには、FC2トラックバックテーマに乗ってみるか。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当浜地です。 今日のテーマは、「同じ誕生日の有名人いますか?」です。 同じ誕生日の人ってなんか親近感沸きませんか?それが有名人だとなおさら☆☆☆って私だけでしょうかσ(^-^)笑誕生日が一緒ってゆうだけで応援してしまいます。ちなみに私はオダ○リ○ョーさんと一緒^−^また、こ�…
FC2 トラックバックテーマ:「同じ誕生日の有名人いますか?」

 ってことで、誕生日ネタ。
 以前調べたら、俺と同じ誕生日の有名人、たくさんいたよ。
 その中でも、特に嬉しいベスト5というと、こんな感じ。

 天本英世さん
 強烈な印象を残し、前任者のゾル大佐を差し置いて、もはや「ショッカーといえば死神博士」と言っても過言ではないほどの人気キャラ。ガキの頃あれだけ怖い思いをさせられた死神博士。のちに2時間サスペンスドラマなんかに登場した時も「あ、死神博士だ!」と言ってたなぁ。

 アイザック・アシモフさん
 子供の頃、テレビで放送するたびに見た映画「ミクロの決死圏」は今でも大好き。その原作者。氏の作品はこれしか読んでないんで、実はそんなに詳しくないんだけども、その映画「ミクロの決死圏」が公開されたのは俺の生まれた年。
 生まれた年に公開された映画の原作者が、俺と同じ誕生日だなんて、ただならぬ運命を感じる。

 立川談志さん
 現在の5代目談志師匠。一般的には7代目と言われているけども、尊敬している師匠の自称に倣い、5代目と記述する。いやぁ、一見破天荒なふうに聞こえるけど、実は理路整然としていて、実に気味が良い。好きだなぁ、談志師匠。

 津川雅彦さん
 大好きなんだよ。それに、津川さんって、人柄も良さそうだし。

 川崎徹さん
 昔、テリー伊藤さんなんかと「元気が出るテレビ」を仕掛けた人物のひとりだよね。無意識のうちに影響されまくりだったな。
 熊ノ前商店街のイベントとか、行ったもん。「たけし招き猫」って、今はどうなってるんだろうね(笑)。

 そんな感じ。

「仮面ライダー THE FIRST」を観た

 2005年11月劇場公開作品「仮面ライダー THE FIRST」のDVDレンタルが始まったので、早速見た。公開当時は渋谷でしかやってなくて見れなかったから、リリースを楽しみにしてた。
 いやぁ、期待通りの面白さだった(期待以上ではないけど(笑))。

 まず、オープニングは、子門真人さんが唄うあの主題歌がかかる。「輝くマシーン〜」あたりで重厚なBGMにフェードで切り替わるものの、これは初期作品を見て育った俺らは盛り上がるわな。
 そして、死神博士が登場。故・天本英世さんがデジタル出演(過去の映像を使い、丸山詠二さんが新規台詞で吹替え)。
 ショッカー幹部といえば死神博士。もう感動だね。
 俺は事前情報で知っていたけど、知らずに見たらもっと感動したろうなぁ。

 ストーリーの細かい事はかかないが、テレビシリーズ第1作同様、本郷猛と一文字隼人を主役としながらも、テレビシリーズのリメイクというよりは、石ノ森章太郎さんの原作マンガを元にした作品。

 改造人間たちは(ライダーもショッカーも)、洗脳と身体能力増強によって超人的な力を発揮し、基本的には素顔のままでもその能力は維持されているようだ。暗躍のためにスーツや仮面を着用しているにすぎない?
 上記と通じることだが、本郷の改造人間としての苦悩も、解りやすくかつ適切に描かれている。

 晴彦(ウエンツ瑛士)さんのエピソードは、どこでどう絡んでくるのかと期待していたが、微妙だな。もちろん終盤でちゃんと意味を持つんだけど、途中まではちょっと解りづらいかな。

 現代風にリファインされたスタイリッシュな改造人間たちのスーツ。華麗なアクション。
 バイクシーンやライダーキックなんか、ほんと、美しいよ。
 終盤で、ちゃんとライダー1号2号がそれぞれの変身ポーズをとってくれるサービスも嬉しかった(変身!とは言わないけど(笑))。

仮面ライダー THE FIRST コレクターズエディション
特撮(映像) 石ノ森章太郎 長石多可男

仮面ライダー THE FIRST コレクターズエディション
東映 2006-04-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見るby G-Tools

仮面ライダー THE FIRST
特撮(映像) 石ノ森章太郎 長石多可男

仮面ライダー THE FIRST
東映 2006-04-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見るby G-Tools

Tag(s) [仮面ライダー][映画][特撮]

仮面ライダー復活

 元祖「仮面ライダー」映画で復活(2005.06.08 スポニチ・アネックス)

 仮面ライダー響鬼も大好評の中、約30年前の「元祖」が、「仮面ライダー THE FIRST」として劇場作品でリメイク。
 どうやら、より原作漫画に近い設定らしい。

 変身はポーズなしでバイクに乗ったまま風力だけで変身するのだろうか。いや、2号も出てくることから、変身ポーズはありそうだな。

 本郷と一文字の役はどうせ今時のイケメンが演じるのだろうけど、 敵怪人は、コウモリ男、クモ男、ハチ女で。
 ヨロイ元帥と死神博士もぜひ登場させてほしい。

 もうクランクアップしたらしい。
 かなり気になる作品だ。

ひょっとして俺、覚醒しちゃったか!?

 第二サーバの重さに嫌気がさして新しいアカウントを取って12サーバへ移転したのが、今月1日。
 コメントが弾かれる事もなく、第二とは比較にならないくらい快適だったが……。
 なんだか、数日前から、ウチのブログ、表示が遅いような気がする……。
 コメントが弾かれる事はないんだけど、送信ボタンを押してから画面が書き変わるまでに、ひと呼吸あるんだよな。
 気のせいかな。

 同時期に第二は軽くなったらしい。もちろん、それはそれで結構なことではある。
 しかし、軽くなったと報告しているのが、所属部隊がことごとく壊滅状態に陥ったという実績を持ち、ゆえに一部では「サーバ2の悪夢」の二つ名で知られる少佐さんなのだ。
 そして、俺が移転した途端ってのも、気になる……。

 少なくともFC2第二サーバについては、重力場を発生していたのは、俺か? 俺なのか!?

 どこに移転してもダメなのか?
 ふっ。
「当たり前でさぁ。俺は、不死身の第二サーバ出身ですからね!」

 後にティターンズに編入させてくれればまだマシだが……シャレにならんぞ。

 ハンドル名をモ○シア又は死神サン○ースに変更するか。