あれが、ジオンの……ザクか……!

「機動戦士ガンダムMS-06アーカイブス」という本が出版される。

 30年間に、映像作品に登場したザク系MSの歴史や技術を解説した、資料集。

内容紹介
「ザクのすべてを網羅!」をコンセプトに、映像作品に登場した「ザク」系モビルスーツの決定版資料がつい登場!!
ファーストガンダムから現在まで、30年の間に登場したザクの歴史や技術をあますところなく解説し、「ザク」という兵器の本質に迫ります。
本書の為に描き下ろされた新作イラストの数々も必見です!

■第一章 MS−06開発史
開発黎明期から一年戦争終結まで、ジオン公国によるMS−06開発の流れを解説。
ザクがいかにして作られたのか、その開発史を総括する。
■第二章 MS−06のテクノロジー
MS−06の各部の持つ機能やそこに使われているテクノロジーなど、機体の技術的な面を解説。
またZIONIC社など、MS−06の開発に携わった企業まで紹介。
■第三章 MS−06系MS紹介
「機動戦士ガンダム」から「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」まで「ザク」的なコンセプトで開発された、
全MSを設定線画と詳細な解説テキストで紹介。MS−06の系譜がここにある。

「ザクの全てを網羅!」とか言われたら、俺としては買わない訳にはいかないだろう。

 ちなみに「ザク大辞典」は持っているけど、こちらは、アニメの設定資料や活躍シーンの収録程度にとどまっている。まぁ、別冊宝島のわりにはいいまとめかただけども。

HGUCザクII改、改造(予定)

 HGUCザク改。
 さて、プロポーションについて愚痴ってばかりじゃしょうがない。っつーか、元々、承知で購入したのだ。大好きな機体なので、あれこれと改造案を模索するのも楽しい。
 旧キットをベースにするよりは遥かに楽だろうし。

 とりあえず、細い手足をなんとかするのが第一目標。
 このHGUCザク改が発売されたらまず試そうと思っていた事を試す。

HGUCザクFZ 改造案
 HGUCに、旧キットの前腕と脚の下部(足首まで含む)を取り付けてみる。
 おぉ。手足のボリュームが増して、かなりいい感じじゃね?
 ちなみに、可動はともかくとして、HGUCのひじ・ひざ関節に、旧キットの上記パーツがそのまま取り付けられるとは、予想以上だ。
 この改造をやってくれと言っているようなパーツ構成だと思ってたが、まさかこれほどしっくり取り付けられるとは思ってなかった。
 まぁ、旧キット持ってて、これを試した人は多いんだろうなぁ(笑)。でも、旧キットのザク改は滅多に再販されないから希少なんだよね。一昨年の再販時に5箱も買った俺も、もう、手つかずが1箱と腰パーツなしが2箱しか持ってない。
 今再販したら、かなり売れると思うぞ……あ、旧キットから改修した腕と脚のパーツをBクラブ扱いで売る気だろ>バンダイ

MG MS-06R 高機動型黒い三連星ザク Ver.2.0 製作(3)

  あ、MG MS-06R Ver.2.0の製作記事を書いていたんだっけか。すっかり忘れてた。
  ってことで、この3回目で、いきなり完成形をアップ(笑)。
  当然、かなり前に組み上がっていたんだわ。素組だし。途中の写真撮らなかったし、仕事が忙しくて残業続きだったり法事がらみの用事があったりで、制作記事はおろそかになってた。っつーか、忘れてた(笑)。
MG ザク06R 黒い三連星
  うむ。やっぱり06Rと言ったらこの機体だよね。黒いってだけで凶悪っぽさを感じる。
  で、黒い三連星専用の06Rには、ツノは無しだよな!?

HGティエレン、仮組み中

 ガンダム00に登場する、人革連(変換が面倒なので単語登録してしまったよ(笑))の量産型MS、ティエレン。その1/100標準キットであるHGの仮組みを進めている。

HGティエレン
 とりあえず、合せ目確認のために、上半身と右足の仮組みを行った。頭、前腕、太もも、ふくら脛の合せ目消しは必須。上腕のそれは目立たないので今回はサボるつもり。まぁ、例のごとくバンダイ驚異のメカニズムにより製造されているので、パーツ合わせは極良好。「接着剤むにゅ」だけで良いだろう。

 ティエレン、いいわ。なんでも視聴者のうちオッサン連中には人気が高い期待だとか。人革連っぽい野暮ったさ炸裂。いや、主役のガンダムマイスターどもの機体なんかより数段カッチョイイと思う。ガンダムのうちヴァーチェはまぁマシなデザインだが。
 それにしても、この安彦足鳥足がたまらんのぉ。

まだ調整が済んでいない……

 MG シャア専用ゲルググ Ver.2.0。
 まだシャアザクVer.2.0も積んだままだし、バンダコの墨入れも終わってないし、ザク改のHGUC準拠化改造も放り出したままだが、買ってしまったよ。

MGシャア専用ゲルググ
 配布中のMG100アイテム記念DVD欲しさもあって(笑)。

 もちろん、シャアゲルVer.2.0は積むつもりはない。バンダコの次に組む予定。

 ところでDVDの内容は、MGの100アイテムをざっと紹介してるんだけど、池田秀一さん……っつーかシャア大佐のナレーションで、紹介映像も、比較的シャアが乗り継いだ機体がクローズアップされているという、怪しいこだわりがあって、個人的には楽しめた(笑)。

MG Hi-νガンダム製作中

 MG RX-93-ν2「1/100 Hi-νガンダム」を製作中。
MG Hi-νガンダム
 これも、素組み&部分塗装で完了のつもり。
 今日までで、フィン・ファンネルと飾り台を残しての組立て、表面ペーパー掛け、コンパウンド磨き、シルバーパーツのリタッチ(ガンダムマーカーのシルバー使用)、そして、頭部の墨入れまで施した。

 今回キット化における「公式設定化」については賛否両論あって、すでにあちこちで話題になってるね。
 今まで公式には存在しないものの、ファンの間ではいつの間にか「Hi-νガンダム」として広く認知されてきたという、ワケアリの機体。
 今回の「公式設定化」も、「アムロ・レイが小説版「逆シャア」で搭乗した機体」という中途半端な設定。そんなもの、わざわざ公式化する意味あるのかよ。っつーか「公式設定」にパラレルワールドを持ち込んだ事になるんだぞ。
 わざわざ中途半端な公式設定化せずとも、Ver.Kaみたいに、出淵さん名義のデザイナーズ版νガンダムとしてリリースすべきだったんじゃないかなと思っているのは、俺だけじゃないと思う……。

 キットそのものは斬新さはないし、出淵氏のセンスがあまり反映されてないという気がするけど、良い出来だと思うよ。

 ただなぁ、シールドのマーキング。アムロのパーソナルマークと隊内機番と「E.F.S.F」が大きなひとつのシールになってるんだけども、なんで転写デカールにしてくれなかったんだよ……それは、別売りの水転写デカールを得るためだね。
ガンダムデカール MG Hi-ν用
 はい。そのバンダイマジックにまんまとはまりましたよ(笑)。

 あぁ、フィン・ファンネル6個も作るの、めんどくせ(笑)。

1/100 MG Hi-ニューガンダム 1/100 MG Hi-ニューガンダム

バンダイ 2007-02-25
売り上げランキング : 3287
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HCM Pro サザビー

 久し振りにHCM-Pro を買った。
 前評判も上々の、サザビー。


 HCM-Proシリーズは、「カトキ立ち」はおろか「S字立ち」すらできないので、飾る時には何かしらのポーズを付けておかないとサマにならないので、あまり好きではないのだが、このサザビーは、脚の裾が広がっているので、S字立ちはできないものの、予想より格好いい素立ちになる。

 プロポーションや全体のディテールは申し分ないのだが、ただ、ひじょうに気になる点が、これ。

20060725sazabi_2.jpg
 1/200という小スケールキットに対して、細かい指摘なのかも知れないけど、今どき「穴あき握りこぶし(武器を握っている時、本来は見えないはずの手のひら部が見えて不自然な手首パーツ)」じゃぁ寂しいぜ(笑)。

 小スケールといっても、ザクより2周りくらい大きいんだからさ。

20060725sazabi_3.jpg
 ちなみに、ザクはちゃんとライフルを握った手首になっている。っつーかライフルのグリップと手首は一体型パーツなんだけどね(笑)。

 サザビーは沢山のバーニアが派手についているので、下から覗いてみると、メカニカル感たっぷりでなかなか絵になると思う。

20060725sazabi_4.jpg
 HCM Proシリーズには、機体表面にラインパターンの塗装表現が多用されているんだけど、最近のJ型ザクやグフはそれが目立ち過ぎで大嫌いだった。
 でも、このサザビーは、ラインパターンが控え目で、ほとんど気にならない。
「逆シャア」ファンにはお薦め!

B000G03NP8 HCM-Pro29 サザビー

バンダイ 2006-07-28
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ギラ・ドーガまで!!

 ダイエーで、ギラ・ドーガ発見。
060316gdoga.jpg[写真クリックで拡大表示]

 最近ザクが出ていなかったのでスルーしていたが、久し振りに「ガンダム アルティメットオペレーション」シリーズを買った。
 いつの間にか「ガンダム アルティメットオペレーション プラス」になって、しかももう第三弾か。
 ネオ・ジオンの量産機。ザクの系統をくみ、デザイン的にはケンプファーの流れでもあり、「逆シャア」に登場するMSでは一番好きな機体。

 このシリーズのプロポーションについては好き嫌いがハッキリ別れるだろうが、俺は好きだね。
「プラス」というだけあって、よく動くようになった。上半身しか動かないけど、絶妙なアレンジでパーツが接続されているため、驚くほど色々なポーズが作れる。

 買ってみる価値ありますぜ!

Tag(s) [ガンダム][フィギュア][食玩]

アナハイムより、改修作業経過報告

 少佐殿の搭乗機(サイトデザイン)のカスタマイズのために、毎度の気まぐれで勝手に出しゃばって作っている極秘裏に依頼を受けて、製作している、金色の機体。
 その完成に向けての進捗状況を報告する。(画像をクリックすると実物大表示)

 最初は、既存のテンプレートをいじってみるだけのつもりだったが、うまく行かないので、いっそ「半自作」しちゃえということに方針を変更。
 意地もあるけど、元来こういう作業は大好きなので、のめり込んでしまった。
 まぁ、当「ねこぱんち統合整備計画」の4月3日現在のデザイン=シャア専用カラーのレイアウトのままで、配色や背景画像を変えただけだが、それだけでも印象はだいぶ変るね。当たり前か。
 もう少し細部を煮詰めて、近日中に公開する。
 少佐殿、これ、共用テンプレート公開で良いですか?
 って、ここでそう言えば、元も子もないか(笑)。

ねこぱんち!
→少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型) アナハイムのびといんさん