ウルトラマンメビウス(第50話)

 1年間放送された「ウルトラマンメビウス」が、50話で最終回を迎えた。

 実質的には、48〜50話を最終三部作として最終回特番的なひとつの話になってて、丹念に描いていたと思う。
 3話セットが効果的になったようで最終話は、もう、熱い、熱すぎ!(笑)

続きを読む


実相寺監督、ご逝去

 訃報 実相寺昭雄さん69歳=映画監督 (2006.11.30 Yahoo!ニュース)

「ウルトラマン」「帝都物語」などで知られる映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日午後11時45分、胃がんのため東京都内の病院で死去した。69歳。葬儀は12月2日午前10時半、文京区湯島4の1の8の麟祥院。自宅は非公表。喪主は妻で女優の原知佐子(はら・ちさこ=本名・実相寺知佐子)さん。

 特撮好き、ウルトラマン好きの俺としては、もうたまらなく悲しいぜ。

 斬新なカメラワーク、不条理な演出。さらにはその特撮番組においての約束事をも破る演出。
「慌ててカレーライスのスプーンを取り出してウルトラマンに変身しようとしたハヤタ」は「ヒーローに間抜けな事をさせるな」と叱られ、「アパートの一室(貧乏臭い和室)に潜むメトロン星人とちゃぶ台を挟んで座り対談するモロボシダン」は「海外への輸出を念頭に置いているので、なるべく日本風な描写はするな」と叱られた、などは有名なエピソードだ。
 だが、叱ったのは番組関係者で、上司にあたるような立場の人達であり、上記のエピソードは、俺たちファンの脳裏には焼き付いて離れない、印象的なシーンだ。もちろん、何度見ても楽しい。

 実相寺監督の作品としては、Vシネでリメイクされた「シルバー假面(かめん)」が遺作となってしまった。

 数日前の27日には、「ウルトラQ」「ウルトラマン」などの作曲を手がけられた宮内國郎さんも亡くなった。

 今ごろ、お二人で、新作の主題歌についての打合せでもしているのだろうか。

 ご冥福をお祈りします。


ようこそ!地球へ

 ウルトラマンマックス 第33話「ようこそ!地球へ」。

 メジャー怪獣出演の真打として、遂にバルタン星人登場!
 監督は、飯島敏宏さん。もう、バルタンといえば飯島監督だもんね。
 今回は、「バルタン星人登場」の回では初めての前後編らしい。それでけ気合い入れて作られているということだろう。

 今回の設定では、地球侵略にやってきた毎度のバルタンを「過激派・ダークバルタン」と呼び、それを知らせにやってきた子供バルタンを「穏健派・タイニーバルタン」と呼ぶ。

 歴代のウルトラマン達を幾度となく苦しめてきた、バルタン星人。今回も強ぇ!
 前後編ということで、今週分では、マックスはたっぷりと痛めつけられちゃったよ。力尽きてカイトの姿に戻った所で、瓦礫の雨に埋もれてしまうという駄目押し。

 飯島監督の撮るアオリはかっちょいいね!


アカウント消去

 未練があった訳じゃないけど、記事を全て削除したとはいえ放置状態のまま約1年間ブログ人に残してあった「ねこぱんち日記」をさきほど抹消した。
 すげー久し振りにブログ人の管理画面に入ったけど、ただ「ブログを削除」を選んだだけ。重たくはなかったよ。

 もはや何も言うことはない。

 ウルトラマンマックス第24話「狙われない街」に登場したメトロン星人の心境で、ブログ人から完全撤退する。


やっと、実相寺監督が。

 今日のウルトラマンマックス。「胡蝶の夢」
 最初から異様なムードが漂う画面。もしや!? と思いつつ、いつもとは違い過ぎる雰囲気に違和感すら覚える。
 主題歌がかかり、テロップを追うと、やっぱり、今回は、実相寺昭雄さんが監督の回だ。

 夢と現実が交錯して、訳の判らないまま終わってしまうという、後味の悪い禅問答のような、実相寺ワールド炸裂のストーリー、明らかに大きいお友達を狙った物だと思う。
 ラストでは、結局すべてカイトの見た幻だった、というような夢オチになるかと思いきや、さらに別のシーンが続き、不条理のままで終わらせている。
「胡蝶の夢」の元ネタである中国の故事は「移り行く時代の中で、自分を見失うことなく、しっかりと生きろ」というようなメッセージが含まれている解釈もされているが、あのラストシーンのせいで、それすらない。
 良くも悪くも実相寺監督作品なんだなぁ、という印象。

 さて。実相寺監督が手がけるのは2本らしい。もう1本は、メトロン星人だとか。そちらも期待している。

ねこぱんち!
電子狂ホットライン ウルトラマンマックス 22話「胡蝶の夢」


アニマックスで「機動戦士ガンダム0080  ポケットの中の戦争」放送

 先月末にCATVの番組表でチェックしてあったんだけど、すっかり忘れてた。
 アニマックス(CS/CATV)で、今晩から「機動戦士ガンダム0080  ポケットの中の戦争」を放送するんだった。
 21時か。急いで帰れば、間に合うな。
「ポケ戦」は、1989年にリリースされた、ガンダム初のOVA作品。一年戦争末期のサイド6周辺。アムロたちの知らない場所で繰り広げられる物語で、当時は賛否両論だったっけ。
 しかし、俺は、これに登場するザク改[MS-06FZ]が好き(って、またザクネタかよ)。ベスト・ザクの堂々3位だね。
 何しろ、今のところ唯一(だと思う)、ガンダムを破壊したザクだし。
 楽しみ、楽しみ。

ねこぱんち!
もげきゃっち: ザクII改を見ると思い出してしまう事。【ザク占い】
むいむい星人の寝言: はじめてのガンダム0080
ミステリ通信「みすみす」blog:”ポケットの中の戦争”と「BSアニメ夜話」(2005.03.02追加)

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.1
バンダイビジュアル (1999/12/18)
売り上げランキング: 3,747
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.9

5 戦争って、どういう事? この作品が教えてくれるよ。
5 泣きました・・・
5 少年が初めて「死」を意識する行程・・・ガンダムでこれ以上の名作はない!

Tag(s) [ガンダム]