AutoCAD or Mac 待望の日本語版!

AutoCAD 2019 for Mac 日本語版リリース – Technology Perspective from Japan」という記事。

AutoCAD 2019 for Mac、AutoCAD LT 2019 for Mac のリリースにともない、両製品の日本語版がリリースされました。米国では AutoCAD 2011 から Mac 版が AutoCAD for Mac の名で販売されていましたが、今回のリリースまで日本語化は見送られていました。近年になって Mac 自体が一定の支持を集めていることもあり、以前、コンソール バージョンの AutoCAD でご紹介したマルチプラットフォーム化の改修を経て、今回のリリースとなっています。

 仕事で、今年からボチボチAutoCAD LTを(勉強しつつ)使っているんだけれど、Windows版。
 サブスクリプションでMac版もインストールでき併用可能(複数の同時起動は不可)とはいえ、UIが英語なので馴染めなかった。
 Mac版は、R12以来の日本語版なので、20年ぶりくらいだ。
 今後は、もっと活用できそうで嬉しい。


OpenOffice.org 3.0

 オフィススイート「OpenOffice.org 3.0」が正式公開 – Mac版がAquaネイティブに (2008.10.13 マイコミジャーナル)

OpenOffice.org開発チームは13日、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org 3.0」を正式公開した。動作環境はWindowsとLinux、SolarisおよびMac OS X。英語版のほか、日本語やドイツ語など各種言語に対応したローカライズ版パッケージが配布されている。

今回のリリースは、2005年10月公開のバージョン2.0以来3年ぶりとなるメジャーアップデート。Mac OS X版では、描画方式が従来のX11からAquaに変更。ネイティブのGUIに準拠することで、フォント管理や文字入力 (IME) にMac OS X標準の機構を利用できるようになったほか、他のアプリケーションとの親和性が向上した。

 このニュースそのものは一週間前なんだけど、17日時点では、まだ、MacOSX用は日本語版が用意されてなかったので、様子を見ていた。
 で、今日確認したら、日本語版もダウンロード可能になっていたので、早速試す。
 OpenOffice.orgは今まではX11が必要で、ちょっと敷居が高かったし、Mac版には、OpenOffice.orgを元にしたNeoOfficeがあり、そちらがMacネイティブで、頻繁にバージョンアップをして操作性も向上、大きな不満もないため、ずっとNeoOfficeを使っていた。
 NeoOffice、大きな不満はないのだが、小さな不満がひとつ。
 どのバージョンからだったか忘れたが、いつのまにか、Calcで、MSPゴシック以外の日本語フォントを使うと、表示がおかしくなる現象が発生している。

 ↓こんな感じ。
NeoOfficeで表示のサンプル
 この同じファイルを、OpenOffice.orgで開くと。
OpenOffice.orgで表示のサンプル
 表示倍率の解釈が違うので、同じ100%表示でも画面上のフォントの大きさが違っているが、表示乱れは発生しない。
 これだけでも、OpenOffice.orgに乗り換える意味はある。データは両方ともオープンドキュメントで、そのまま互換性あるし。


固まる

 iPhone 3G。Safari でWebブラウズ中に勝手にホームに戻ってしまうことは良くあるのだが、今日はフリーズ連発。
 もっと安定してほしいもんだわ。

 この2週間で音楽を聴いている時にも2回くらいフリーズしたなぁ。初期のiPod並みだぜ(笑)。

 でも、元・寒中水泳部員の俺からすれば、iPhone 3G は、温水プールどころか、温泉のような心地よさだ(笑)。

 注:
 かつてアップルより、PDA製品第2弾(PDA第1弾は、Macにも接続できるCDプレイヤー)として携帯情報端末Newton MessagePadが夏に発売され、それから半年近くたった翌年の春、Newton日本語版発売について「(今年の)泳げるようになる頃」とコメントされた。しかし冬が過ぎても次の泳げる頃にも日本語版は出なかった。そんな状況下で、先達たちが作り出したフリーの日本語環境などを駆使して、英語版Newtonで、独自に日本語を使っていた。そういう人たちを、「日本語版が発売されないのにNewtonを使う=全然「泳げる頃」が来ないのに泳ぐ。しかも独自日本語環境という苦境の中で」ということから、通称「寒中水泳部」と呼んだ。


Photoshop Elements 6 for Macintosh、明日発売

 アドビ、Mac向けの「Photoshop Elements 6」4日発売 (2008.4.3 INTERNET Watch)

 あれ? 8日発売の予定だったのに、4日早まったのね。アップグレード版は、iPhotoユーザも対象。つまり、ほとんどのMacユーザはアップグレード版を購入できる訳で(笑)、正式版の存在意義がないというか、下手すると価格の二重表示とみなされて危ないんじゃないの?
 閑話休題。ずっと Ver.3を使い続けているので、待ってた新バージョン。どこで買おうかな。

Adobe Photoshop Elements 6.0 日本語版 アップグレード版 Macintosh版 Adobe Photoshop Elements 6.0 日本語版 アップグレード版 Macintosh版

アドビシステムズ 2008-04-04
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る by G-Tools


Firefox 3.0 Beta 4

  Firefox 3.0のβ第4版が公開 – Webアプリが高速に (2008.03.11 マイコミジャーナル)

Mozilla Foundationは10日 (米国時間)、WebブラウザFirefox次期バージョンの最新β版「Firefox 3.0 Beta 4」を開発者向けに公開した。対応プラットフォームはWindowsとMac OS X、Linuxの3種。日本語などサポートされる40種の言語ごとに、バイナリパッケージが用意される。

  今のところ、開発者登録してないユーザでもダウンロードできるみたい。β版なので、ご使用は自己責任でどうぞ。
  Mac OSX用日本語版をダウンロードして、使っているが、Aquaインターフェースに近く、Macに馴染むアピアランスになって、嬉しい。

Firefox3b4
  表示やダウンロードが若干速くなったよ。
  最近Firefoxの動作が怪しかったのでSafariを使ってたけど、この3.0b4は良さげ。またFirefoxを標準ブラウザにしよっと。


NewsFireがフリーウェアに

 Mac用RSSリーダー NewsFireが、1.5にヴァージョンアップしてフリーウェアになった。
 俺も2年以上愛用しているけど、アップル純正のような体裁とシンプルな操作感で、とても気に入っている。SafariやFirefoxにもRSSフィード閲覧機能がついて久しいが、俺が重要視しているのが、訪問ブログでコメントを残した記事になんらかのマークをしておける事。SafariとFirefoxには、それがないし、RSSフィード配信中の記事しか残らない(古い記事は自動で消えてゆく)。
 NewsFireには記事毎にフラグのオンオフができ、俺は、コメント残した記事にはフラグを入れておく。で、ブログ管理者さんから返事をいただいたり、用件が済んだらフラグを外すの。ブログ閲覧はWebブラウザからではなく、NewsFireから行く。読みたい記事をクリックするとWebブラウザが開くように設定してある。
 このフラグ機能以外は、とりたてて特徴的な機能はない。しかし、そのシンプルで軽快な操作感も好きなんだ。俺にとっては必要十分。
 以前は日本語版もあったけど、現在は英語版のみ。でも設定もメニューも、そんなに難しくはないので、あまり不満ではない。もちろん、日本語サイトの閲覧には問題ない。
 本当は、これ相当の機能がWebブラウザに搭載されれば言うことなしなんだけどもね。

 NewsFireのサイトはこちら(http://newsfirerss.com/)


やっと、Photoshop Elements 6 がリリース

 アドビ システムズ、Mac用「Photoshop Elements 6」の日本語版を発表 (2008.01.10 マイコミジャーナル)

アドビ システムズは10日、Macintoshに対応した「Adobe Photoshop Elements 6 日本語版」を発表した。動作環境はMac OS X 10.4.8以降、Intel / PowerPC両アーキテクチャに対応する。発売は2008年第2四半期、オンラインのアドビストアでは本日より予約受付を開始している。

 フルセットのPhotoshopは高くて買えないし、そもそも、俺にはElementsで十分。しかしながら、未だに Elements 3 を使っている。大きな不具合もなく、なんとか動いてくれているしね。
 いや、実際は、インテルMacだと時々メニュー周りが化けたりといった微細な不具合はあるんだけど、今更4を買ってもしょうがないなぁと待ってたのよ。そしたら、ついにMac版は5は出なかった。
 そして、やっと、新版。4を未購入なので、個人的には3年半ぶりのメジャーアップグレードだわ。

 4月発売。楽しみだ。

 参考リンク:アドビのサイト


復活のAJ

 アップル、「アップルジャパン」へ社名変更 (2007.03.15 MYCOMジャーナル) というニュース。

 ちょっと前に、アメリカの「アップルコンピュータ」が「アップル」に社名変更したが、日本法人は社名変更は未定としていたんだよね。
 それが、「アップルコンピュータ」から「アップルジャパン」に社名変更だって。

 いやぁ、いいなぁ。確か昔は「アップルジャパン」だったと思う。

 俺なんかは、漢字Talk7(現在は全世界的に「Mac OS」と統一されてるけど、昔は、日本を含む2バイト言語圏用は特別視されて、ほとんど別OS扱いだった)がリリースされて、やっとまっとうな日本語版が登場した頃に、カラクラを衝動買いしたのが初めてのMacという、ミーハー野郎だけども、それでも早十数年。
「アップルジャパン」という言葉の響きは、長年のつきあいの旧友の名前を再確認したみたいな感覚があるぞ。

 あと、ハイパーカードとか、RAM Doublerとか、ADBポートとか、Phone-Netとかを思い出すなぁ。
 1個千円くらいのアダプタを各Macに付けて、それらを電話用のモジュラージャック線で繋げば、小規模LANが出来た(仕組みはsystemに組込まれていた)ってのは、画期的だったよね。

 やっぱり、略称は”AJ”で決まりだよね!


アムロ、シャア、カミーユが、オカマに?

 ガンダムのシャア・アムロ・カミーユがオカマに挑戦! (2006.12.13 livedoorニュース)

ドイツ映画史上、オープニング記録を塗り替えたSFパニック・パロディの超大作「ドリームシップ エピソード1/2」の日本語版DVDが2007年1月26日に発売される。

主役の吹き替えを担当されたのは、古谷徹さん、飛田展男さん、池田秀一さん。ご存じガンダムシリーズで、アムロ・レイ(古谷徹さん)、カミーユ・ビダン(飛田展男さん)、シャア・アズナブル(池田秀一さん)を演じた早々たる顔ぶれだ。この豪華な三人が演じるのが地球を守るオカマ役というからガンダムファンでなくとも興味津々、話題はつきないだろう。主役の三人に絡むキャストも、高島雅羅さん、麦人さん、小山力也さん、若本規夫さんら、いずれも名優揃いだ。

 う、うむ。
 ニュースクリップ配信メール「キーワード:ガンダム」から、最初、何の事かまったくわからずにリンクに飛んだが…。そういう事か。
 でも、ガンダム以外でこの3人が共演するのは始めてだとか。

 まぁ、いいや。
 とりあえず、メモってことで。


レゴ マインドストームNXT

 一時期、レゴにハマった時期があった。10年くらい前かな。当時幼稚園児だった娘に買い与えたのが切っ掛けで、俺自身も比較的上級者向けのテクニックシリーズというのに興味を持ち、ブロックを買い集め、ロボットだの建設機械だのを自作して楽しんでいた。
 そんな時に、動作をプログラミング可能なロボットを組めるマインドストームってシリーズが登場し、飛びついた。当初は日本未発売だったので、並行輸入業者経由で入手。もちろん英語版だが、レゴならではの非言語依存の説明書と、プログラミングの簡単さで、ほとんど問題にならず、子供たちと一緒に楽しんだ。
 それが7〜8年前。
 その後、日本語版も発売され、バージョン2も登場したが、それらは購入しなかった。

 そんなマインドストームに、久々に新バージョンがでるとアナウンスされたのが、今年正月。
 心待ちにしてたが、10ヶ月も過ぎたので、うっかり忘れてしまっていたよ。
 ってことで、思い出したので、アマゾンで検索。

レゴ マインドストーム NXT レゴ マインドストーム NXT

レゴ 2006-10-15
売り上げランキング : 856
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 売っていたので、即購入!

 いやぁ、ロボットブームという事もあり、ほとんど本国と同時期と言っていい、日本語版のリリース。8年前とは違うね。もちろん、ファンとして、ひじょうに喜ばしい。

 早く届かないかなぁ。