箱根に行ってきた

 先日の9月21〜23日で、嫁さんと出かけてきた。本当は今年も北海道釧路とかに行きたかったんだけど、資格学校に金をかけてしまったし、準備期間もあまりなかったので、色々な意味で余裕がなく(笑)、箱根へ。

 台風15号が上陸、日本列島を直撃したその日に出発。午前中はなんとかなったものの、正午前にはさすがに怪しくなってきて、小田原に着いた時には大雨。
 まぁ、その日はそんなに出歩く予定ではなく、昼飯を食ってから宿泊先に行くくらいなので、行程的には問題なかったが、さすがに大雨には参ったね。事前に調べておいた、箱根湯本の老舗そば屋さんにはどうしても行きたくて、大雨の中歩いて行ったよ。確かに旨かった。
 ずぶ濡れになりながら箱根湯本駅に戻り、そこから登山鉄道で強羅へ。台風のため、強羅から先のケーブルカーやロープウェイは運休。宿泊先は中強羅駅の近くにあるのだが、幸い、当初から強羅駅からの送迎車に乗せてもらう事になっていたので、なんとか宿にたどり着けた。
 大変だったけれども、過ぎてしまえば、これはこれで想い出のひとつだな。

 二日目は、台風一過の晴天。手びねり陶芸体験をしたり、無事運行されているケーブルカーとロープウェイに乗って大涌谷や芦ノ湖まで行き、そこから——芦ノ湖の海賊船は運休だったので——バスで強羅方面へ戻りつつ、周遊観光を満喫。

 ここ半年ちょっとの間、毎週日曜に資格学校に通って——土曜日には宿題をやって——いて、自分にも余裕はなかったが、もちろんそれは俺の勝手な都合以外のなにものでもない。嫁さんと出かけることができなかった事をとても申し訳なく思っていた。
 今回の旅行は、8月末に「近場で悪いけど」と急に決めたものだが(もちろん、行程距離=満足度の高さ、ではないのだろうけど)、嫁さんに「今年はどこにも行けないと思っていたから嬉しい」と言ってもらえて、俺も嬉しかった。

 陶芸体験で作った作品は、焼いてもらって2ヶ月後くらいに届くらしい。楽しみだな。
陶芸体験


暗殺者役から斬られ役へ

亀治郎、暗殺者役から一転! 龍馬と共に“斬られ役”〜『JIN』追加キャスト発表」(ORICON STYLE 2011.03.23)というニュース。

 歌舞伎役者・市川亀治郎が、TBSの開局60周年を記念して放送される大沢たかお主演のドラマ『JIN -仁-』(毎週日曜・夜9時〜)で、坂本龍馬の盟友・中岡慎太郎を演じることがわかった。昨年、大河ドラマ『龍馬伝』(NHK総合)で龍馬暗殺の実行犯を演じた亀治郎が、奇しくも今回は龍馬ともに暗殺される“斬られ役”を務める。このほか新キャストとして俳優・佐藤隆太、アーティスト・宮沢和史 (THE BOOM)、そして元五輪の競泳選手・藤本隆宏らも発表されている。

 昨年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」では、龍馬と慎太郎の暗殺実行犯・今井信郎役を好演していた市川亀治郎さんが、今春から第二部が始まる「仁−JIN−」では中岡慎太郎を演じると。ってことで「暗殺者役から斬られ役へ」か(笑)。
 亀治郎さんの演技は好きだけども、慎太郎のイメージではないなぁ。龍馬の内野聖陽さんがはまり役だっただけに、ちょっと心配ではある。
 まぁ、何だかんだ言っても、今回も毎週楽しく見せてくれる良作になるだろうと期待している。

 楽しみでありんす。


受験生ブルース

 受験するのは学校ではなく国家試験なんだけど(笑)。

 明日は、久し振りに資格学校の講義に行く。11月の超初級向け講座は(当初からの予定で)欠席したが、今月の準備講座はなるべく出席したいと思う。色々と誘惑が多い時期だけどね(笑)。
 昨夜、学校の教務担当者さんから電話があり「先週の(俺が欠席した)講義で配布した予習ワークブックを至急(自宅に)送るので、余裕があればやって明日提出するように」と言われた(´・ω・`)。
 まぁ、そんなに難しい問題でもないし、テキストを見ながら理解度をあげるのが目的だからいいんだけどね。

 ってことで、日曜の朝早起きが、しばらく続くの巻。


日曜の朝から数学問題はきついわね

 来年の国家資格受検のための資格学校の講義が開講したので、去る日曜日に出席してきた。
 今年「独学コース」で合格できなかったので、その保障で23年受験用に通学コースに入れるのだ(入らなければ代金が無駄になる)。
 初日だったので、ほとんどがガイダンスだったのだが、最後に専門科目の問題を解くのに必要である数学の基礎テストがあった。四則演算から分数の約分、簡単な連立方程式、三角形の辺の法則など、極簡単な項目なんだけど、日曜日の午前中にふいにやらされると、なさけないことに咄嗟には答えがでてこないものだ。
 12月からは毎週通学。っしゃー!


仮面ライダーディケイド 最終回

 仮面ライダーディケイドが、最終回。
 なんだこりゃ!
 アポロガイストが登場したのは嬉しかったが、その反面、いろいろとネタ振りが増えて「こんな調子で8月に終わるのか」と思っていたが、本当に未完で最終回になっちまったよ。最終決戦は劇場へだと?

「俺達の旅はなんだったんだ……」って、それはこっちの台詞だよ。「お前達の旅はなんだったんだ」

 劇場版と連携してのテレビ特番とかでプロローグ的な物を見せて、続きは劇場で、なんてことはよくあるが、半年以上放送してて、そうなりそうというアナウンスは一度もなかったと思う(見落としていたら、申し訳ない)し、日曜朝放送の子供向け番組でこのやりかたはひどいね。むりやりにでもハッピーエンドで完結させた方がいいとは言わないけど、それも選択肢のひとつかと。こんな最終回だと、子供たちはポカーンじゃね?

 しかも現在公開中のやつじゃなく、完結編は12月ってのは、うーむ。商業主義だと言われてもしかたないやりかただな。長年の仮面ライダーファンとして、残念だ。


さて、そろそろ休肝日にするか

 今週は毎日。缶チューハイ2本で我慢しているよ。で、明日から日曜までは飲まない。
 週明け月曜日の23日に健康診断があるので。体調捏造して「平常状態」で受診したいからね。

 たかがγGTPの値が規準をちょっと越えただけで再検査になるのも鬱陶しいので。
 問診表には毎年正直に「飲酒=週に4〜6日」と書いてまする。


ライオン丸G(第1話)

 10月1日から始まった、特撮ドラマ「ライオン丸G」。
 そういえば春くらいに企画発表があったのを特撮雑誌で知ってたんだけど、記憶から抜けてしまっていた。
 CATVチューナーの番組表を見ていたら載っていたので、取り合えず予約録画しておいた。日曜25時半〜26時なんて、見ていられんからね。

 俺が小学校の頃に見た「快傑ライオン丸」や「風雲ライオン丸」のリメイクらしいが、前作が時代劇だったのに対して、今回は2011年の「ネオ歌舞伎町」を舞台にした現代劇。
 リメイクというか、続編?
 金砂地の太刀と思われる刀を獅子丸に渡したホームレスが果心居士なのかな。
 主人公・獅子丸は、ネオ歌舞伎町の売れないホスト。インキン持ち。カプセルホテルに滞在してるのか?
 ドクロマークのコンタクトレンズをつけて凶暴になって暴れる徒党「カブキモノ」を退治しようと雇われた用心棒・虎錠之助(こいつがタイガージョーだろうね)の手下としてオトリにされる獅子丸が、ライオン丸に変身しちゃった所で、今回は終わり。

 なんか良く解らなかった。さすがテレビ東京の深夜枠特撮番組。色々な意味ですげーな。