iPhone 7を予約した

 9月9日に予約開始されたiPhone 7を、早速、当日にソフトバンクのオンラインショップで予約。
 日本での取扱いが開始されたiPhone 3Gから6まで毎年購入(機種変更)してきたが、昨年のiPhone 6sにはまったく魅力を感じられず見送り。
 おかげで、iPhone 6は初めて月月割を満額享受できる(笑)。

 iPhone 7は耐水機能、モバイル電子決済、Macのログイン認証解除鍵など、待っていた機能が多く搭載されたので楽しみ。
 特にいわゆるお財布ケータイことモバイル電子決済は、待望の機能。
 Apple Payの体裁を使うものの、日本向けのiPhoneにはFeliCaを搭載したと。各国個別仕様を嫌がり——Apple独自仕様をもって(笑)——世界で同一の商品を売ることにこだわっているAppleにしては異例中の異例。
 日本市場を重要視しているとはいえ、さすがにNFC仕様のままでApple Payを日本に普及させようとするのは断念したと。大歓迎だね。
 交通系は当初はSuicaだけみたいで、他の地域のかたには申し訳ないが、東京在住なので個人的には問題無し。
 最寄りが都営地下鉄と都営バスなので、できればPASMOの方がいいけれど現在は通勤定期券を購入の必要もないので、Suicaでも良い。

 ソフトバンクオンラインショップは毎回、事前予約時点では出荷日がわからない。商品確保の第二報メールで出荷日が確定され、本契約になる。
 予約開始直後の9日16時に予約サイトにアクセスしたが混雑していて、申し込み完了したのが10分くらい。ジェットブラックにしたが、この色が一番人気らしいので、発売日の16日には無理だろうな。

 ともかく、2年ぶりの機種変更、新しいiPhone。到着が楽しみだ。


iPhone 5s/5c

 新しいiPhone 5sとiPhone 5cが発表された。
 ほとんど事前の噂やリークのまんまだけど、アップルの新製品はやっぱりワクワクする。
 5cは5色展開で、廉価版というよりは性能的にはiPhone 5と同等か。5はラインナップから消えるようだし(4sは無料プランとして生き残る)。それでいてかなり安い。
 5sは、カメラ性能が予想以上に向上している。解像度は5と同じ800万画素のままながら、CMOSサイズをちょっと大きくして、——静止画でも——手ブレ補正機能を搭載した。
 5のカメラも高性能だったが、さらによくなるとは嬉しいね。
 今回も128GBも出るがなかったのは残念。

 新にドコモもiPhoneとiPadを取り扱うことになったが、刻既に遅しって気がするなぁ。まぁ、どうであろうと俺はソフトバンクから変わる気はないけども。
 料金プラン発表は、またギリギリまで他社の様子を窺いつつのチキンレースになるんだろうね(笑)。今回は三つ巴(三すくみ?(笑))。競争で少しでも安くなるのはいいことだ。
 ソフトバンクの事だから、トータルでは他社より一番安いプランにしてくるはず。

 しかし、今の所、5sは予約は行わないらしい。うーむ。並ぶの嫌だよお。


新型iPhone発表か

 アップル本社でのメディアイベントが9月10日午前(日本時間11日午前2時頃?)に開催されるとの事。
 新型iPhoneの発表だろう。毎年わくわくするわね。
 カラーバリエーションありの廉価版も登場するとの噂もあるが、そんなのはどうでもいいから、通常モデルのストレージを128GBに倍増して欲しい。
 えぇ、買いますとも。iPhoneは毎年買うのだ。

 楽しみ。


皮算用

 iPhone 3G Sが登場。日本でも6月26日から発売とソフトバンクから発表された。
 新型もiPhone for everybodyキャンペーンが適用され、本体価格とパケット定額料の割引がされる。新規契約では割引適用後の本体価格(実質負担額)は2年しばりで、16GBが480円/月、32GBが960円/月。安いよねぇ。
 去年7月に8GBを機種変更で購入したんだけど、今、割賦金3180円-月月割1639円=1541円/月を払っている。4月にiPhone for everybodyキャンペーンに申込んだので、5月分からパケット定額が1500円安くなったのが救いだな。
 今32GBに機種変更したら、単純に考えて1639円の割引がなくなって960円の割賦払いが増えるという事で、合計2599円の負担増かな。でもまだ機種変更価格は発表されていない。新機種の機種変更って新規契約よりかなり高いんだよな。
 悩ましいやね。

 とりあえず17日から無料ダウンロードできる iPhone OS3.0でバージョンアップ適用するのが楽しみ。
 コピー&ペーストと、Spotlight検索が追加されるのが嬉しい。


iPhone割引キャンペーンが延長

 「iPhone for everybodyキャンペーン」の受付期間を9月30日まで延長(2009.05.26 ソフトバンク プレスリリース)

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、2009年2月27日の開始以来ご好評いただいている「iPhone for everybodyキャンペーン」の申し込み受付期間を、2009年9月30日(水)まで延長いたします。

本キャンペーンは、革新的な「iPhone™(アイフォーン) 3G」の購入にかかる実質的なご負担額(注)が8GBモデルの場合は0円に、16GBモデルの場合は480円/月になり、さらに、パケット通信料定額サービスの上限料金が、通常5,985円/月のところ4,410円/月でご利用いただけるものです。

 このキャンペーンが始まったから嫁さんもiPhoneに機種変更したので、好評なのは解るがこの時期にキャンペーン延長か。ってことは、7月発売とも噂されている新型iPhoneも——最初から——everybodyキャンペーンで買えるのか!?
 現行機種の在庫処分が目的なら長くても6月一杯までとかにするだろう。新型iPhoneの発売が10月になるって事も考えられるけど、どうだろ。いずれにしても、このタイミングで割り義気キャンペーンを9月一杯まで延長ってことは、アップルからソフトバンクに新型iPhoneの発売時期の情報が入ったんじゃないかなぁと想像する。

 新型は現行のからメモリ容量倍増らしいから、キャンペーンが適用されるとすれば16GBが実質0円、32GBが実質480円になるのかなぁ。機種変更の場合はどうなるんだろ(買う気満々(笑)>俺)。


ドコモからアンドロイドケータイ発売

 ドコモ、「グーグル携帯」を来月発売 2万円台から(2009.05.15 日経IT PLUS)

 NTTドコモは米グーグルの携帯電話向け無償ソフト群「アンドロイド」を採用したスマートフォン(多機能携帯電話)を来月発売する。グーグルがインターネットで提供する検索や動画共有など各種サービスが使いやすいのが特徴で、一定の条件を満たせば2万円台から購入できる見通し。日本の携帯電話会社が「グーグル携帯」を発売するのは初めて。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」などとの競争が激しくなりそうだ。

 来週にも発表する。新端末は台湾HTC社製で、指でなぞって操作する大型のタッチパネルを搭載。ドコモの携帯向けインターネット接続サービス「iモード」のメールサービスも利用できる。通常の販売価格は5万円台だが、2年契約など一定の条件を満たせば2万円台で購入できるようにする。

 来月か。iPhoneの新型と真っ向勝負って事かね? 発売日も同じになったりして。つーか、ソフトバンクが同日を避けて1日ずらしたりしそうだな。ドコモよりソフトバンクの方が宣伝戦略はうまい——アップルに至っては神懸かり的に美味過ぎて、比較は論外——と思うので、楽しみだわ。

 それにしても、これでドコモからiPhoneが出る可能性はまた低くなった感じだな。


ネットブックMac登場の噂は本当か

 アップルがタッチスクリーン発注、小型ノートPC開発か (2009.03.11 ロイター)

 [台北 11日 ロイター] タッチスクリーン式ノートパソコンの開発がうわさされる米アップルが、10インチの新型タッチスクリーンを台湾の勝華科技(Wintek)に発注したことが11日、関係者の話で分かった。第3四半期に納入される見通しだという。

 勝華科技に近い匿名の関係者によると、同社は既に携帯電話端末「iPhone(アイフォーン)」でアップルに小型スクリーンを製造しており、今回は小型ノートパソコンとほぼ同サイズの製品を受注したという。

 んー、アップルが流行に乗って小型PCを出すとは思えないんだけどなぁ。
 個人的にはiPod touchの大きめのやつでiPhoneというかNewtonっぽい雰囲気のマシンを出してほしいけどね。


MacBook(初代)の外装破損

 以前からあちこちで報告されている初代MacBookの外装破損現象が、うちの家族共用にしているMacBook(2006年モデルの初代)にも発生したのが、約3ヶ月前。外装パームレストの縁などにヒビ我が発生して、かなり醜くなったので、今日、アップルコールセンターへ電話して修理を依頼。
 Macのアップルケア保証期間の2年って、購入から2年だとばかり思ってた。最近、iPodの修理ばかり気にしてたので、iPodのアップルケアが1年延長のトータル2年なのと混同しちゃってた。Macの方は2年延長のトータル3年だよね。長年のMacユーザーなのに、不覚!
 閑話休題。
 初代MacBookの外装破損。これ以上ひどくならないうちに修理しておこうと、アップルに連絡した。
MacBook外装
MacBook外装
MacBook外装
 写真は、上から順番に、パームレスト右側手前の縁破損(約2センチの亀裂)。パームレスト左手前の縁破損(約4センチの欠損)。トラックパッド下中央部の亀裂(クリックボタンと縁の間に縦に亀裂)。
 一番ひどいのは左だね。縁が欠けて剥がれてとれちゃった。中央部の亀裂もパックリと目立って嫌だ。
 外装破損は、本来は有償修理なのだそうだ。アップルケアでも完全無償にはならないらしい。ただし今回については、アップルも確認している不具合なので無償修理になると。
 もちろん、ピックアップ&デリバリー。連休明けの4日(火曜日)に、運送会社が引き取りにきてくれる。

 余談だが、ディスカッションにあった、このMacBookパームレスト縁破損に関するスレッドが、ことごとく削除されている。最近では、新型MacBookではFireWireポートが廃止された事への不満などのスレッドやコメントが軒並み削除されたらしい。
 アップルって、いつも、こういう批判を削除しちゃうんだよね。なんだかなぁ。


iPhone、日本上陸なるか?

 米アップル、3G対応の新型iPhoneを発表か (2008.06.03 ロイター)

 [サンフランシスコ 2日 ロイター] 米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)のジョブズ最高経営責任者(CEO)は、9─13日に当地で開催するワールドワイド・デベロッパー・カンファレンス(WWDC2008)で、携帯電話機「iPhone(アイフォーン)」の新型モデルを発表すると予想されている。

 アップルはジョブズCEOが何を発表するか明らかにしていないが、アナリストらは、3Gネットワークに対応した新型iPhoneがWWDC2008で登場すると指摘している。
 次期「iPhone」、22%薄型に? (2008.06.03 CNET Japan)

 iPhoneにまつわるうわさがもう1つ。もっと小さくなるという。

 AppleのWorldwide Developer Conferenceが1週間後にせまる今、2007年に引き続き、またしてもiPhoneが異様なほどの注目を集めている。Steve Jobs氏は基調講演で、次世代iPhoneを中心に話をすると思われる。そんな中Wiredは、新しいiPhoneが従来のものより22%、薄型になると書いている。

 どちらも、あくまでも噂ではあるが。
 薄型はともかく、3G対応になってくれれば日本の携帯電話方式にも対応できるという事で、「日本版iPhone」が現実味を帯びてくる。
 日本版がソフトバンクからリリースされるとしたら、迷わず買うぞ。


Mac OSX 10.5.2アップデート

 お。来た来た来た! Leopard、2度目のアップデート。

 アップル、Mac OS X 10.5.2をリリース (2008.02.12 CNET Japan)

 Appleは今回のアップデートで、Finderのほか、Leopardで利用可能な自動バックアップソフトウェアであるTime Machineに関する複数の問題を修正している。Time Machineは現在、対応可能な外部ハードドライブの幅を広げ、Wi-Fiネットワークのリストのように、メニューバーからTime Machineを利用可能になった。しかし、Appleの新型外部ハードドライブである「Time Capsule」以外のワイヤレスバックアップには対応していない。

 TimeMachineもメニューバーアイコンが追加された。まぁ、Dockに登録したTimeMachineアプリアイコンからアクセスしていた今までと使い勝手は変らないけども、メニューバーにいる方が、任意のタイミングでのバックアップに気付きやすいかもね。MacBookだと、電源アダプタを繋いでいない時には自動バックアップはされないし、そもそも外付けHDDを繋いでいない事もあるから、けっこうバックアップのタイミングを忘れがちなんだよね。
 それと、TimeCapsuleへの対応も出来たみたいで、あとは発売を待つだけだな。