差し替えるだけでは利用できない

 中古iPhoneが激増中! 価格や在庫をアキバで調査!(2009.07.14 日経トレンディネット)

 まぁ、タイトルどおりの内容なのだが、この記事中、気になる記述が。

 程度のよさ以外にも人気のポイントがある。新品の購入と違い、中古ケータイならば代金を払えばその場で端末が手に入り、SIMカードを差し替えるだけで利用できる。契約期間が残っている端末を使っていても、違約金などを支払わずにiPhoneに乗り換えられる。購入時に新たな契約や縛りが発生することもない。

 国内では、iPhone専用のSIMじゃないとソフトバンクの3G回線は使えない。通常の3Gケータイ用のSIMを刺しても、警告が出て、ケータイとしては使えないよ。
 それとも、この記事を書いた人は、外国人が購入している事を指しているのか? それとも、SIMロックフリーのグレーゾーンなiPhoneの事を指している?
 いずれにしても、名のある報道関係企業の記事とは思えない、勉強不足加減だな。


ダウン頻発……どころじゃねぇぞ

 昨日から愚痴っている、MacBookのシステムダウン。昨夜は治ったかのように見えたが、どうやら一時的だったらしい。
 いや、それどころか、遂にバッテリーのみでは起動すらしなくなった。
 で、新しいバッテリーを購入した。これだと問題なく起動したので、件はバッテリーの故障という事に疑いの余地はない。

 1年以上使って、300サイクル以上の充電をしているので劣化は当然で、新品当初の性能なんか期待していない。ただ、経験上、徐々に劣化するはずと思っている。
 ずっと継続使用してきたバッテリーが、例えば数10分とはいえ使えていたのがある日突然起動すらしないほどになったという事はない。劣化したまままったく使わず長期間放っておいたのと違うのだ。(何年も放置しているPowerBookDuoのバッテリーもかなり劣化しているが、これはDuoに付けたまま放置してあるにもかかわらず、現在でもちょっと充電すると、一応数分間は動くぞ)

 明日、もう一度アップルケアのサポートに電話して、ちょっと問答してみる。
 去年の9月に購入したものなので、不具合によるバッテリー交換プログラムに該当しているかもしれないし。


iPodが返ってきた(2度目)

 3日前の日曜日夕方に再修理のために引き取られていった、我がiPod 5G。それが今日には返ってきたよ。早っ!
 またもや素早いので少し疑ってしまうけども、実は先日、アップルジャパンのサイト内で修理状況を確認したら「問題を特定。交換品の発送処理中」となっていたので、うれしかった。
 で、今日届いたのは、ガワに限っていえば(っつーかiPodって簡単に分解できないから中身はわからんよね)シリアルナンバーもあらたな新品の、たぶんまるごと交換品。

 前回修理の時には、ディスクやらメモリやらコネクタやらの動作確認の細かいチェック伝票が付いていたのだが、今回は、それらはまったくなし。でも、問題が特定されたといっているので、不具合が再現されたと考えて良いのだよね。

 いま、まず最初の降る充電が完了。これからMacにつないで復元(初期化&同期設定)させて、あとはまた、初回の完全放電まで使わないとな。


英語キーボード

 昔、俺が使いはじめた頃のMacは、キーボードがASCII配列だった。
 英語キーボードでなく、日本語の(カナが刻印されているやつ)も、記号部分は英語キーボードと同じ配置になっていた。
 いつの間にかMacも日本語キーボードはJIS配列になってしまって久しいが、企業として色々な思惑もあったことだろうから、しかたがない。
 JIS配列キーボードじゃないと、教育機関や官公庁へ売り込めないからね(笑)。
 閑話休題。
 JIS配列キーボードが嫌いなのは、[-](マイナス)と[=](イコール)が同じキーに割り当てられていて、シフトキーとのコンビネーションで切り替えるという点。
 Excelを使っていてイライラするんだよな。

 先日、秋葉原の某Mac専門店に立ちよって、中古コーナーを眺めていたら、英語キーボード仕様のPowerBookG4/12″/1.5GHz が売っていた。
 衝動買いモードにスイッチが入る。
 しかし、微妙な値段なので、念のために新品コーナーも見てみると、そっちにも同様のが。中古と2万円しか違わない。
 ってな事で……(苦笑)。


光でアクセスできた

 OCNから、プラン変更に伴う新しいアクセス認証IDの連絡が全然こないので、昨夜メールで問い合わせしたら、今日の昼頃、メールで、認証ID確認先URLの案内が来た。
 それ自体は早い対応ではあるけど、本来はとっくに連絡があるべきなのだよ。

 と、まぁ、ちょっとだけイライラさせられたが、無事、ADSLセット(50MB)から、光 with フレッツ(ハイパーファミリー100MB)にプラン変更、接続完了。
 結局プロバイダは変更しなかったわけだけれども、不満があるのはブログ人だけで。

 零時直前のこの時間でも、スループット20MB出ている。
 無線LANアクセスポイントを、旧AirMacベースステーションからAirMacExpressに取り替えた効果が出ているね。
 AirMacExpressは、中古を購入。新品定価の半額。他社製品の方が少し性能がいいんだけど、まぁ、安かったし、アップル製品に拘ってみた(笑)。
 他の11MBのAirMacカードを取り付けてあるiBookでも5MBで接続できている。
 うむ。満足満足。


気合い入ってます(笑)

 最近、公開・非公開問わず、たくさん絵を描いているので、やっぱりペン・タブレットが欲しくなり、昨日、嫁さんに付き合ってもらって、秋葉原へ。
 しかし、Mac用のって、安いのないんだよね。
(Macユーザーって、絵を描きたいとか音楽やりたいとか、明確な意思を持ってMacを選ぶ人が多いから、周辺機器も、廉価なのは売れないから消えてゆく、ってな事を、以前、どっかの店員から聞いた。まぁ、どうでもいいけど)
 マウスモードで使うだけなら、ほとんどのUSBなタブレットを、OSXが認識してくれるらしいけど、どうせなら、全機能使いたいじゃん。
 で、目的は、中古。新品で1万5千円くらいのが3〜5千円で売ってる。中堅機種で、不満はない。
 しかし、店で現物を確認すると、傷だらけ。「機能的不備はないですよ」と言われるし、もちろん、ちゃんと動作した。けど、なんとなく怖かった。ナイフでの引っかき傷みたいな派手なのも刻まれてたし(笑)。
 結局、選んだのは、 ワコムのintuos2(インテュオス2) i-620。最近intuos3としてフルモデルチェンジしたシリーズの前バージョン。
 これが1万円。付属アプリケーションの一部が欠品で替え芯が2本しか残ってなかったけど、状態もよく、新品の3分の1くらいの値段(まだ新品も売ってるよ)。
 アプリケーションはすでに愛用してるのがあるし、ドライバーはどうせメーカーサイトから最新版をダウンロードしてこなきゃならんし。
 で、やっぱりタブレットはいいっす。効率があがるよ。実力は補えないけど(笑)