クマー!

 なんか数日前からずっと腹具合がよろしくないので、薬店に正露丸を買いに行った。
正露丸
 そこには3つのメーカーの正露丸があったのだが、クマのマークのを選んだよ。
 ジェネリックかな? いや、違うかもしれない。「正露丸」は普通名詞(だという判例があるらしい)で、昔から複数の製薬会社から発売されていたからね。
 そんなことはどうでもいいや。
 ともかく、成分が、一番有名なラッパのマークのとほとんど変らず、値段は約3分の1。しかもマークが可愛い。こりゃ、買うでしょ(笑)。

 ※特定の製薬会社の製品を批判又は支持するものではありません。


べつにいいと思う

 Appleがセキュリティ業界に進出? マルウェア対策をKasperskyが批判(2009.09.01 ITmedia News)

 ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labは8月31日のブログで、次期Mac OS X「Snow Leopard」のマルウェア対策機能は米Appleが独自に開発したもののようだと報告した。

 Snow Leopardにマルウェア対策機能が搭載さえたことに対してのカスペルスキーのコメントだそうだ。

 つまりAppleは事実上、ウイルス対策ソフトメーカーとの競争に参入したことになるとKasperskyは指摘。その場合、それなりのウイルス研究所、監視サービス、ウイルス対策の技術サポートといった態勢を完備すべきなのに、現時点でそうした動きは何もなく、AppleがMicrosoftのように、セキュリティ問題解決のために相当の時間とリソースを割く用意があるのかどうかは疑わしいとしている。

 Appleの対策ではユーザーを適切に保護することはできず、それどころかMac OS Xを狙ったマルウェアの開発を促すことにもなりかねないとKasperskyは批判している。

 んー。別にいいじゃないかなと思う。もちろんアップルだっていい加減な気持ちで搭載した訳ではないだろうけど、ネットセキュリティ対策専門会社のような体勢でサポートするほどではない、——言葉が適切ではないかもしれないけれど——簡易的な機能だと思えば。
 カスペルスキーからすると、簡易的なネットセキュリティ対策を施すのじゃ許せないのだろうか? 単に客を奪われるのが嫌なだけ? つーか、カスペルスキーって、Mac向けにネットセキュリティー関係の事業をやってたっけ。これから出るやつが初めてだっけ? こんな批判じゃなく、「OS標準搭載のだけではなく、セキュリティ対策専門会社の方が安心」とだけPRすればいいのに。


ヤホーで調べりゃ簡単に解る事だろ

 iPhone 3G→3GSへの機種変更に盲点! 月々の負担が急激に増す理由(2009.07.17 日経トレンディネット)

 大げさなタイトルをつけてるけど、盲点なんかじゃなく、この記事に登場する「友人」が無知なだけじゃね? つーか、iPhone 3Gから3GSへの機種変更に関する価格や月賦残金については既に散々書かれていて、今更の事であり、ヤホーで調べでもすりゃすぐ解る事。更に言えば、機種変更にしろ新規にしろ、携帯電話の購入契約をしようってんだから、思い込みじゃなく事前に調べろよ。

 iPhone 3Gの購入から2年未満でiPhone 3GSへ機種変更した場合のローン額をまとめたのが下の図だ。iPhone 3G(2008年7月購入、16GBモデルの場合)だけを使っていた場合は、図の上にあるように実質負担金は1440円/月となる。

 ところが、購入から2年未満でiPhone 3GSに機種変更した場合、ローン額は一気に跳ね上がる。2年未満で機種変更したため、以前の機種に対する月月割の割引(1920円/月)が消えてしまうのだ。旧モデルの実質負担金は、それまでの1440円/月から3360円/月へと2倍以上も高くなってしまう。

 それと、あげあしとりになってしまうが、途中で機種変更しようがしまいが毎月の「ローン額」は変わらない。ソフトバンクの「月月割」はローン額(割賦金)の割引ではない事は、説明されるはずだがな。批判や啓蒙するなら、紛らわしい記事を書くな。
 前にも2年しばり料金プランについても、今回と同じように「今更な記事」を大げさに記事にしてたっけ。そういう人なんだな。「ケータイ料金を徹底分析してケチケチ節約することが生きがい」らしいが。


MacBook(初代)の外装破損

 以前からあちこちで報告されている初代MacBookの外装破損現象が、うちの家族共用にしているMacBook(2006年モデルの初代)にも発生したのが、約3ヶ月前。外装パームレストの縁などにヒビ我が発生して、かなり醜くなったので、今日、アップルコールセンターへ電話して修理を依頼。
 Macのアップルケア保証期間の2年って、購入から2年だとばかり思ってた。最近、iPodの修理ばかり気にしてたので、iPodのアップルケアが1年延長のトータル2年なのと混同しちゃってた。Macの方は2年延長のトータル3年だよね。長年のMacユーザーなのに、不覚!
 閑話休題。
 初代MacBookの外装破損。これ以上ひどくならないうちに修理しておこうと、アップルに連絡した。
MacBook外装
MacBook外装
MacBook外装
 写真は、上から順番に、パームレスト右側手前の縁破損(約2センチの亀裂)。パームレスト左手前の縁破損(約4センチの欠損)。トラックパッド下中央部の亀裂(クリックボタンと縁の間に縦に亀裂)。
 一番ひどいのは左だね。縁が欠けて剥がれてとれちゃった。中央部の亀裂もパックリと目立って嫌だ。
 外装破損は、本来は有償修理なのだそうだ。アップルケアでも完全無償にはならないらしい。ただし今回については、アップルも確認している不具合なので無償修理になると。
 もちろん、ピックアップ&デリバリー。連休明けの4日(火曜日)に、運送会社が引き取りにきてくれる。

 余談だが、ディスカッションにあった、このMacBookパームレスト縁破損に関するスレッドが、ことごとく削除されている。最近では、新型MacBookではFireWireポートが廃止された事への不満などのスレッドやコメントが軒並み削除されたらしい。
 アップルって、いつも、こういう批判を削除しちゃうんだよね。なんだかなぁ。


薫ちゃんが……!?

 『相棒』新シリーズをもって寺脇康文が水谷豊とのコンビを“卒業”(2008.08.29 Yahoo!ニュース/エンターテインメント)

 俳優・寺脇康文が、水谷豊とのコンビで難事件を解決していく人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)を卒業することが28日(木)わかった。同作は10月より新シリーズ「season7」がスタートするが、寺脇の出演は同シリーズが最後に。放送前に主要キャストの卒業発表は異例だが、同局プロデューサー・松本基弘氏は「社内外から批判があったが、リアリティを追求するには亀山(寺脇)は去らなければいけない」と説明し、寺脇も承諾。「亀山薫の生き様を、皆様の目に焼き付けて頂ければ」と最後まで全力で演じきることを宣言した。

 うはー。寝耳に水。しかし、そういわれてみれば、season6のラストでの薫ちゃんは、ちょっと含みがあったよなx。しかし、しかし、しかし……。

寺脇演じる亀山の卒業について松本プロデューサーは「(ドラマ設定では)“変人”杉下の下について6人の刑事が辞めていった。常にリアリティを追求してきた作品だし、さらに進化をするために決断しました。賭けですね、ハッキリ言って」と苦渋の決断であったことを明かす。

 season4の頃から、すでにこういう薫ちゃんの葛藤は設定として仕込んでいたらしい。まぁな。その設定からすると、色々な意味で「次々に部下が去ってゆく」というのは、いかにも右京さんらしいと言えなくもない、か。
 うーむ。寺脇さんが卒業した後も「相棒」は続くとの事。右京&薫コンビじゃなきゃ「相棒」じゃないやい! とは思うけども、ともかく、season7をしっかりと見るしかないんだよね、今のところは。

「相棒」公式サイト に、スタッフ、水谷さん、寺脇さんからのコメントが掲載されている。


防止策は?

 JR東日本、障害時のイライラ解消に70億円投資 (2006.07.04 Yahoo!ニュース[社会]) というニュース。

 相次ぐトラブルにも、「原因はそれぞれ異なっていて一概に論じられない」との構えだった同社だが、利用者からの批判を重く見て、対策に本腰を入れる。

 へぇ……。その内容は?
 事故や故障などで列車がトラブルを起こした時に、係員の現場到着までの時間を短くするために待機拠点や人員を増やす。情報入力を行う端末の増設。遅延証明書をHPからも発行できるようにする、等々。
 って、どれも事後対策ばかりじゃん。

 事故防止についての対策も、具体案を示して、早急に進めろ。


ふふふ、腐ったブログに属さねば貴様も苦しむことはなかっただろうに

 まずは、先程の記事を訂正させていただく。

 昨夜のFC2の重さは、推定0.1ブログ人程度、に訂正。

 今さらながら、俺はブログ人出身だ。あそこでブログを始めて、ブログの楽しさと、仕組みや管理の定石などを勉強させてもらった。
 今でも、巡回サイトのほとんどは、ブログ人で運営されているところだ。オフ会でお会いして、より親近感が増し、ブログ記事の行間をも感じ取れるというような、サイトも少なくない。
 しかし、今、そういう、アクセスしたくてしたくてしょうがないブログに、自由に入れない状態が続いている。
 RSSリーダーに粗方受信するので、内容はわかる。なので関連記事を書いても、トラックバックを送る事もできない。当該記事に実際にアクセスして全文を読むことができないから、その記事のTB用URLがわからんのだ。
 FC2の重さの比じゃないし、なんかサポートの対応も相変わらずだし。

 ブログ人の運営者、もはや、やる気が全然ないんじゃねーの?

 まじに、まだ残してあるアカウントで、批判ブログを立ち上げようかな。
 なめんなよ。あんまりひどいと、つぶすぞ、まじに。

 一人でも突破し目的のブログに辿り着くのだ。我々の真実の戦いを後の世に伝えるために!(ガンダムネタ)


転送量など(2004.08)

 8月31日時点での、アカウント情報の概要を記録しておく。

現在のご利用サービスプラン:始めの一歩
使用可能なディスク容量:30 メガバイト
使用中のディスク容量:6.345 メガバイト (21.15%)
使用可能なデータ転送量:1 ギガバイト/月
今月使用したデータ転送量:1.69538 ギガバイト (169.54%)
予想される今月のデータ転送量:1.69538 ギガバイト (169.54%)
ブログ人ご利用開始日:2004.04.03

 7月末より、若干ペースが落ちた。本当に若干だけど。長文を一杯書いたし、アクセス数も伸びてたから、ちょっと意外。
 まぁ、少しだけブログ人に残る余裕も伸びたね。容量の面でだけは。

 あ、ひとつ前の記事が、ちょうど300件目の投稿だった。
 単純平均で1日当り2件か。実際は、2週間入院したりで、日によってかなりムラがあったけど。
 知らなかったとは言え、その区切り記事が批判ちっくなネタだったのは、俺らしいかもね(笑)。