伝説のムック「GUNDAM CENTURY」の完全復刻版が再版


 1981年に発行された伝説の超名著「宇宙翔ける戦士達 GUNDAM CENTURY」の完全復刻版(2000年発行)が昨年12月に再版されたというのをつい先日知った。しかも2000円+消費税の特別価格だというので、脊髄反射でポチった(笑)。
 2000円って言ったら、復刻当初の半額(実際、届いた本のカバーには4000円+税」と書かれているので、いつまでこの特別価格なのか分からない)で、81年当時の価格1800円とほとんど変わらない。
 初版ももちろん持っているが、当時何度も読み返したのでボロボロだったため、2000年の復刻の時も欲しかったのだが、ネット通販も盛んではなかったし(ウィキペディアによると、Amazonの日本版が登場したのが2000年らしい)、近所の書店では数部しか入荷せずあっという間に売切れてしまった。
 今回の再版では、カバーもオリジナルと同じというのも嬉しい。

 この本の凄いところは、アニメ本編の画像(いわゆる公式?)は一切使われず、主要スタッフのエッセイの二十数ページ(モノクロ)にキャラの設定画が少し載っているだけで、あとは膨大なオリジナルイラストにより、独自解釈の詳細な設定を記述されているという点。
 もちろん非公式だが、まるで本物のの兵器、歴史の解説書のような緻密さで、夢中で何度も読み返したものだ。

 本文の活字が現代風の書体になっている気がして(それでも復刻から既に19年経過しているのだが)、初版と見比べたら、やはり違う。
 が、奥付を見て納得。元の出版社が解散している等によりオリジナルの製版原版が処分されているため、本文は全て打ち直ししたそうだ。また、図版も極力原板を探したが、みつからなかった物は原本から複写したと。なるほど。
 確かに色味の違うカラーイラストもあるが、特に違和感もなく、文字も読みやすくなっている。
 これなら正規価格は4000円というのは理解できる。

 この復刻版は死ぬまで大切に読もう。


1/432かな?

ガンダムチョコスナック
 仕事から帰宅すると、テーブルにガンダムっぽい何かが!(笑)
 嫁さんが買ってくれた「ガンダムチョコスナック」だった。10年くらい前の商品の復刻版らしい。

続きを読む


メクトン

 久し振りにG20を引っ張り出して読んでいた。
「G20」とは、前世紀末に、ガンダム20周年記念トリビュート雑誌として9号刊行されたムック。
 昨年、その特集ページを中心に2冊に再編集した復刻版も出ている。

G20復刻版 REVIVAL SIDE-A
ホビー企画部
4757722729
G20復刻版 REVIVAL SIDE-B
ホビー企画部
4757722737

 その中で、「ガンダム戦記 一年戦争全戦闘記録」という書籍を作った人へのインタビュー記事がある。

060311.jpg
 この書籍、テーブルトークロールプレイングゲーム(TRPG)のルールブックなんだけど、タイトルのとおりガンダムが題材。
 しかし、このゲームシステムの原作はアメリカなんだよね。
 日本アニメが大好きなアメリカ人が作った汎用ロボットTRPG「メクトンZ」が原作。汎用なのでなんでもできるけど、逆に設定から考えるのは大変ってことで、翻訳にあたっては、ガンダムの一年戦争として構築したというわけだ。
 つまり逆輸入ってことになるのかなぁ。
 この本、前半のプレイシナリオを読むだけでも面白い。
 ユニット設定には(どう使うかは別として)エレカや自転車まであって、感動もの。
 ちなみに、原作の「メクトンZ」は、もちろん「メクトンゼータ」と読む。これ、初版が「メクトン」、第二版が「メクトンII」、三版がこの「メクトンZ」で、その後の拡張ルール集は「メクトンZプラス」らしい。
 アメリカのガンダマーもかなり濃いね!
ガンダム戦記—一年戦争全戦闘記録
トイインターナショナル R.タルソリアンゲームズ
4757206585

Tag(s) [ガンダム][本と雑誌]


再販1/24スコープドッグ購入

 先週くらいに発売された、往年の名キット「1/24 スコープドッグ ラウンドムーバー&パラシュートザック」の待望の再販品。
 忙しくて店にいけなかったので、やっと今日買ってきた。

 最低3個、できれば5個は欲しかったんだけど、今日行った店は、ひとり2個まで(2個っていう中途半端な限定数が、ツボにはまった(笑))だったので、仕方なく2個。すでにここでは残り20個になっていたそうだ。
 売れてるねぇ。
 正直いってボトムズのアニメ自体は通して見たことは無いんだけど、スコタコは好きなんだよな。

 元のタカラ製プラモデルに、ウェーブが一部の新造パーツ(頭、手首、股関節)を追加しての再販。
 頭はバイザーの付け根形状が変更になり、元よりもやや大きくなった印象に。
 手首は元のアニメ風から、最近のガンプラみたいなリアル風形状に。
 嬉しさのあまり、30分くらいで、一気に両腕と左足の仮組みまでやってみた。
 マスキングテープをペタペタ張りつけて組んでいたら、それを見ていた息子(小学5年生)が、不思議そうな顔で、「なんでテープでとめるの?」と聞いてきた。
 あぁ、最近はずっとガンプラしか作ってなかったからね。
 っていうか、息子は、キャラクタ物のプラモデルといえば接着剤不用のスナップフィットしか知らないんだ。
「これは20年くらい前のプラモデルの型から作られた復刻版なんだよ。昔は接着剤でくっつけるのが普通で、着けたらそのままだから、失敗が少なくなるように、最初にこうやって仮止めで組んで、合わせ目の隙間とかを確認してみるんだよ」
 説明してやると、息子の目が輝いてくる。
 もちろん、このスコープドッグのキットも素晴らしい出来なんだが、最近のガンプラの出来の良さ、というかバンダイ静岡ワークスの技術力には、ただひたすら敬意を表するのみだ。
 おっさんガンプラファンには、素組でも十分見栄えが良いガンプラは、助かる。

 閑話休題。さて、スコープドッグ、久々に気合い入れて作ろうかね。

 期間限定生産らしいので、欲しい人は、ぜひ早めの購入を。


ザクヘッド

 これ、なんていうシリーズだっけ。ガンダムヘッドなんとかってやつ。
 先週金曜日の仕事帰りに、おなじみ秋葉原のガチャ専門店で、このザクを200円で売っているのをみつけて、購入。
 内部メカが半露出状態で、確かに作り込みは細かいんだけど、モールドが甘い。
 もしやと思って、「四つ穴」を確認すると……やっぱり2つだ。どうりで、モールドが甘い訳だ。だから安かったんだね。
 しかし、まぁ、三版まで存在するということで、当初予定よりも人気があったということだね。その辺は、素直に喜ぶべきだろう、ガンダムマニア(特にザク好き)としては。

 補足。
 バンダイ(系列のバンプレスト、ポピーを含む)のガチャや食玩アイテムをよくみると、その多くに菱形に並んだ4つの穴が確認できる。
 実はこれは、版数管理用ドット。
 再販の度に、型にある突起をひとつずつカットする。すなわち、成型品では再販の度に穴がひとつ減る。
 仮面ライダー関係のガチャで復刻版とかをよくやってるけど、それを見ると、穴2個とかになってる場合があるよ。

Tag(s) [ガンダム]


マンガ版ガンダム

 「PS2『Zガンダム』blog:マンガ版『ガンダム』」へトラックバック。

 うー。このネタを公にするのはやばくないっすか?
 これって、伝説の「岡崎版(笑)ガンダム」だよね。
 俺は、あえて、このネタには触れずにいたのに(笑)。
 この岡崎優氏、少女漫画でデビューなのかな。アムロの髪形の描き方(アニメほど縮れてなくて、どちらかというと、こじゃれた感じ)に、それを感じる。

 ガンダム20周年の頃に刊行されてた「G20」っていう企画雑誌でも特集されてたよ。
 カミングアウトする。実は俺、コミック1巻だけ持ってた(爆)。
 で、数年前に、このマンガ版「機動戦士ガンダム」復刻版がでてた。怖くて買えなかったけど。

 やばい。このマンガには、ツッコミどころ満載なんだ(笑)。

Tag(s) [ガンダム]