陶芸体験の作品が届いた

 9月の連休で嫁さんと箱根に旅行をした時に、手びねり陶芸体験をしてきた。その作品が焼き上がって届いたよ。
 陶芸は手びねりとろくろが選べるのだが、今回は手びねりにした。
 予約無しでできる所がいくつかあったんだけど、強羅公園内のクラフトハウスで。
 ちなみに、クラフトハウスでは、陶芸以外に、ガラス細工などの体験もできる。

陶芸体験

 湯飲みを作ったんだけど、ちょっと大きくて中途半端な大きさになってしまった(笑)。
 それにしても、難しいね。なんとも言えない不細工な形になってしまったよ。手作りなので愛着はあるけど。

陶芸体験

 色付けは、見本ではもっと赤っぽかったんだけどなぁ。出来上がりはモロに茶色。でも、これもいい感じで満足。
 こちらは嫁さん作の小鉢。意外と上手く出来てるな。うむぅ。

陶芸体験

 とても楽しかったし、いい旅の記念になった。
 大切に使おう。


箱根に行ってきた

 先日の9月21〜23日で、嫁さんと出かけてきた。本当は今年も北海道釧路とかに行きたかったんだけど、資格学校に金をかけてしまったし、準備期間もあまりなかったので、色々な意味で余裕がなく(笑)、箱根へ。

 台風15号が上陸、日本列島を直撃したその日に出発。午前中はなんとかなったものの、正午前にはさすがに怪しくなってきて、小田原に着いた時には大雨。
 まぁ、その日はそんなに出歩く予定ではなく、昼飯を食ってから宿泊先に行くくらいなので、行程的には問題なかったが、さすがに大雨には参ったね。事前に調べておいた、箱根湯本の老舗そば屋さんにはどうしても行きたくて、大雨の中歩いて行ったよ。確かに旨かった。
 ずぶ濡れになりながら箱根湯本駅に戻り、そこから登山鉄道で強羅へ。台風のため、強羅から先のケーブルカーやロープウェイは運休。宿泊先は中強羅駅の近くにあるのだが、幸い、当初から強羅駅からの送迎車に乗せてもらう事になっていたので、なんとか宿にたどり着けた。
 大変だったけれども、過ぎてしまえば、これはこれで想い出のひとつだな。

 二日目は、台風一過の晴天。手びねり陶芸体験をしたり、無事運行されているケーブルカーとロープウェイに乗って大涌谷や芦ノ湖まで行き、そこから——芦ノ湖の海賊船は運休だったので——バスで強羅方面へ戻りつつ、周遊観光を満喫。

 ここ半年ちょっとの間、毎週日曜に資格学校に通って——土曜日には宿題をやって——いて、自分にも余裕はなかったが、もちろんそれは俺の勝手な都合以外のなにものでもない。嫁さんと出かけることができなかった事をとても申し訳なく思っていた。
 今回の旅行は、8月末に「近場で悪いけど」と急に決めたものだが(もちろん、行程距離=満足度の高さ、ではないのだろうけど)、嫁さんに「今年はどこにも行けないと思っていたから嬉しい」と言ってもらえて、俺も嬉しかった。

 陶芸体験で作った作品は、焼いてもらって2ヶ月後くらいに届くらしい。楽しみだな。
陶芸体験