今度こそわりと本気のウクレレ

「所有歴」は二十数年になるウクレレ。
 数年に一度弾いてはみるが、すぐ飽きて何日かでまた放置、の繰り返しだったので、まったく上達せず。
 しかし、今回はちょっと長続きしている(笑)
 昨年9月に、家の中で探し物のついでに、久々にウクレレを取り出してみた。ちょうどその頃に、某友達がウクレレを始めたと聞き、
「おぉ? ウクレレ所有歴20年の俺としては負けらんねぇな!」
 と、妙な対抗心を抱き、これまで以上に本気で取り組んでいる今日この頃、みなさま、明けましておめでとうございます。

 しかし、ろくにメンテナンスもせずに放置していたものだから、(そもそも安物だし)ネックが反ってしまっているようで、どうしてもチューニングが合わない。頑張ってチューニングして弾いてはみるが、いわゆるフレット音痴でどうしようもなくて、新しいウクレレを買ってしまった。
 またすぐに飽きるかもしれないので、高いのはやめて、入門者用にも評判がよい、ARIA AU-1というやつを購入。
 最近は安価なのでもギアペグが主流なんだね。

 今回は結構長く続いている。
 ほぼ毎日弾いて、そろそろ4ヶ月になるので、弦を交換したいなと思い、気になっていたAquila<アクィーラ>のREDをチョイス。ARIA AU-1は、購入当初もアクィーラのナイルガット弦が張ってあり、故に評判もいいのだが、今回は、どうせならと赤い弦を選択した。
 従来のナイルガット素材に銅の粉末を添加して高密度にした製品とのこと。そんな能書きはよく解らないのだが、赤だろ、赤。

 実物は、真っ赤ではなく、ちょっと茶色っぽい。が、うちの事務所のイメージカラーである臙脂色にも似ていて、これはこれで気に入った。
 元に張ってあった普通の同社の白いフロロカーボン弦と変わらないしなやかな弾きごこちだが、若干まろやかな音色という気がする。


 ウクレレ本体もちょっと赤みを帯びているので弦が目立たないが、まあ、それを含めた全体感としては、大満足だ。

 ウクレレは、簡単でめちゃくちゃ楽しいので、みなさんやりましょう!


【新仕様】【純正チューナー付3点セット】ARIA/アリア AU-1 ソプラノ・ウクレレ/ギヤペグ仕様


Aquila アクィーラ ソプラノウクレレ用弦 60センチメートル AQR-SR 83U


ミニエレキ

 大人の科学Vol.26「ミニエレキ」を購入。別に楽器が大好きと言う訳ではないし、エレキギターには全然詳しくないけど、なんかいいよね、エレキギター。不良っぽいし(笑)。
 1時間程度で組立てできるようだ。日曜日にやろう。
 これ、4弦なんだね。4弦といえば、10年くらい前のブームの時にちょっとかじったウクレレと同じ。すぐに弾けるようになるかしら。


久し振りに、花子さ〜ん

 おぽんちNote♪ 今日のひとこと に、ねこぱんち。

 ponsukeさんのバイオリンと、形が似ているってことだけで(笑)。

 7年前、ブーム中盤の頃。
 交通事故をおこし、労災扱いで自宅療養してた時の手慰みにと、ウクレレを購入した。かなりの安物だけどね。
 楽器なんかロクに扱った事のない俺でも、自己流でなんとか弾けた。
 といっても、教則本にあったハワイ民謡「タフワフアイ(かんたんアレンジ)」しかできなかったけども(笑)。
「タフワフアイ」っていうとウクレレ演奏しないと知らない人が多いかもしれないけど、牧伸二さんのテーマソング(?)「あ〜やんなっちゃった〜」のアレといえば、みんな解ると思う。

 ちなみに「花子さ〜ん」は、ウクレレの4本の弦を順番にゆっくり弾くとGCEA(ソドラミ)がそう聞こえるということから、チューニングの覚え方のひとつになっている。

 閑話休題。
 その後半年くらいは遊んだが、飽きて放ったらかし。高いチューナーも買ったのにね(俺、音程がまるで解らないから、音叉や笛じゃ調律できないのよ)。
 今日、久し振りに、発掘してきた。ケースには埃が積っていたが(笑)、中身が無事。弦もしっかりしていた。ってそりゃそうだ。1度弦を張り替えて直後に飽きてしまい込んだんだった。

 弾いてみたら、ドレミファソラシドの押え方はしっかり覚えていた!自分にびっくり。
 基本コードを思い出し、ちょっと弾いてみたのは、もちろん「タフワフアイ」なんだけど、7年前より一層「あ〜やんなっちゃった〜」っぽい。
 っていうか、楽器そのものが、俺に似合わねぇ!
 ま、いいや。

 寝る!


ザンキさん、引退なのね!?

「仮面ライダー響鬼」十五の巻を見た。
 今回は響鬼も威吹鬼でなかったけど、今までの巻でいちばん面白かったな。

 まず、やっぱりザンキさんはかっちょいい!

 それはさておき、ザンキさんと戸田山君の師弟継承ネタが登場したのが、いい感じ。
 今までもイブキさんとアキラちゃんの師弟関係や、明日夢君もヒビキさんの弟子になりそうな雰囲気はあるものの、ザンキさんと戸田山君のコンビは、単純明解な師弟関係そのもの。
 さらに、ザンキさんは鬼を引退するという。その割に戸田山君は、まだちょっと頼りない。
 まぁ、この辺は、きっと次回あたりにきっちり描いてくれるんだろう。「戸田山君」が「トドロキさん」になる過程をね。

 斬鬼&轟鬼の変身は、響鬼、威吹鬼よりも派手になってる。雷っすか! 視聴者のツボを押えてるね。ポ●モンでも、メインは雷キャラのピ●チュウだしな(笑)。
 んでも、当初和風を狙っていると言ってたのに、斬鬼は完全にロックがモチーフだよね。武器がギターってので、先入観を持ってみてしまうんだろうけど。弦の音撃って事なら、三味線風の武器にしてもよかったんじゃなかろうか。
 威吹鬼のトランペットが登場した時もそう思ったけどね。

 それにしても、ザンキさんは鬼を引退かよ。
 鬼って短命なんだね。30代になるとすでに辛くなるっぽいな。
 あれだけ過酷な肉体労働だから、しかたないか。