地図に残す仕事

 昔、大手建設会社のCMで「地図に残る仕事」ってのがあった。
 こんな感じ。

 子「お父さんはどういう仕事をしているの?」
 父「地図に残る仕事だよ」

 俺も建築設計や現場監理をしているので、関わった建物が「地図に載る」ことはある。
 成果のひとつとして、嬉しいものだ。

 閑話休題。

 地図記号のデザインを公募 「老人ホーム」と「風車」 (Yahoo!ニュース:社会 2005.09.07)

 国土地理院が、新しい地図記号2種類のデザイン原案を募集するというもの。
 募集の表題は、「地図に残す仕事してみませんか」となっている。
 まさに「地図に残す仕事」だよな。
 初の公募らしい。しかも、小中学生から募集ってのもいいね。

 建築物や構造物は、耐用年数が来れば、普通は解体せざるを得ない。保存や復元というのもあるが、そういう恵まれた物はごく一握りだ。物である以上、ましてや入居者・使用者の安全を考えると、仕方のない事。
 現物がなくなった時、残るのは写真や文書などでの記録。
 そういう意味でも、「固有物に対して」ではないかもしれないけど、地図記号として、自分のデザインが末長く残るってのは、かなりやりがいのある「仕事」ではないかな。

 こういう夢のある事業は、大歓迎だね。
 行政も、たまに良い事するよね(笑)。

 募集詳細は、国土地理院のサイトを。

吉野家の牛丼、復活!?

 業界最大手吉野家の牛丼を食えなくなって1年以上がたった。
 我々庶民には、特に金欠サラリーマンには救いの主だった。諸問題により、代替えメニューとして豚丼があるが、これは(苦言でわるいが)あえていおう、カスであると!
 いや、落ち着かねば。例のコマーシャルフレーズ「牛丼一筋、80年〜」の継続年数が、途切れてしまったことを残念に思う。
 俺は牛丼が、吉野家の牛丼が好きだ。それが、今は伝説になろうとしている。
 と、思ったら、こんな所で、ひっそりと復活していたんだね。
 年明け早々に登場したらしいので、既に知っている人も多いかもしれないが。
 とりあえずは、吉野家の牛丼が復活するまでは、これで我慢しようか。無理に豚丼を食うよりは、はるかにましだ。

ねこもみ!
ぺーぱーかめら:吉野家牛丼