やっと提出

 住宅ローン控除(初年度)のための確定申告。添付必要書類も揃い、今日19日朝の通勤途中で郵便ポストへ投函。
 不備がなければ、昨年納めた所得税の全額が還付され、22年度の住民税が9万ナニガシ減税されるはず。

Gガンダム?(笑)

 お台場ガンダムがグッドデザイン大賞候補に(2009.10.1 ITmedia News)

 日本産業デザイン振興会が10月1日に発表した2009年度のグッドデザイン賞の大賞候補「ベスト15」に、東京・お台場に実物大ガンダムを設置した「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」などが選ばれた。

 GREEN TOKYO ガンダムプロジェクトは、緑あふれる東京の再生に向け、お台場の潮風公園を中心に7月11日〜8月31日まで行われた官民一体のプロジェクト。全長18メートルの実物大ガンダム立像がサポーターとしてプロジェクトを盛り上げた。

 個人的には、グッドデザイン賞はどうでもいいと思うのだが、しかし、お台場ガンダムが選ばれるってのは、ガンダムに対してじゃなく、景観に? 大きさに? だって、ガンダム自体が対象だったら、ガンプラなんかがとっくに選ばれていてもいいはずだし(ザクの方がデザイン的には秀逸だと思うが(笑))。ん? ガンプラってグッドデザイン賞もらってたっけ?
 さらに、既に存在せず無形となってしまった物でも候補にできるのか。なんだか良くわからん。

バンダイナムコ

 玩具メーカー・バンダイとゲームメーカー・ナムコの経営統合により誕生したバンダイナムコグループの持株会社「バンダイナムコホールディングス」の3月期決算報告、つまり統合後初の年度決算発表が先週行われた。

 株式会社バンダイナムコホールディングス2006年3月期決算説明要旨(pdfファイル)

 トイ・ホビー事業の稼ぎ頭は「機動戦士ガンダム」なのかぁ。しかも200億円以上でダントツ。すげーなぁ。
 ちなみに「仮面ライダー」の65億円ってのは、2004年度比-14億円、2003年度の半分程度らしい。響鬼関連のおもちゃはやっぱり売れなかったって事になるのかなぁ。ましてや、ファイズの半分とは、厳しいね。
 ぜひ今年度のカブトでは、おもちゃを売りまくって欲しい。平成ライダーの存亡がかかってるぞ!
 でも今年のカブトは変身グッズやライダー人形が子供に受けそうだし、番組は俺等お父さん世代が見ても面白いし(お父さんには響鬼も楽しめたが)、行けそうだよね。

今度の主役は鬼の副長!

 NHKドラマホームページ:「新選組!」続編情報

 先日、何気なく見た番宣で知ったのだが、正月にやるんだね。

「新選組!!土方歳三・最期の一日」

 2004年度の大河ドラマとして大人気だった「新選組!」。俺も毎週楽しんだ。その後「続編を」との熱い要望に答えて製作されたもの。
 大河では近藤勇が主役だったので、彼の処刑で終わりだった。それはしかたないだろう。
 今回は、その後の土方が主役。もちろん、主演は山本耕史さん。
 正しくは、もう副長じゃないけどな。函館戦争で殉死する日に焦点をしぼった、90分の特番ドラマ。
 タイトルが「新選組!その後」とか「続・新選組!」とかじゃなく「新選組!!」になっているのが芸コマ(笑)。

 1月3日(火)総合・デジタル総合 午後9時〜10時30分
 1月1日(日)衛星デジタルハイビジョン 午後7時20分〜8時50分 

 楽しみだな。

 そういえば、山南総長切腹の回もよかったね。あれも、その前のシーンも盛り込んで90分くらいに再編集してもういっかいやってくらないかなぁ。

TVnavi特別編集 「新選組!! 土方歳三最期の一日」 メイキング&ビジュアル完全ガイドブック

4594604242
扶桑社 2005-12-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

年賀状印刷中

 重い腰をあげ、今日帰宅してから、2時間くらいかけて文面のレイアウトを仕上げ、今文面を印刷中。
 この間に、日曜日に年度更新済みの宛名リストの最終確認作業をしながら、ブログしている。もう少しで文面の印刷が終わるので、そしたら宛名面を印刷して、晴れて完成。
 今年もギリギリ君だったけど、結果オーライさ。

新選組! 来週最終回

 NHK大河ドラマ「新選組!」が来週で最終回。
 大河を1年間かかさず見たのは何年ぶりだろう。
「信長」と「秀吉」以来だね、1年間通して見たのは。

 俺は龍馬を中心に幕末好きなので、放送開始の1年以上前に「H16年度の大河は新選組」と発表されてからずっと期待していた。
 その後配役が決まっていくと、正直いってがっかり度は増していった。俺的に満足できそうなのは、坂本龍馬(江口洋介さん)、勝海舟(野田秀樹さん)、佐久間象山(石坂浩二さん)くらいだなと思ってた。香取なんて論外!(笑)
 三谷幸喜さんが脚本だと聞いて、これも、かつての「竜馬におまかせ」みたいなとんでもないものになるのかと思った。
 しかしね。結果的には、俺としては、単純に楽しめた。
 幕末好きとして、世間の評価に関係なく、毎週面白かった。
 細かい不満はあるけど、全体的には青春群像劇として、よくできてたね。

 三谷氏の脚本というとあまり場面転換がないという固定観念をもっているんだけど、今回は、意外とそうじゃなかった(笑)。
 配役も、近藤(香取慎吾さん)以外は、俺の持っていたイメージに近い人ばかりだったので、感情移入できたのかも。
 捨助(中村獅童さん)については賛否両論あるみたいだけど、俺としては、グッジョブ!だよ。史実であやふやな部分について、捨助が動いてたってな感じになってたけど、ドラマとしてのつじつま合わせとしては、こういう役が必要だろう。俺の大好きな小説「竜馬がゆく」における寝待の藤兵衛みたいなもんで。
(それにしても、獅童さんは巧いよね)

 最後に。
 通勤マンガーZさんが、登場人物BEST5を書いていたので、俺も真似をしてみる(笑)。

 1位 永倉新八(山口智充)
 2位 坂本龍馬(江口洋介)
 3位 土方歳三(山本耕史)
 4位 山南敬助(堺雅人)
 5位 佐々木只三郎(伊原剛志)

 次点では、佐久間象山(石坂浩二)、徳川慶喜(今井朋彦)、勝海舟(野田秀樹)。
 それと、ちょい役の榎本武揚(草彅[なぎ]剛)、武市半平太(デビット伊東)に特別賞。これ、気付かなかった人も多少はいたんじゃないかな(笑)。


“新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX” ()


“新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX” ()

タイトル

 やっぱりね。同じような事を感じている人がいるんだな。(TB「自由な気まぐれ日記」)
 blogに記事投稿する時のタイトルが、思いつかない事もある。深く考えないでつけている事の方が多い。
 と言うより、そもそも、俺はタイトルを付けるという気持ちがほとんどない。
 だって、日記だからね(笑)。
 俺は中学生の頃から日記を書いているが、そこにタイトルを書こうなんて思ったことは一度もない。見出しはせいぜい、記入日時くらいだ(ただの大学ノートやスケッチブックに書いていたのだ。いわゆる日記帳の類は、欄が決まっていて嫌いで、ましてや年度版で1年間の日付が入っている物など、眼中になかった)。
 ここ10年間くらいはパソコンやPDAで書いているが、それでも同じ。テキストエディタに記入日時を見出しにして書き連ねている。
 別に波瀾に満ちあふれた人生でもないので、天候や体重、万歩計の歩数しか書かない日もある。そんな時はタイトルもクソもない(笑)。
 日記を書くのに、いちいちタイトルを決めている人って、どのくらい存在するんだろうか。