桑田佳祐さん、早くよくなって!

 桑田佳祐さん初期の食道がん 全国ツアーをキャンセル(asahi.com 2010.07.28)

 サザンオールスターズのボーカル桑田佳祐さん(54)に初期の食道がんが見つかったと28日、所属事務所が発表した。「幸いにも早期発見により初期段階での治療で済む状態」という。

 8月中に入院し、手術する予定だ。療養のため、10月20日の新アルバム発売を延期し、10月28日から年内いっぱい予定されていた全国ツアーのスケジュールもすべてキャンセルする。新シングルは予定通り8月25日に発売する。

 桑田佳祐さん……サザンオールスターズといえば、俺が中学生の頃のデビュー以来、ずっとファン。
 最近、TwitterのTL(タイムライン)でも仲間と共感しあったのだが、桑田さんの作詞・作曲は希有の天才だと思う。
 軽妙に韻をふんだ小気味良いちょっとエッチな詞。俗っぽくいえばそれまでだが、桑田さんは、ちゃんと女性の事を大切に思い、男女というもの——と敢えて言わせていただく——を素晴らしい事だと理解されている方だと思う。一見すると悪ふざけっぽいけど、そういう事をきちんとしたうえでのふるまいで、男がみてもあこがれる、かっちょいい人だ。
 バラードから激しい曲まで、なんでも巧みに作ってしまう、すばらしき才能。

 食道がんということで、仕事柄もっとも大切な咽については心配だが、これはもう、大丈夫だと信じて待つしかない。
 新作アルバムの発売延期もちょっとさびしいけど、今までのたくさんの曲を聴いて待ってます。
 桑田さん、大変でしょうけど、ゆっくりしっかり治療・養生して、またお元気に復活されるのを心から祈ってます。

ブライト

 ブライトさん。
 新卒士官として、航送される新鋭戦艦へ配属されただけなのに、希有の運命により、その艦長となってしまう。
 アムロやカイなんかよりも優柔不断な面も持っているし、典型的なオールドタイプに見える。
 しかしね、伝説の部隊「ティアンム艦隊旗下 第十三独立部隊」の功績は、やっぱり、ブライト艦長の采配によるところが大きいと思う訳だ。
 正しくは、采配ではないかもしれない。クルーが「この人にはついていける」と思わせる、人徳、みたいなものを、ブライトは持っているのだろうね。

「弾幕薄いぞ! 何やってんの!」

 弾幕、つまり多量の掃射等で応戦する。
 これは、威嚇も含めて、破壊力の誇示をも目的とする戦法で、単騎で攻めるには、似付かわしくないもの。
 それをあえてやるというのが、いいなぁ、と、ちょっと思ったんだよね。
 どちらかといえば徒党を組むのは好きではない俺だけど、ブライト艦長みたいなやりかたなら、いいなぁ、感じる。
 ブライトさん、「逆シャア」でもしっかり生き残ったしね。
 宇宙世紀物では、たぶん、波平ハロの次に出現率高そうだし。
 なんか、意味不明の記事になったかな。

Tag(s) [ガンダム]