CATVを解約

 今月いっぱいで、CATVを解約する。
 6年間くらいお世話になったが、最近ノイズがひどいし、回線補修工事を頻繁に、しかも昼間や夕方にも行っていて、とてもじゃないが視聴できやしない。
 サポートに電話しても、まず機器まわりの接続を疑ってくるし。

 昨年までの社宅の時はこんな事なかったので、現在のマンション周りの回線が劣悪なのかもしれない。いや、同じCATVの回線で地デジも引かれているのだが(これは無料、というか管理費に含まれている)、それはノイズもでないから、マンション内設備にも問題ないと思われる。

 解約手続きの電話をした時に「差し支えなければ解約理由を教えていただきたい」と言われたので上記の事と、サポートに何度問い合わせも配線の問題を疑われて嫌気がさした事を伝えた。
 回線の調査をしたいと言ってきたので、断って解約。ばいなら。

 で、スカパー!e2に乗換える事にした。基本パックの料金はCATVと同じで、視聴でも専門チャンネルは増える。CSアンテナはマンション共聴設備として設置済みなので、導入コストもかからんしね。


忙しい

 先週から今週にかけて、本業がかなり忙しい。
 まぁ、設計やら工事監理やらで、技術屋冥利に尽きるというような状況なのかもしれないけど、とにかく我が社は、時期によって業務量にムラがありすぎる。
 と、愚痴ってばかりもいられないけど。
 明日がんばれば、とりあえず週末だわね。


CATVの画質が良くなった

 引越し後も、同じCATVと契約した。同じ区内、しかも隣町への引越だからね。同じCATV局なのは当然だが。このマンションは既にCATVが引込まれているので、工事費は引越前の家の引込み線撤去のみ。
 で、地デジが、なんだか前の家の時より映りが良いのよ。前の家では、CATVパススルーで見てたのとUHF室内アンテナで受信したのとでは、後者の方が綺麗に映った。
 このマンションは確かUHFアンテナでの直受信ではなく、CATVで引いているとの説明を受けた。
 マンション内全戸に配信するために、増幅しているのだろうか。


2週間にした

 Zaurusが故障したのを契機に十数年振りにPDA(+B5大学ノート併用)からシステム手帳に完全復帰してから、そろそろ1年。
 7月にiPhoneを購入したので、それ以後、スケジュールは最終的にはiPhoneに入力しているし、アドレス帳は元々ケータイに依存していたので、これも現在はiPhoneで。なので、システム手帳は、ほとんどネタ帳メモ帳然としている現在。
 向こう2ヶ月分の予定リフィルを定期的に作っているけど、10月になるってのに、新しい10月以降の週間予定リフィルを作るの忘れてたよ(相変わらず、リフィルは罫紙と無地しか買わず、罫紙以外のスケジュール等の必要フォーマットは自作している)。
 しかし、まぁ、手帳にも簡単な予定表は欲しいという事で、今までの1ページ1週間から、2週間に作り替えた。
システム手帳
 俺の場合、プロジェクト管理なんかは、システム手帳じゃ書ききれないので(つーか、主たる仕事内容は、工事現場の工程表や週報・月報なんかで把握しないとどうしようもないので、別次元の問題であり、手帳の範疇外)、手帳を使うのは、ルーチンワークかメモという事になる。公私共でひとつの手帳を使っているで、メモ帳としての割合が多くなるね。
 なんだかんだと言っても、やっぱりPDAが好きなんだなぁと思うわ。


火災警報機

 消防法が改正され、一般住宅にも火災報知器の設置義務が求められる。
 ってことで、我が家にも、大家さん負担で設置工事に来たよ。
火災報知器
 江東区広報による「住警器」って呼称は、どうにも違和感がある。やっぱり長年慣れ親しんだ「火報」と呼んでしまうなぁ。


 親父が亡くなって4年半。なんとか資金も貯まり、先日、墓所の申込みをしてきた。
 数年前に「代々の墓は姉さんが継いで、俺はそこには入れない」と言っていた親父。さらに「俺はどうでもいい。お前の代から新しく築いてくれれば、それでなによりだ」とも言っていた。

 もう、家庭を顧みない、どうしようもないバカな親父。
 親父、あんたはどうでもいい。ただ、お袋が可哀想じゃねぇか。呂律も回らなくなった状態で、最期に「苦労をかけて悪かったな」といったそのひと言で全てを許した、というお袋には、これ以上の心労をかけたくない。
 憎まれっ子の親父が、まさかあんなに早く逝くとは思ってなかったからね、蓄えがゼロの俺は、あわてたよ。その辺はあんたに似ているのだろうなと苦笑してしまうね。
 俺一人じゃなく、弟も半分出資してくれた。
 新しい我が家の墓。その片隅に、親父、あんたもいれてやるよ。しばらくはひとりだけどな。

 墓の工事が終わるのは来年3月。


ある意味では技術屋冥利に尽きる事だろうけど

 ちょっとした仕事関係のネタ。

 図面を描いていた時、上司に呼ばれた。
「この施工図、ちゃんとチェックしたの?」と。
 うむ。もちろんチェックしたが、見落としだった。ごめんなさい。
 そのまま現場に承諾しなくてよかったと、素直に感謝した。
 が。
「ところで。急ぎでこっちの工事の入札公告を作成してくれ。図面は○○さん(非常勤派遣社員)にやってもらって、後で確認すればいいでしょう」
 まあね。それが派遣さんの仕事だろうしな。
 しかし、なんか、事務屋さんでもできそうだよな。入札公告文の作成なんて。まあ、急ぎなのでしょうがないけども。

 入札公告文を作っている時に、内線電話が鳴った。
「蛍光灯が切れたんですけど……ランプを替えても、いつもすぐにダメになるので、器具の不良かも……」
 はいはい。見に行きますよ。
 蛍光灯ランプをみると、(直管なんだけど)ソケット部分の印が下向いてる……。いや、それとすぐ切れるのと因果関係はわからんが、少なくとも、ランプを器具に差し込んだら、90度回転させて固定してくれ。常識だろ。っつーか、この状態でよく落ちなかったな。
 
 社内の施設修繕関係予算を管理してて、建築の部所ってことで、色々と細かいことが舞い込んでくる。なんだか総務部総務課山口六平太状態(笑)

 頼られるというのは、まぁ悪くはないが……、本来業務とはちょっと外れているような気が……(笑)。

 ジョブ・ジョン的ポジションかもしれないじゃんかよ。
 サナリィの技術部門幹部になっちゃうよ?


休日出勤/モブログ

 春分の日。しかし、事務所改修工事の立会いのため出勤。
 まあ、通常の一週間だと思えばいいか。
 立会いは施工ポイント毎なので、それ以外の時間は席でいつもの設計事務をやってたけども、これがはかどらない。色々な意味で(笑)。
 ともかく、年の瀬だわな。


山手線停止

 山手線停止、JR工事ミスが原因か 2月の停止と類似 (2006.4.24 asahi.com) というニュース。

 昼間ずっと止まってたねぇ。

 東京都新宿区のJR山手・埼京線で24日午前、線路が隆起して電車の運行が止まったトラブルで、JR東日本は同日午後、同社が現場の線路下で実施していた鋼管へのコンクリートの注入作業で鋼管の上部の鉄板が持ち上げられ、線路を隆起させた疑いが強い、と発表した。

 運転士が線路の異常を目視で確認し報告〜列車を停止させて、大惨事は免れて、本当によかった。

 折しも、明日は、尼崎の福知山線脱線事故から1年。
 鉄道関係者は、あの悲惨さを忘れずに、今一度身を引き締めて欲しい。
 俺ら乗客は、あなた達の車両運行に全面的に身をゆだねるしかなんだから! 信用して乗っているんだから!

Tag(s) [ニュース]