RGガンダム素組完了

 約1ヶ月もかかったが(笑)、RGガンダムの素組が完了。
 全身にメラミンスポンジをかけて、墨入れを施した。
(写真はクリックで拡大表示)

RGガンダム

 シールはどうしようかな。1/144にあれだけ大量にシールを貼るのは、あまり格好良いとは思えず好きじゃない。小スケールの全身に大量にマーキングがあってもうるさいだけ。同じ理由で、初期のハイコンプロも嫌いでザク以外は買わなかった(笑)。

 このRGガンダムは、お台場から静岡へ行った例の「1/1ガンダム」の模型、つまりガンプラ初のスケールモデル(笑)ではあるわけだ。
 実寸大の18メートルなら見上げる格好になるので、このバランスはあり。実際、お台場で見た時は、感動したものだ(笑)。しかし、こうして1/144になると、足先が小さくて頭やランドセルが大きいと感じてしまう。
 たぶん、そういう意見もあることは想定の上で、あえて「1/1ガンダムの模型」にしたんだろうけど。

 それと、指の第二関節まで動く可動手首と動かない握り手がついてるけど、はっきりいってこの可動手首はいらん。扱いにくい。ビームライフルを握った状態の指がすげーかっちょわるいんだけど……。
 ライフル持つ用の固定手首もつけてほしかった。
 本体の意匠は素晴らしいだけに、残念だね。

 次回のシャアザクには期待してるよ、バンダイさん。


これが連邦のモビルスーツの威力なのか!

 お台場の「GUNDAM GREEN PROJECT」に行ってきた。話題の実寸大ガンダムは、見ておかないとね!
 撮ってきた写真を少しだけ掲載。

続きを読む


実寸大ガンダム

 富士急ハイランドに「機動戦士ガンダム」の新アトラクション 2007年7月登場!

富士急ハイランドに、この夏「機動戦士ガンダム」の新アトラクション「GUNDAM CRISIS(ガンダムクライシス)」が誕生します。これは、昨年末に好評の内に幕を閉じた「GUNDAM・THE・RIDE」の後継となるアトラクションで、富士急ハイランドが世に贈るガンダムアトラクションの第二弾となります。
新アトラクションの舞台となるのはガンダムの格納庫。そこには世界初となるフルボディでの実寸大1/1ガンダム(全長約18m)が実際に格納されています!!“本物のガンダム”に会える新アトラクションの誕生にどうぞご期待下さい。

 2006年夏に惜しまれつつ閉館した、松戸の「バンダイミュージアム」には、実寸大のガンダム胸像やザクの頭が展示されていたけども、今度のはガンダムの全身か!
 やるなぁ、富士急ハイランド。
 見てみたい。


アッガイ仮組み

 とりあえず、旧キットのアッガイさんを仮組みしてみた。

 上半身は意外といい感じの造形だね。
 脚は外装をほぼ新造しちゃった方が楽かもな。
 パッケージに「各関節が自由に動く」と書かれているが、ペンギンみたいな?ポーズのままでほぼ固定だぜ(笑)。
 キットの大きさ、12センチしかない。これ、HGUC旧ザクと並べても、なんかアッガイとしては細身なんだよね。
 1/144なので、逆算すると1.73メートル。やっぱり小さいよ。アッガイの設定は19.2メートルだから、1/144なら13.3センチなければね。この誤差は、実寸で2メートル弱になる。
 MGアッガイは、確かに同スケールのザクよりひと回り大きく、丸っこい外観になっているよ。

 覚悟はしていたが、これを現代キット風に改修するのは、難しいな……。
 でも、完成させれば、自分のスキルをアップするかね。やるっきゃない(死語)。
 さて、どう改修しようか。

ガンプラ競作企画


検索ヒットなど(2006.08)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる当ブログの8月検索ヒット概要。

 月間アクセス数
 ヒット回数:9279 累計228603(先月比 +474)
 ユニーク数:5141 累計127673(先月比 +449)

続きを読む


見納めのガンダムミュージアム

 昨日、聖地・ガンダムミュージアム(松戸のバンダイミュージアム内)に行ってきた。

 毎年今ごろの時期に来ていたので、都合3回目の来訪だが、バンダイミュージアムは今月いっぱいで松戸での営業を閉鎖し、栃木へ移転(ガンダムミュージアムの展示物の一部は静岡のホビーセンターへ移設)するので、ここでは最後の見物だ。
「3年間のご愛願をありがとうございました」の懸垂幕が涙を誘う。
20060819-2.jpg
 バンダイミュージアムフロア入口付近の内装は、ショッカーのアジト内のような怪しげな装飾。これも最後の記念に撮影。
 あまり客がいなかった。が、ここのメイン展示であるガンダムミュージアム入口には行列が! 中も混んでいたよ。皆最後の見物に来ているのかね。

20060819-3.jpg
 相変わらず大迫力の実寸大ザクヘッド。たくさんの人が写真撮ってた。
20060819-4.jpg
 1/24スケールのザク工場ジオラマ。シャア大佐も視察に来られております。ジーク・ジオン!
20060819-5.jpg
 そしてミュージアム最奥に鎮座するご本尊。おなじみの白い悪魔(実寸大胸像)。アナハイムのメカニック員も今月限りの整備に余念がない(笑)。

 場内は混雑していて、ザクマシンガンも、コアファイターコクピットも、ガンダムリフトも、どれも120分待ちという人気ぶり。
 みんな移転を惜しんでいるご様子。

 このビルは元々はバンプレストの本社が入っていたんだけど、そのバンプレスト本社も墨田区へ移転してバンダイの完全子会社となったしなぁ。その辺りから、ミュージアムの閉鎖・移転も噂されていたわけだが。栃木も静岡も、江東区在住の我が家からは急に「明日あたり行くか」という距離じゃないしな。
 前身の「コントンタウン」時代から何度となく通ったバンダイミュージアムの移転は、本当に寂しい。
 老舗模型店「わらそう」も閉店してひさしい。
 松戸、寂しすぎるぜ……。


2003/08/13

2003/08/13/水

夏季休暇最終日。
家族の「お父さんの行きたい所へ」との優しい言葉に甘えて、松戸駅前のバンダイミュージアムへ(笑)。6月に旧「コントンタウン」からリニューアルしてオープンした施設で、ぜひ行きたかったのさ。
もちろん、ここの7〜8階にあるガンダムミュージアムが目的。


ホワイトベース風の扉が開き中に入ると、まずスペースコロニー開発の歴史。
その次の部屋は、いきなりザクのダメージヘッド(実寸か?)。圧倒される。地球連邦軍が接収したザクを研究した成果を展示しているコーナーという設定らしい。時々モノアイが光る。


途中、BB弾を発射するザクマシンガンの試射コーナー(今回はやらなかった)やらを経て、最後はガンダムの格納庫。胸像ながら、実寸のガンダムは、でけぇ!って感じ。感動したぜ!


出口には、しっかりミュージアムショップがある(笑)。缶バッジ9種全てを購入。それと、ピンバッジのガチャ。11回やって7種類ゲット。まあまあの成果だな。
さらに進むと、ガンダムカフェがある。先程の実寸ガンダムを見ながらお茶を飲む。んー、最高!
いや〜楽しかった。

息子も、着々とガンダム好きに育っているし、満足。満足。