TimeCapsuleを新しくした

 先日、TimeMachineでのバックアップが出来なくなった。TimeCapsuleのHDDが壊れたようだ。
 うちのTimeCapsuleは、初代モデルの500GBで、発売開始間も無くに購入したもの。つまり、1年10か月の間、24時間可動し続けて、無線LANルータとして、我が家の3台のMacのデータバックアップ用ストレージとして、活躍してくれた。
 もう少し持ちこたえて欲しかったが、まぁ、そういう使用状況を考えると2年程度で寿命なのかもしれない、と思う事にした。

 そして、やはり一度使うとその便利さ故、無いのは困るので、新しいTimeCapsuleを購入。1TBと容量は倍になり、性能的にも格段にアップしてるね。そりゃ初代とくらべらたねぇ(笑)。
 設定は、AirMacユーティリティの「構成ファイルを読込む」で古いTimeCapsuleで保存しておいた構成ファイル(設定ファイル)を開き、各項目を、新しいTimeCapsuleの設定欄にコピペ。
 デュアルバンド対応になったので、iPhoneやPSPを接続しても、MacBookではリンク速度がちゃんと130Mbitになっている(俺のMacBookは300Mbit対応ではないのだよ(涙))。なので、実効速度も65Mbitくらいに上がった(以前は良くて30Mbitくらい)。もう体感できるほどの違いで、快適にネットできている。
 でも、この速さもすぐに慣れてしまうんだろうな。


2003/09/16

インターネット接続不具合発生から一週間。そろそろ我慢の限界に達しそうだ(笑)。
昨日、ダイヤルアップ接続でメール受信だけはしたが、アクセスポイントまでの通話料金がかかるため、のんきにはできなかった。
それに56Kでは遅い。速さへの慣れって、後戻りできないよね(笑)。56Kって、かつてISDNで64Kだった時と、実効体感速度は変わらないのに。
いずれにしても、プロバイダorキャリアの不具合によって不便を強いられているのに、ダイヤルアップしたら別途料金(電話代)をとられるというのは、納得いかない。
OCNのサポートに電話して、
「1週間以上……下手をすると10日くらい不通になるのだ。それでも月料金は値引きしてくれないのか。日割りで4分の1にしてほしい。もしくは、代替えで、ダイヤルアップ接続時の通話料を無料に。同じNTTグループでしょうが」
と、駄々をこねてみた。
まぁ、予想通り、平謝りされて結局は却下されたけどね(笑)。
しかし、納得いかない。俺は、こういう状況が一番嫌いだ。
万が一今週中に改善されない場合は、キャリアを他社に乗り換える腹積もり。