M-1グランプリ2007

 M-1グランプリ。
 毎年レベルが上がってるね。笑い飯と千鳥のパワー不足が、痛々しかったなぁ。
 最終3組は、どこも実力十分。正統派漫才を周到しつつ、しっかり個性を出していたね。
 キングコングは既にテレビで売れっ子。トータルテンボスとサンドウィッチマンは、まだテレビの全国区では知名度低いか。まぁ、トータルテンボスは、この1年間、M-1のためにあえてライブ中心の武者修行をしてたらしいけど。
 俺としてはトータルテンボスが一番だと思ったが、優勝のサンドウィッチマンも、もちろん素晴らしい。キングコングの漫才は始めて見たが、彼らは、M-1向けの(4分間制限の少々力技的な)ネタを組んできたという強みだね。もちろん、そういう戦略も含めて上手い。


まっりっりーん!

 トリノ五輪の中で、とりわけ応援している女子カーリング。
 今日の予選・日本対イギリス。
 この試合、後がない日本だが、最初からリードしたまま、なんとか頑張ったね。

 ところで、某国営放送のアナウンサー、後半は、小野寺さんをプッシュしてたけどな。ごまかされないぞ。いや、確かに小野寺さんが一番の実力かもしれないし、すごいと思う、もちろん応援してる。
 しかし、前半しきりに「マリリン、マリリン」と連呼していたあんた、間違いなく、俺とるしさんの仲間だろ(笑)。
 


気合い入ってます(笑)

 最近、公開・非公開問わず、たくさん絵を描いているので、やっぱりペン・タブレットが欲しくなり、昨日、嫁さんに付き合ってもらって、秋葉原へ。
 しかし、Mac用のって、安いのないんだよね。
(Macユーザーって、絵を描きたいとか音楽やりたいとか、明確な意思を持ってMacを選ぶ人が多いから、周辺機器も、廉価なのは売れないから消えてゆく、ってな事を、以前、どっかの店員から聞いた。まぁ、どうでもいいけど)
 マウスモードで使うだけなら、ほとんどのUSBなタブレットを、OSXが認識してくれるらしいけど、どうせなら、全機能使いたいじゃん。
 で、目的は、中古。新品で1万5千円くらいのが3〜5千円で売ってる。中堅機種で、不満はない。
 しかし、店で現物を確認すると、傷だらけ。「機能的不備はないですよ」と言われるし、もちろん、ちゃんと動作した。けど、なんとなく怖かった。ナイフでの引っかき傷みたいな派手なのも刻まれてたし(笑)。
 結局、選んだのは、 ワコムのintuos2(インテュオス2) i-620。最近intuos3としてフルモデルチェンジしたシリーズの前バージョン。
 これが1万円。付属アプリケーションの一部が欠品で替え芯が2本しか残ってなかったけど、状態もよく、新品の3分の1くらいの値段(まだ新品も売ってるよ)。
 アプリケーションはすでに愛用してるのがあるし、ドライバーはどうせメーカーサイトから最新版をダウンロードしてこなきゃならんし。
 で、やっぱりタブレットはいいっす。効率があがるよ。実力は補えないけど(笑)


びと辞苑「おととい」

おととい[一昨日]
昨日の前の日。おとつい。いっさくじつ。古語の「ヲチツヒ(遠つ日)」が転じた語との説あり。

「ユウコ2004」第2話

「ねぇ、ちょっと、聞いてくれる?」
 ユウコは、親友のマキに、昨日あった出来事を披露した。
 うらみつらみを込めて、訴える。
「その電介ってのが、なんかシンキくさいのよ」
「でもさぁ、本当に、そんなのが出たの? しんじらんなーい」
「う、うーん。私だって、信じたくないわよ。でも、見た物はしょうがない。でも、いきなりだったよ。ばぁーっと地面が割れて、ヤツが飛び出したんだ。寝耳に水って感じ。っきゃぁ!」
 ユウコが、突然しゃがむ。
「どうしたの、ユウコ!?」
 マキが心配そうに、のぞき込む。
「な、なんか……。耳元に、水をかけられた!」
「え? 誰もいないし、私はなにもしてないよ。ユウコ、なんか、疲れてる?」
「あ、マキってば、信用してないな!」
「ごめんね。正直いって、信じてない……。いや、ユウコの事は信じてるけど……今日は、早く帰って、ゆっくりしなよ」
「……うん、そうする。じゃぁね」
 ユウコは、帰宅して、夕食もそこそこに、ベッドに入った。

 翌朝。すがすがしい目覚め……と思いきや。
「おはよう、ユウコ」
「げっ!」
 目の前には、電介が立っていた。
「どうだい、不条理な世界は」
「どうもこうもないわよ! あんたのせいでね……」
「おっと、まぁ、待った待った! 今日はね、私の実力を解ってもらおうと思ってさ。何か、希望を言ってよ」
「うるさい! おとといきやがれ!」
「簡単さ。了解!」

→びと辞宛