平行定規をプチ改造

 二級建築試験の二次試験——設計製図——のために、自宅でも資格学校の課題やら自習練習やらをやっている。
 俺の持っている平行定規(簡単にいえば製図板)は十年以上前の物。どこも壊れていないし、当時ちゃんと「建築士試験会場持込み対応」というのを購入し、もちろん今でも対応している。
 先週、資格学校の講義に出席した時に、他の受講生のをみたら、最近の平行定規はいろいろと進歩してるんだね。十年も経てばそりゃそうか(笑)。
 別に新しいのを欲しいとは思わないし、自分のが古いからって恥ずかしいとも思わない。建築士試験意外には滅多に使わないので、これで十分。
 しかしね、若干の問題点が。
 製図板に傾斜をつけるための脚があるんだけど、それがね、俺のは版の向こう縁近辺についてるのよ。
 A2サイズだから、最低でも板の間口60センチ×奥行45センチはあるんだよね。
 試験会場(大学や専門学校)によっては、机の幅が狭くて、傾斜脚が乗らない。
 そんな懸念があるので、その傾斜脚の位置を付け替えてみた。

平行定規

 なにしろ古いタイプなので製図板裏面でワイヤーが露出しているため(最近はフレームに内蔵)、それと干渉しないギリギリの位置まで、傾斜脚を約10センチ内側へ移動した。
 これならさすがに机の奥行に収まるだろう。傾斜角度も若干増えて描きやすくなった。

 まぁ、道具よりも技術だよ、ってのは重々承知だが、くだらない不具合でイライラするのも嫌だしね。


Firefox 3.5.1

 遅ればせながら、Firefox 3.5.1を試用してみる。Firefoxは毎回アップデートはしているものの、現在のメインブラウザはSafari4にしている。
 Firefoxで大きな問題点のひとつに、テキスト入力ボックスのスクロールつまみの表示が変になる現象があった(Mac版だけかもしれないし、さらに俺の環境下だけかもしれないけど)。特にFC2管理画面の新規記事作成時のテキスト入力ボックスが、ぐちゃぐちゃになって困ってた。
 言うまでもなく、操作系の表示不具合って、かなりのストレスなんだよね。
 で、久しぶりにFirefoxを試用したところ、この不具合がちゃんと解消されていた。よかったよかった。
 リンクをクリックした時に「常に新規タブで表示」に設定した時の挙動なんかは、SafariよりもFirefoxに方が好み。まぁ、どのブラウザも——IEは論外だけど——一長一短あるのは承知しているが。


ブログ人のランキングについて、から派生

 まずは、前回記事においては、当方の配慮不足により、皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

 さて。この期に及んで、ダラダラと書くのは性分ではありませんが、少しだけ。
 河村氏からすしバー氏へのメール(すしバー氏宛として、公にしても良いとされた内容で、当方へも同報されたもの)が、すしバー氏のブログで全文引用されてます。こちら。

 今回の反省をふまえて、問題点を肝に銘じ、今後のネット活動に反映したいと思います。

 ランキングについての要望等は、当然ながら、OCNのしかるべきサポート窓口宛に、引き続き打診していきます。

その経緯については、逐一、当ブログで報告します。
 サポートから頂いた返事は、OCNの公式見解として、公表します。
 ただし、個人の活動しとして行うものであり、なんらかの限界が生じる事もあります。ご了承ください。

 今後とも、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。