いなり寿司が食べたい

 入り口を開けたままでリビングに置いてあるキャリーバッグがお気に入りの昼寝場所。まだ、これが「病院へつれてる時に入る物」とは知らないいなり(笑)。年が明けて1月中には予防注射にいかないとだめなんだからね。
20121226_inari1
 ちょっと嫌な顔をして……訳ではなく、これがいなりの普通のお顔。これでも今日は可愛く撮れているほうだ(笑)。
 もしかしたら、いなりって斜視かねぇ。生活には支障なさそうだけど、いつも藪睨みになるんだよね。
20121226_inari2
 とか言っていたら「フン!」と横を向いちゃったよ。
 大丈夫だってば。いなりの可愛らしさは、父ちゃんがちゃんと解っているから。
20121226_inari3
「……」
 さらに後ろを向いてしまったよ。
 昔「しば漬け食べたい!」ってテレビCMがあったよね(古っ!)。
 このいなりの後ろ姿をみると、「いなり寿司が食べたい!」
 いや、まぁ、この後ろ姿から「いなり」と命名したんだけれども(笑)。


中立サイド

 先日導入したTimeCapsule。500GBモデルを購入したのだが、このWiFi HDDの名前。家族共用なので、SIDE6と命名。

20080310_Disk.jpg
 TimeMachineでのバックアップだけじゃなく、10GBくらいのディスクイメージを作製しておいて、それをファイルサーバにしようかと思っていたのだが、なんかディスクイメージを作製するのにすげー時間がかかったので、途中でやめてしまった(笑)。
 アップルはTimeMachineバックアップ用には、それ専用のディスクを使用するのを推奨しているしね。AppleTalkでHDDをマウントして、さらにその中のディスクイメージをクリックしてマウントするなんての面倒くさくて、家族から不評を受けるのは目に見えているし(笑)。
 余ったUSB接続ポータブルHDDでもつなぐか。


湾岸署が現実に

 「東京湾岸署」が来春実現 臨海副都心を管轄 (2007.06.28 東京新聞)

 人気スポットの東京・臨海副都心に新たに開署予定の警察署名について警視庁は27日、「東京湾岸署」(東京都江東区青海2)とする、と発表した。9月定例都議会に条例改正案が上程され、来年3月に開署される見通し。ヒットドラマ「踊る大捜査線」で登場した「湾岸署」が現実のものになる。

 東京湾岸署は、これまで東京水上署が管轄していた品川・大井ふ頭、お台場、深川署の有明、辰巳、東雲、城東署の夢の島、新木場、若洲の各地区のほか、東京湾や隅田川、荒川などの一部を管轄する。

 管轄がかなり広範囲にわたるが、大丈夫なんだろうか。臨海地区はまだ人口が少ないとはいえ、もはや「空き地」ではないし(笑)。
 それはともかく、今回はちゃんと名称案への地元等からの投票結果により決定したというので、都営地下鉄新線の命名時みたいに、都知事の鶴の一声で「大江戸署」とかにならなくてよかったね。
 でも、今思うと「ゆめもぐら」よりは「大江戸線」の方がマシだが(笑)。

 話がそれたので、この辺で。


今日

 そろそろ流行りも廃れただろうから、今日の記事はべつやくメソッドで表現してみる。(べつやくメソッドという名称は、インプレスの四月馬鹿ネタで命名されたらしい。)

べつやくメソッド20070608
 グラフは、HeartRails Graphのサービスをで作成したグラフをダウンロードさせていただいた。


こんぶたけ

 名付けのセンスは抜群だと自負している。他人にどう言われようとも、俺自身はそう思っている。まじで。

 先日、友達の友達(は皆友達(笑))であるバタさんの「桔梗店主の覚書」にて、新作の佃煮の名前を募集しているのを見て、腰痛に悩まされつつも(笑)、飛び入り参加してさせていただいた。
 で、なんとまぁ、俺の案が採用されてしまったのよ。

 そして、その商品「桔梗特製・佃煮こんぶたけ」を、命名賞(?)として送っていただいた。
こんぶたけ
 今回、商品に貼るシールのデザインも依頼され、名付けほどの自信はないけど、好きな作業なので快諾させていただいた。
 自家製とはいえ、俺のデザインが商業利用されるなんて、夢のひとつが実現されて、嬉しい。
 ありきたりのデザインだけれども、桔梗店主・バタさんはご満足いただけただろうか(笑)。

 さて。俺のことはどうでもいいか。肝心のこんぶたけの味。

 先日、早速戴いたんだけど、これはやばい!
「昆布、椎茸、豚肉を、豚丼のタレとザラメで甘辛く煮込んだ」という事前情報で抱くイメージから外れない味。もちろん、期待通りという意味。
 それぞれの旨みが嫌味なく混ざりつつ、全体的に落ち着いた味で、だからこそ箸が止まらない。いくら食っても飽きないし、しつこくないから、まさに「飯の友、酒の肴」。無くてはならない名脇役という感じ。
 不思議なのは、口の中で意図的に昆布・椎茸・豚肉のどれかの味に集中すると、それがさっと湧いてくる。3種類の味が、集中によってコロコロ切り替わるのだ。
 海草・山菜・畜肉が、これほどマッチしているのは、初めて食った。

 家屋で、ほんの十数分間で、ひと袋のほとんどを平らげてしまった。
 佃煮にしては甘さもしつこくないのもいい。

 なんでも、1回に10袋分しか仕込めないらしい。そんな稀少品のひとつを戴いてしまって、申し訳ないです。
 おにぎりの具にもいいね。


北極基地強襲に向けての整備

 サーバ2の悪夢こと少佐さんが司令官に就任した、「サイクロプス隊 予備作戦」今、勝手に命名した(笑))「サイクロプス隊公募」に参加すべく、アッガイの整備を始める。

 挿入追記
 同日マルサンマルヨン、計画が実行された模様なので、上記のとおり修正する。


 ってことで、仕事帰りにヨドバシアキバに寄り、1/144アッガイを2個買ってきた。もちろん、先月再販された旧キット(ベストメカコレクション)。
 この店は、ガンプラは一律3割引なので、1つ220円。それにしても、25年間価格改定せず300円を貫き通しているってのも、絶版にならず生産され続けているってのも凄いよなぁ。

 まぁ、パーツ数も少ないし、コンパクトな箱だけどね。
20061013-agguy-2.jpg
 最新のHGUCシリーズと比較すると、こんなに小さい。

 どうやって作ろうかな。基本的にはHGUC旧ザクに、このアッガイのガワを被せる方法になると思う。外観もMGやHCM-Proを参考にしてHGUC風に改修しよう。
 ザク改の改造が進んでいないので、このアッガイはいつになるかわからんけど、必ず参加するからね! とりあえず、アッガイ(ミーシャ機)でエントリーしておくので、よろしくです。

 一緒に買ってきた最新作であるHGUCシャア専用ゲルググについては、この記事では脇役なので、また改めて。


前バージョンのように市長だけをやっているわけにはいかんのだ

 2度も発売日が延期されていたSimCity4 DELUXE for Mac 日本語版(以下「シムシティ4」と表記する)が、昨日やっと店頭に並んだ。

SimCity4 DELUXE for Mac 日本語版

B000B8V9TC
フロンティアグルーヴ 2005-11-11
売り上げランキング : 2,590

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 前にも書いたが、シムシティは大好きで、このシムシティ4も待っていたものだ。Win版は3年近く前に発売されていたが、うちにはWin機がないし。
 しかし、推奨動作環境が、凄まじい。

 MacOSX 10.2.8以降/PowerPC G4 700MHz以上/空メモリ256MB以上/HDD空容量2GB以上/VRAM32MB以上搭載の3Dビデオカード/DVD-ROMドライブ必須

 日頃の作業では快適にまったく不満もなくサクサク動いている俺の愛機 PowerBook G4/1.5GHz でも、ギリギリのスペックじゃん! うひー。
 かなりドキドキしつつ購入し、早速起動。
 ドキドキ。

 おっ!?

 意外にいい感じじゃん。快適とは言えないが、あまりひっかかるような表示もなく、思っていたほど遅くない。
 っつーか、Xに未対応でclassicモードでしか動かない前作シムシティ3000と比べるとかなり速い(笑)。

 まだチュートリアルと、無計画な試作都市を作ってみただけだけど、コマンドや管理項目も前作よりはだいぶ整理されていて、都市開発に集中でき、永く楽しめそう。
 今回は、市長モードだけじゃなく、神モードもあるんだね。俺はあまり神にはならんが(笑)。

 今日は本格的に始めようと思う。
 もちろん、地域名は「ネオジオン」、最初の都市は「スイートウォーター」と命名。


無料博物館/荒川知水資料館

 全国には無料で楽しめる公営などの博物館が多数ある。
 我が東京都内にあるそれらで、俺が見学済みの施設を、(独断と偏見に満ちた内容で)紹介していくシリーズ。

 荒川知水資料館(北区志茂)

 東京メトロ南北線赤羽岩淵駅から徒歩10分、JR赤羽駅から徒歩20分と、ちょっと歩くと、荒川に出る。
 その荒川と隅田川の分流点、国土交通省荒川下流河川事務所の隣接地にあり、同事務所と北区が協同で管理運営しているのが、ここ知水資料館。
「ちすいしりょうかん」と読むが、河川事務所が管理しているからといって「治水〜」ではない。
 多くの人に荒川の事を知ってもらおう、という目的で命名された。

 いつもの見学レポートでは、職業柄、建物外観の感想から入るのだが、訳あって今回はやらない(笑)。

 ここでは、荒川(特に下流部)についての歴史や生物等、環境教育や総合学習に役立つ展示や資料が多数あり、荒川に関する書籍も閲覧することができる。
 土日には、子供のためのワークショップ(有料)も開催されているので、小学校の自由研究題材を得るには良いと思う。
 最近はすっかり景観に馴染み、自然の川だと思っている人も多いだろうが、この資料館を一通り巡ると、荒川下流部は、かつては荒川放水路と呼ばれた人工河川であることを改めて認識させられる。
 また、大人的な見方・言い方をすれば(笑)、この放水路掘削を主とする水害対策工事の統括を務めた、青山 士(あおやま・あきら=荒川下流河川事務所初代所長)の功績にも感動を覚える。

 この知水資料館には、個人的な思い入れがある。建築工事に少し関係しているのだ。。
 なので建物の仕様への批評は他の方に任せるという訳だ(笑)。

 ともかく、目の前には荒川が流れる。放水路の歴史の中で重要項目である、旧岩淵水門(赤水門)周辺は、散策歩道として整備されている。
 晴れた日に、ここからのんびりと川沿いを歩いて下るのもいい。
 1時間も歩けば、金八先生の舞台となり、ロケ地になった、見慣れた?風景も、たくさんあるよ。

 関連リンク
 ARA 荒川下流河川事務所公式サイト