レゴ「落水荘」

 過日の「はやぶさ」に続いてのレゴ。21005「落水荘」を購入。
 日本未発売で、組立て説明書も英語なんだけど、冒頭のフランク・ロイド・ライトや落水荘に感する解説が記述されている数ページを除き、組立て説明の部分は、他のレゴ同様、言語に依存せず。

レゴ落水荘
レゴ落水荘
レゴ落水荘
レゴ落水荘

 ブロックの数は多いけども、問題なく組み上がる。
 レゴのデザイナーって、凄いよね。絶妙な加減で簡略化して、こうしてブロックで再現しちゃうんだもんな。

レゴ落水荘
レゴ落水荘

 欲を言えば、建物と周囲の岩肌のブロックを違う色にして欲しかったけれども、それは過分な望みか。
 しかし、凄いな。このアーキテクチャーシリーズ、全部集めたくなってきた(やばいやばい)。


「つみネコ」のフィギュア!

 iPhone/iPad用の人気ゲームアプリ「つみネコ」のフィギュアがガチャガチャで発売になったというのは、アプリ開発元サイトの告知で知っていて、探したんだけど、見つからなかったんだよ。
 それが再販されて、今日、秋葉原で見つけたので、ゲット!
 商品名は「つみネコ マグネットマスコット」という。
つみネコ
 でぶネコが出るまではハンドルを回すぞ!と決めてやったが、7回目ででぶネコが出た。
つみネコ
 足の裏と背中に磁石が入っていて、アプリ同様、積んで遊ぶことができる。
つみネコ
 アプリよりも難しい。4〜5匹積むのがやっとだな。でもかわいいので、飾っておくだけでもいい。


リボルテック 次元大介

 新発売の海洋堂「リボルテック・ヤマグチシリーズ」の「次元大介」を購入。
リボルテック次元
 いいねぇ。次元の雰囲気たっぷり。

リボルテック次元
 昔、同じ山口勝久さんが原型を手がけたミニフィギュアの次元を持っていた。ゲーセンのプライズ品で、まぁそれなりの品質だったけど、いわゆる「山口式可動」のそれは、絶妙なアクションポーズが可能だったのよ。
 それが今回は満を持してリボルテック化となりゃ、買うね!

 先月発売のルパン三世も購入したんだけど、俺としては、この次元の方を楽しみにしていた。
 ちなみにルパンはこんな感じ。
リボルテックルパン
リボルテックルパン

 ルパンも——「新」をモチーフにしていて赤ジャケットだというのはともかく——可動なんかは頑張っているんだけどねぇ(笑)。しかし、造形云々より、ルパンは、ジャケットの本体、肩、袖の材質が違っていて見るからに色味も違い、ちょっと違和感があるのが残念。
 次元はそれがない。同様に材質は違うのだろうけど、塗装の違和感はないんだよね。そのへんで、後発としてちゃんと改良されている感じがする。(もしかしたらルパンもそのうち改良版が出回るのかもしれないけど。)
 帽子で目が隠れるというのも、造形としての違和感が少なくなる利点があるのだろうね。

 ってことで、リボルテック次元大介は、かなり良いと思うよ!


iPhoneのカバーを取替えた

クリスタルカバー
 iPhoneにずっと装着していた、パワーサポート社のクリスタルエアジャケット。1年半も着けているのでさすがに傷だらけになっている。もちろん、これのおかげでiPhone本体には大きく目立つ傷がつくこともなく、役割を果たしてくれているわけだが。
 しかし、そろそろ新しいのに取替えようと思い店に行ったら、定番のパワサポ製の強力なライバルと前評判が良い新製品が置いてあったので、今回はそちらを購入。
 シンプリズムのブランドでおなじみの、トリニティ社製のクリスタルカバー。「傷が付きにくいアンチスクラッチコーティング」らしい。
 クリスタルカバーも、エアジャケット同様にiPhoneの外観を損なうことなく、背面全体を保護できる。
 iPhoneと密着するエアジャケットと違い、このクリスタルカバーは、iPhoneの背面との間がほんのわずかに浮いている。もちろん、周囲はガッチリと保持されていて外れにくくなっているので大丈夫。だが、この浮いている(カバーの上から背面を押すとペカペカいう(笑))感じが微妙。たぶん、妙な密着模様が現れるエアジャケットの欠点を補うための工夫なんだろうね。さすが、よく研究されていると思う。ペカペカ感は、気にせず慣れるしかないな。
 透明度はエアジャケットに勝とも劣らず。これでアンチスクラッチコーティングの効果で透明度がどのくらい続くのか、期待したいところ。


iPhone用リモコンと補助電源

 iPhoneのリモコンと補助バッテリーを購入した。どちらも、トリニティのsimplismブランドのもの。
iPhone
 この3ボタンリモコンは、iPod/iPhone3GS用のアップル純正リモコンイヤホンと同様の曲コントロールが可能。これに好きなイヤホンを接続できるもの。マイクは内蔵されていないので、iPhone3GSでの音声通話はできないけど、それ以外はまったく同じに操作できた。
iPhone
 乾電池式、補助充電アダプタ。これに単4乾電池3本を入れて、iPod/iPhoneのDockコネクタに接続して、充電を行う。
 エネループを入れて、iPhone3GSに充電してみたら、バッテリ残量26%の状態から80%まで充電できた。54%充電できたということか。説明書によると、完全放電のiPhone3Gにエネループで60%まで充電できるとあるので、3GSでこれってことは、まぁ、仕様どおりなんだろうな。使ったエネループも、たぶん充電してから半年くらい置いてあるものだし。
iPhone
 iPhoneへの接続も、違和感がない……っていうと嘘になるけど、同じようなデザインになっているので、及第点だろう。
 しかしね、この充電アダプタ。入れた電池を取り替える時、固くて外しにくい! 不良品かもしれない。メーカーに問合せ中。
 コンパクトだし、この電池の固さ以外は気に入ってるんだけどな。


掲載不可

 えーと、先日の、地デジ化推進イメージキャラクタに関する記事の写真と一部の文面を修正した。

 “地デジカ” の無断美少女イラストに「断固として許さない」と民放連 (2009.04.28 livedoorニュース)

「地デジカは日本の地デジ化を推進するキャラクターなので、ブログに一般の人が地デジカのイラストを掲載した場合、地デジカを広めるという効果を期待し、暗黙の了解で掲載を許すことはあるのでしょうか?」という取材班の質問に対し、日本民間放送連盟は「地デジカの著作権ですが、世にある他のキャラクターと同様、無断掲載には厳しく対応していきます。一般のブロガーの方がブログに掲載したり掲示板に載せることも、著作権の問題がありますので黙認することはしません」とコメント

 ということで、浦安のネズミなみの厳しさらしい。
 あんなやっつけ仕事のへぼいキャラの掲載ごときで怒られるのも嫌だし、お伺いを立てるのも労力の無駄なので。
 それにしても、どんだけ自意識過剰なんだよ、シカモドキ。


アップルケアだった

 iPhoneは、あんしん保証パックに加入できない。ソフトバンクからiPhone発売決定の発表された当初に「他のアップル製品同様のiPhone専用長期保証サービス導入を予定している」となっていたが、導入されたのは、そのまんまアップルケアだったとは。まぁ、Apple製品なので当然といえば当然かも知れないけどね。
 日々持ち歩く機器なので、アップルケアにも加入した。一括7800円の払いでサポートが2年間に延長される。あんしん保証パックが月498円なので、この7800円ってのはかえって安いかも知れない。
 しかし、Mac等と違い、アップルケア登録はiPhone購入と同時にソフトバンクショップ側で行われた。通常は購入したアップルケアのパッケージを自分で開封し、パソコンからアップルのサイトにて登録処理を行うのだが、そんなパッケージもないし、ユーザ側では何もやらなくて良いんだと。このまま待っていれば後日、Mac等の時と同様にアップルケア登録書(保証書のような物)が郵送されてくるらしい。うーむ。信用していない訳ではないが、その登録証が届くまでは少し不安だわ。


文字化けフォルダ

 Leopardをインストールした頃に気付いたのだが、$/ライブラリ/Preferences フォルダの中に、文字化けしたフォルダが勝手にたくさんつくられるようになっている。その中身は空。

文字化けした空のフォルダ
 発見の都度、恐る恐る削除しているが、特に動作の不具合はない。ちょっと試用したオンラインソフトなんかが怪しいといえば怪しいけど、それらを使わなくなっても、ほぼ毎日、文字化け空フォルダは作られる。
 あまりにも増殖するので、不安が募り酒を飲みすぎ胃が痛くなってきたので、ググってみた。
 そしたら、同様の症状をお持ちの方が結構いらっしゃる。

 その中のトップヒット、ISO blog:フォルダー名の文字化け というページで、こう書かれていた。

以前から画像の加工用にPhotoshop Elementsというソフトを使っているのだが、そのソフトを使った後に作成されるようで、多分一時的なファイルの格納用なのではないかと思う。しかし画像加工といっても簡単なことしか使っていないので旧バージョンのまま放置プレイ状態で、確かPhotoshop Elementsは現在バージョンがMac版の場合4.0だと思うが私が使っているのは2.0ということも原因なのかもしれないな。

 おぉ、まさに俺と同じ。俺も Photoshop Elements3を愛用しているのよ。簡単な加工しかしないので、現時点でのMac版の最新である4は買っていない。
 閑話休題。文字化けフォルダ、中身が空なら削除しても良さそうだ。安心した。
 Intelプロセッサ搭載のMacBookでPhotoshop Elements旧版を使っているのが原因っぽいね。


iPod再修理

iPod再修理の集荷伝票
 ちょうど2週間前に修理に出して、3日後に異常なしとして返却されてきた我がiPod 5.5G。しかし、その後も症状は変らず。
 再度の修理を申込み、先程、引き取られていった。来てくれた運送業者さんは、前回と同じ人でした(笑)。
「先日修理依頼し異常なしとして返却されたが、不具合は発生する。曲を聴き始めて10分の時もあるし2時間後の時もある。Macに新規ユーザを設定し、そこで新たにiTunesにCDを1枚読込んだのみの状態で、iPodの復元と同期をおこなった後のiPodでも同様の症状がでた。十分検証してください」と説明したけど、どうなるかなぁ。


Mac OSX Leopard 導入初期の感想(1)

 昨日は、某オフ会(飲み会)に参加していたため、本格的にMac…Leopardをいじるのは今日が初日とも言える。
 そんな訳で、とてもレビューなんて言えないが(笑)、ちょっとした感想でも書いてみたい。

 まず、新しいOSなのに、(俺のMacBook 2GHzでは)前ヴァージョン Tiger より動作が早いような気がする。64Bit化が進んだためだろうね。

 ディスクユーティリティで、ディスクを全初期化せずにもパーティション分割が可能になった。便利便利。

 Dockに置いたフォルダアイコンから、階層を辿って書類アイコンをドロップできるようになった。つまりファインダで開いたフォルダやデスクトップに置いたフォルダと同様に扱えるようになったんだわ。
 例えばwebブラウザに表示された画像をローカルに保存する時、保存先をDockに置くには、目的のフォルダそのものしかだめだった。ドラッグで階層を辿れなかったからね。又はデスクトップ上にエイリアスを置くか。
 Dockに置いたフォルダアイコンが、エイリアス同等になったという感じ。

 Mail(Mac OSX付属の純正メールクライアントアプリの名称は、ずばり「メール」。このシンプルな名前に違わず、必要十分の機能と使いやすさ)にRSSリーダー機能が追加されたが、別ソフトのRSS設定(opmlファイル)を読込むみはどうすればいいんだろう。後で調べてみる。