作るかい?

 出荷日早々に、仕事が忙しいにもかかわらず残業1時間で退社し買っておいた、HGUCサザビー(1/144サザビーHG)。
 それをパチ組みしてみた。

HGUCサザビー
 プロポーションや色分けもさることながら、何この組みやすさ!
 巧妙なパーツ割りで合わせ目消しの必要が不要。さらに、ほとんどのゲート切断跡は組み立て後には目立たない部分にある。それでもいくつかある目立つ部分のゲート跡も、広い凸面にあるので、ヤスリ掛けも簡単(コスト削減のためか、最近のガンプラはランナーやゲートが細くなってるから、なおさら簡単かと)。
 各ブロック、組み立て後に取り外し可能で、いわゆる「後ハメ可」。当然スナップフィットキットなのだが、接合ピンをカットしなくても、絶妙な接合強度で、数回の分解・再組立をおこなっても問題なさそう。そもそも、(通常はピンを切り飛ばし)何度も分解・再組立をやるような人は最終的には接着処理をするのだろうから関係ないかもしれないけど、接合ピンのカットと、それに伴う仮組み時のマスキングテープ固定っていう工程が不要ってのは、かなり楽。

 スカート先端のスラスターが一体成形で黄色になってないとか文句いう人がいるかもしれないけど、そんなの、ガンダムマーカーでちょちょいと塗ればいいじゃんね。贅沢だよ。旧キットを体験してから言え! って思うね(笑)。

 ってことで、このHGUCサザビー。ガンプラ入門用キットとしてもお薦めできる、素晴らしい製品だと思う。

HGUC 1/144 サザビー HGUC 1/144 サザビー

バンダイ 2008-06-28
売り上げランキング : 110
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


スポイト

 今度買ったコンタクトレンズのケアキットには、スポイトがついている。
 もちろん、コンタクトレンズ用スポイトの存在は昔から知っているが、こんな物、怖くて使えない。
 スポイトといっても、先が小さい吸盤になっている。
 通常、コンタクトを外すには、−−文章で説明するのは難しいのだが−−指で目尻を少し引っ張りまばたきをして、瞼で弾き出すのだが、そうやって外せない場合は、このスポイトをあてて取り出せというための器具だ。
 しかし、開いた目にスポイトの先端(尖状じゃなく吸盤になっているとはいえ)を触れさせてコンタクトを拾い出すなんて、怖いし、まばたき式よりかえって難しいような気がするが。
 力加減によっては、かなり痛いぞ。


HGUC陸ガン完成

 HGUC陸ガン。良くできたキットで、相対的な評判は良好なのだけれども、首については不満を持っている人が多いみたいだね。

 キットは、組立て説明書などに掲載されている見本(多分、完成直前の試作品)ほどひどくないけど、それでも、首が短い印象はある。
 所有しているHGUCガンダムと比べたら、実際は首は変らないんだけど。なんで陸ガンだと首がめり込んで見えるんだろ(笑)。
 ともかく、改修。

続きを読む


わたしシャア・アズナブルが粛正しようと言うのだ!

「ガンダム アルティメットオペレーション プラス4」の、サザビーを購入。
 赤い人、最後の愛機!

続きを読む


かえって邪魔かも/モブログ

20060615200617
 最近帰宅時に乗る新幹線が、かなり空いている。
 隣の席が空いている場合は、間のひじ掛けを上げてゆったりしてくつろぐ。
 しかし、このひじ掛けが、なんかピッタリと収納されないのよ。上げた状態だと、先端部分が二の腕に当たって欝陶しい時がある。
 それでも眠気に勝てず、すぐに爆睡してしまうんだけど。
 で、今日。いつものようにいい気持ちで寝ていたら、このひじ掛け先端にコメカミを強打してしまった。
 痛っ!
 眠り漕いでいる時に揺れて身体が横に倒れたらしい。
 ひじ掛けのギミックを改善してほしい。


MG ガンダムMk-II Ver.2.0 製作(3)

 昨日はオフ会だったため、作業なし。
 で、今日は左足外装、腰、胸、右腕の組立て。
[クリックで拡大表示]
 ここまで。

続きを読む


スライム

 これは、ただの忘備メモ。
 変な文章になるだろうし、オチもないよ、たぶん。

 スライム。
 いつの間にか、ドラクエに登場する愛らしいモンスターの名前として有名になってしまった。
 これは、それについてではない。

 仕事中、杭打ち工事の話をしている時に、スライムを思い出した。
 この業界では、杭の建込み時に地下水が出て杭先端部などで汚泥やセメントミルクがゆるくなったやつの事を「スライム」と呼び、これの処理が工程に組まれる。

 夏に家族旅行で釧路に行った。すしバーさんの案内で車で市内を走っている時に、「スライム工場」って看板があった。すしバーさんが「あれ、なんですかね」とか言ってた時にも、上記の杭工事の話はしたんだけど、その後、結局わからず仕舞い。
 なんだろう、スライム工場。気になってgoogleで検索してみたけど、解らない。
 スライムは産廃だから、それの処理工場なんだろうか。

 その検索で解ったことだが、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の当初のコンビ名は「スライム工場」だったらしい。

 俺らの世代でいったら、やっぱり、おもちゃのスライムだよな。ゴミバケツを模した容器に入ったネバネバのやつ。


“スライム”

 一応チェックしてみたら、アマゾンでも売ってるんだね。ちなみに、「この商品を購入した人はこんな物も……」の欄に、「マツケンサンバII」があった。スライムとマツケンサンバを同時購入した人って、素敵。

 えーと。で、なんだっけ。
 いいや。この記事おしまい。


怖い話、実話

 もげきゃっち: 聞いたら出るよ に、ねこぱんち。

 ろぷさんは、夏になってから、怖い話を続々公開されてますが。
 俺も、とっておきの話を書く。しかも、俺が体験した実話。

 20年近く前かなぁ。やたら目が痛いので、眼科で見てもらったんだ。
「逆さまつ毛です。まだそんなにひどくはないけど、手術しましょう」
 そんなふうに、さらりと言われた。だから、さらりと応えた。
 手術といっても、入院はしなくてもいいそうだし。
 で、だ。
 予約した手術当日が、やってきた。
 日帰りとはいえ、やはりドキドキするよね。手術だし。
 しかし、手術室に入るまで、その本当の恐怖には、まったく気付かなかった。
「はい、麻酔しましょう」
 なんだか頭を固定されて、麻酔の注射をされる。目の付近にだ。
 注射針が目を目がけて(ダジャレのつもりじゃねーぞ)、せまってくる!
「ちくっ」
 しばらくしたら、なんか眠くなってきた。視界もぼやけてきた。
「始めますね〜」
 おぉ、今度は大丈夫だろう。寝てるうちに終わってるさ……。
 ……と、なんか、また先生の顔がせまってくるぞ。
 ぼやけてて良くわからないけど、またなんか器具が……せまってくる!
 何々?メス?ピンセット? なんだからよくわからないけど、とにかく、そんなような物が、また、目を目がけてせまってきた。ぼやけていればぼやけているなりに、怖い。いや、この方が余計に怖いかもしれない。
 痛みは感じないけど、まぶたのあたりを、突いたり切ったりしてるっぽい。
 なんかちょっと、夕焼けみたいだ。うわ。やっぱり、まぶたを切られているよ。ひー。
 でも、麻酔が効いているので、頭はうごかせない。
 怖ぇぇ。まじに怖ぇぇ。

 ……その日以降、少しの間、軽い先端恐怖症になったよ。
 もう絶対、逆さまつ毛の手術なんか受けない。

 以上、怪談ではなくて、ごめんなさい。
 でも、本当に怖かったんだよ。