金八先生ロケ地探訪

 前記事のとおり、先日開催したまち歩きオフ会に参加した。
 今回のテーマは「足立沿川ブラ」と称し、東武伊勢崎線——あ、東武スカイツリーラインって名称になったんだっけ?(苦笑)——の五反野駅から小菅を通り荒川に出て、堀切から北千住へ抜けるコースで、ドラマ「3年B組金八先生」のロケ地もいくつか巡るというものだった。
 ここでは、その金八関連について抜粋。

綾瀬水門
 第5シリーズで、事故で母親を刺してしまった兼末健次郎が逃亡・立籠った水門。

雨上りの荒川
 左岸側から右岸方向を望む。雨が上がって晴れてきた時。この堀切橋の向こうが、金八ワールドのメイン(笑)。

堀切駅前歩道橋
 第6シリーズで、金八の息子・幸作が悪性リンパ腫による体調不良で倒れ、大森巡査に発見された歩道橋。堀切駅前の正しくは、跨線橋。

堀切駅
 東武伊勢崎線・堀切駅。外壁の塗り替えとかはされているようだが、昔ながらの佇まいのままなのが嬉しい。3Bの生徒たちは、高校受験の時、この駅前で待ち合わせをして、それぞれの試験会場へ向かっていた。また、おでんの屋台なんかも出ていたね。

東京未来大学
 現・東京未来大学。かつての足立区立第二中学校で、この校舎は、桜中学の外観として撮影に使われていた。新しい校舎が建てられ、校舎はせまくなったけど、この建物はかろうじて残っていた。

直のマンション前広場
 広島美香、市村篤、鶴本直らが住んでいるという設定のマンション前の広場。前面には隅田川。

怪物ガード
 第5シリーズ、兼末健次郎の兄(引きこもり)が、夜になると「ハアハア」という不気味な荒い息遣いで駆け抜けていた、通称「怪物カード」。ガード下1.6m。かがんで通らないとならないくらい狭い。

旭町商店街1
旭町商店街2
 全シリーズを通して度々登場した商店街。第7シリーズでは、ヤヨたちがトーチランを行った。

 行程の都合もあり、このくらいしか見られなかったけれども、楽しかった。


試験も終わり、連休中

 日曜日に、資格学校で復元図面採点会があり、とりあえず合格予想をもらった。設計製図試験は学科試験の五肢択一式とは違い、配点方法がブラックボックスで採点官の主観による部分もあるので、どうなるかはわからん。資格学校で間違いなく合格だろうと言われた人が不合格になったり、その逆もあるそうだ。
 ひどい話だが、ミスを採点官が見落としてしまうということもあるんだろうなぁ。

 採点会のあと講師の先生や受講生の人たち30人と、打ち上げの宴を開催した。いやぁ、盛り上がったなぁ。
 12月の合格発表の後に、またみんなで笑顔で集まりたいね。
 
 二級建築士試験も終わったので、やっと夏季休暇を取得し、祝祭日にからめて9連休を堪能している。
 今日はほとんど寝ていた(笑)。
 この連休中、あまり天気はよくないようなのだが、後半は出かけるので雨にはならないで欲しいもんだ。


「君たちの顔はもう見たくない」と言われた

 国家試験受験のために、資格学校に通っている。延べで言うと昨年11月からだから、すでに8ヶ月近く。
 その講義が全て終わった。
 来週はいよいよ本試験。まずはその一次試験に受かるのが絶対目標。

 このブログでも何度か書いたが、これほど——若い人たちと混じって——一生懸命勉強した事って、何十年ぶりだろうって感じ。もう、ノーミソは飽和状態だよ(笑)。

 資格学校の講師先生に「もう顔を見たくない。笑顔でさよならしたいよ!」と言われた。

 がんばる!


講義が始まった

 先週16日から、国家試験受験講座の本講座が始まった。先週はオリエンテーションだったので、実質的な講義開始は今日。
 このブログで何度も書いているかもしれないけど、去年は同じ資格学校の独学支援コースを受講したので、数回の模擬テスト以外は自宅学習のみで、課題提出もなかった。
 ってことで、自分の気持ちとの闘い以外は楽だった去年と比べて、毎週通学するってのは——先行して年末に予備講座(これも通学)を半分くらい受けてみたのも含めて——、早くもヒーヒー言ってる(笑)。
 しかし、あたり前だけど、やはり先生から直に講義を受けると理解度は格段にアップするね。
 資格学校という特性もあり、演習問題で間違えたものは講義終了後に復習して、解るまで帰れない。いやまぁ、提出すべきものさえ終われば帰ってもいいんだけど、普通のいわゆる高校・大学や専門学校などと違い、資格取得の勉強のために安くない受講料を払って参加しているので、テキトーにする人はいない。資格学校としても、試験合格者数の実績を出したいだろうし、受講生の尻と叩く(笑)。
 閑話休題。講義を受けて、解らない所を先生に質問して、場合によっては居残り学習もやって……って流れが、高校以来久々の環境なので、きついながらもなんだか楽しい。
 宿題はもちろん、予習復習なんかも、俺らしくなく(笑)結構真面目にやっている(去年はあまりやらなかったから、その反省もある)。独学コースと違い、日々の学習予定と実施を記録して、毎週の講義の日に提出するという「管理」がされているからってのもあるのだろうけど、意外と苦にならず続けられそうだ。元々記録やメモはしまくる性格だしね(笑)。
 ともかく、当面は「目標」があり、それに向けての学習をしているので、それを軸に充実した日々を送っている。


ヤマト発進……

 キムタク・古代進で初の実写版ヤマト発進!(2009.10.03 SANSPO.COM)

《実写版「宇宙戦艦ヤマト」キャスト一覧》
キャスト  役名     役柄設定
木村拓哉  古代進    ヤマト戦闘班リーダー
黒木メイサ 森 雪    ヤマト戦闘班ブラックタイガー隊
柳葉敏郎  真田志郎   ヤマト技術班班長
緒形直人  島大介    ヤマト航海班班長
池内博之  斉藤始    ヤマト乗組員、空間騎兵隊隊長
マイコ  ★相原     ヤマト乗組員、通信班
堤真一   古代守    進の兄。駆逐艦ゆきかぜ艦長
高島礼子 ★佐渡先生   ヤマト艦内の医師
橋爪功   藤堂平九郎  地球防衛軍司令長官
西田敏行  徳川彦左衛門 ヤマト機関班班長
山崎努   沖田十三   ヤマト艦長
★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更

 古代だけ「班長」じゃなく「リーダー」なのはキムタクのイメージでか?
 ユキがブラックタイガー隊って、加藤のキャラもかぶせるのか?
 その他、突っ込みどころ満載のキャスティングだな。

 実写化にあたり一部設定も変更。森雪は原作よりも戦う女性のイメージを強調し、アニメで中年男性だった医師の佐渡先生役に高島礼子(45)を起用するなど、一部キャラクターを女性にする。また、デスラー総統ら敵役は後日発表される。今月中旬にクランクイン。

 サプライズでデスラ−役が伊武さんだったら、上記キャンスティングは全部我慢してやるけど(笑)。


まずはガンタンクあたりにしとけ

 「ガンダム」制作費800億円! でも、時速8キロしか走れない (2008.01.21 J-CASTニュース)

もし「ガンダム」を作るとしたら一体いくらかかるのか。こんなことをまじめに計算した学者の記事がインターネットでちょっとした話題になっている。値段は「制作費、材料費で800億円弱」。ただし、完成させるためにはいくつかの問題があるようだ。

 そりゃそうだろうな。アニメに登場する架空の物だからね。まじめに計算するまでもなく問題はあろう。

記事を書いたのは千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長の古田貴之さん。科学技術振興機構のホームページ「SciencePortal」(サイエンスポータル)「からくり人形とロボット」のコーナーに掲載されている。

記事によるとアニメの「ガンダム」は身長18メートルで43.4トンの設定。古田さんはその表面積を計算し、アルミ合金板(ハニカム構造)が 4万3千875枚必要とした。値段は87億7千500万円。メインコンピュータは、IBMのブルージーンというスーパーコンピューター、1億7,100万円。動力は軍用ヘリ「アパッチ」のエンジンで7機分。399億円。加工・制作費が263億2千500万円と見積もり、それらすべてを合計するとだいたい 800億円弱になるのだとしている。

 ……え? 外装はルナチタニウム合金、メインコンピュータは教育型コンピュータ、動力は核融合炉じゃないの?

ただし、この「ガンダム」は、空も飛べない、人間も乗れない、ただ歩いたりするだけのもの。

 だから、そんなの「ガンダム」じゃないぞ。まぁ、ガンダムも空を飛べないんだけどな(笑)。
 まじめに計算してくださった先生に敬意を表して、まじめに反論してみました。


新人のホワイトです

 お! 日付が変って、今日から2月。
 俺のケータイはソフトバンク(旧ボーダフォン、さらに遡ればJフォンとか東京デジタルホン)なので、2月から、ホワイトプランに変更しといたのよ。

 ってことで、月額980円で、ソフトバンク宛のメール送受信は無料、通話は1時〜21時のソフトバンク宛は無料になるのね。

 ぱっと思いつくだけでも、家族はもとより、釧路の青い巨星とか、足利の整骨院先生とか、埼玉のご夫妻とか、関西の特撮ファン同志とか、職場の直属部下(笑)にも、メール&通話し放題になるんか!
 いや、俺の周辺って、ソフトバンク携帯のユーザって、わりと多いな(笑)。
 うむ。


「ウルトラマンメビウス(第41話)」を見た

 放送当日はオフ会だったので、録画しておいた物を今日見た。
 メビウス第41話「思いでの先生」

 登場するゲストウルトラマンは、ウルトラマン80だよ。

 統廃合によりもうすぐなくなるという「桜ケ丘中学」の教師・塚本は、久し振りに再会した同級生らとともに、同窓会を計画。当時の担任で、突然姿を消してしまった矢的先生も呼ぼうとするが、連絡先がわからず。
 矢的先生は、その正体はウルトラマン80だったわけだけれども、当時の番組としては、終盤では突然の路線変更でUGM専任になって、教師編はうやむやになったままなんだよね。
 それをも、今回は80の「突然姿を消したには訳がある。それを謝罪したい」という言葉にそって、まぁ多少の無理はあるけども、一応の辻褄合わせをやってくれたよ。
 80=矢的先生自身も、地球の平和のためにUGM専任として生徒を放置してしまったことをずっと心残りにしていたと。矛盾点はあるけども、そういう事を描いてくれただけで、もう嬉しくなってしまった。

 今回は、現在の子供には「?」なお話だったかもしれない。
 まぁウルトラマン誕生40周年記念作品として、おっさん連中へのプレゼントとして、我慢しておつきあいしてほしい。


映画「フラガール」を観た

 映画「フラガール」
 観たい観たいとおもいつつ、今日やっと劇場に行ってきた。

 ストーリーは、単純明解。もう、ネタバレする要素なんか皆無なんじゃないかと思われるくらい、単純。
 テレビや雑誌での前宣伝を見聞きしている人は、あれがほぼ全てだと思って間違いなし。
 しかし! その単純明解さゆえに、引き込まれる作品かな。

 フラガールの炭坑娘はもちろん、東京から呼ばれた元SKDの先生も師匠として更には人間的にも成長していく過程が、うまく描かれていた。
 松雪泰子さんは、あまり好みの女優さんじゃないんだけど(笑)、今回の役柄はピッタリだったな。こういう役はハマるね。
 蒼井優さんは、あまり知らない(今まで注視したことなかった)んだけど、上手いね。
 最初は悪役か?とも思われた岸部一徳さんが、頼りない面と芯のある面を持ち合わせた普通の優しいおじさんだったのが、嬉しかった。
 豊川悦司さんは、言うまでもなく上手い。今回は脇役だったけど、存在感あるよね。っつーか、40年前にあんな長髪パーマの炭坑夫はいねーだろ(笑)。

 ちょうど俺が生まれた頃のお話で「40年前」ってのを実感できる(?)ってのもあるけど、腰痛も気にならず2時間ちょっと、夢中で観れるほど面白かった。
 俺、映画では泣かないんだけど、これはやばかったなぁ。泣きそうになる場面が何度もあったよ。

「1〜2年に一度、定期的に観たい映画」がひとつ増えた。

 ねこぱんち!
映画『フラガール』公式ブログ:フラガール、興収10億円突破しました!!


腰痛

 痛みが納まらないので、整骨院に行ってきた。
 腰を痛めたのは初めてのつもりでいたが、今までも腰のだるさや軽い痛みはあっただろう、と先生が言う。
 肩や背中のこりの方がひどいので、一番痛い所に神経が集中し、腰の痛みには気付かずにきたのでは、と。なるほどね。
 左半身は、患部が分からないくらいに固くなっているらしい。うーむ。
 ってことで、しばらくは毎週末に通院。
 腰がほぐれてら肩も治療しましょう、だって。